ワークマン レインウェア

ワークマンのレインウェアが優秀すぎる!【登山・釣り・キャンプに】

アイキャッチ画像出典:ワークマン公式

ワークマンは作業着の専門店としてだけではなく、機能性・デザイン性が高い服が多くあり、最近では多くの若者のファッションとして注目を集めています。特にレインウェアは、登山・釣り・キャンプのアウトドア商品だけではなく、「通勤通学でも使える」といった需要が高まっています。

今回は、ワークマンのレインウェアの機能性・デザイン性・価格をもとに、レインウェアの選び方やおすすめ商品をご紹介していきます。


レインウェアはどう選ぶ?

まず第一に耐水性

レインウェア

耐水圧って聞いたことありますか?生地表面がどのくらいの水圧まで耐えることができるかを表した数値のことです。
身近なもので例えると、傘の耐水圧は約250mmで作られています。この値が高いほど耐水性が高いといえます。

レインウェアの場合は、着用するため色々な動作により圧力の増減があります。濡れている部分に座ったり、ひざを付けたりする行動では最大で約11,000mmもの圧力がかかります。

小雨であまり激しい動きをしない場合でしたら耐水圧2,000mm程度で十分でしょう。
また、登山や釣り・キャンプで長時間活動する際には、耐水圧10,000mm以上、サイクリング・バイクのような高速で移動して水圧が高くなると思われる場合は、耐水圧20,000mm以上だと安心といえるでしょう。

夏でも蒸れにくい透湿性

レインウェア

レインウェアを着ていると何気ない行動でも汗が出てきて体が蒸れてきますよね。
透湿性はこのレインウェアの蒸れにくさを表していて、これを透湿度といいます。この値が高いほど蒸れにくいように設計されています。

透湿度は個人差がありますが、動いていない場合(安静時)の発汗量は24時間で約1,200~1,400gなので、あまり動かないような場合は透湿度が2,000g/㎡(24時間)以上のものがいいでしょう。

軽い運動(ウォーキング等)の発汗量は24時間で約12,000~16,000gなので、アウトドアやレジャーをするような場合は、透湿度が5,000g/㎡(24時間) 以上のものを選びましょう。

激しい運動の発汗量は24時間で約24,000~28,000gなので、絶対に蒸れたくない人や汗をかきやすい人は透湿度が8,000g/㎡(24時間)を選ぶとよいでしょう。

動きやすいストレッチ性

ワークマン レインウェア 伸びる
参照:ワークマン公式
アウトドアでレインウェアを着るとき、おそらく大体の人は何かと作業をするためレインウェアを着ると思われます。

そんな中で「雨風は防げる!」としても、あまりにも硬い素材でできているものや、動きづらいウェアだったら気分も落ちて楽しめません。そのため、ある程度のストレッチ性は必要でしょう。


やっぱり大事なデザイン性

レインウェア

せっかく沢山考えてオシャレしてても、それを全て覆い隠してしまうのがレインウェアというもの。だけど周りの人から「ダサい!」とは思われたくないですよね。

レインウェアがオシャレなデザインで、“日常着”としても使えるようなものなら、キャンプや釣りでも常にオシャレなままで活動できます。

ワークマン(workman)のレインウェアのココがすごい!

お手頃価格

レインウェア

ワークマンのレインウェアはとにかくコスパが良いのが売り!
しかも、ボトムスもセットでついてくる商品も多く、かつ機能性・デザイン性が高い商品がたくさんあるところが魅力的です。

他社と比べてもかなり低価格で販売されているわけですから、人気になるのは当たり前と言っていいんじゃないでしょうか。

防水性は抜群

レインウェア

上記で取り上げた耐水性・透湿性は、ワークマンのレインウェアのほとんどの商品がとても高いのが特徴です。
また、種類も豊富なのでキャンプや登山から、通勤通学まで、用途に合わせたチョイスができます!

アウトドアにぴったりな頑丈性

レインウェア

ワークマンは元々作業着の専門店なので、生地はとっても丈夫です。
また、ひじやひざなどの摩擦が生じやすいところは耐久性のある別素材の生地で補強されており、ハードな外作業も安心です。

ストレッチ生地でできているものも多く、レインウェアを着ているのに動きやすくて作業がしやすい特徴があります。
アウトドアの際に雨風だけではなく、色々なものから私たちの身体を守ってくれる安心感を低価格で販売できるのはワークマンならではですね。

ワークマンおすすめのレインウェア7選

一番人気!イージス(AEGIS)シリーズ

ワークマン
参照:ワークマン公式

イージス(AEGIS)シリーズとは、絶対的な防水性能を誇るワークマンの自信作ブランドのことです。ここではイージス(AEGIS)シリーズの中から3点紹介したいと思います。

購入はこちらから

レインスーツSTRETCH Perfect(ストレッチ パーフェクト)R600

ワークマン
参照:ワークマン公式

価格:4,900円
防水性能
・耐水圧10,000mm(JIS L 1092)
・透湿度8,000g/m2/24h(JIS L 1099 B-1法)

防水性・透湿性・軽量性・ストレッチ性を搭載した、完璧なレインスーツです。
脇部分はアクティブカットで動きやすく、フラップ付きファスナーポケットで水が入りにくい設計になっております。

ストレッチ生地を使用しており、体の動きに合わせてストレスを感じにくい使用になっています。上下で約590g(Lサイズの場合)で軽量なため体の負担が少なく男女問わずおすすめです。

購入はこちらから




3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)BR002

ワークマン
参照:ワークマン公式

価格:5,800円
防水性能
・耐水圧:20,000mm
・透湿度:2,000g/m2/24h

このウェアは耐水性が特に高く、バイクのような高速移動時にも対応しています。

また、首・袖口・ウエスト周りに絞りアジャスターがついているので、強風にも強いです。
ただし、防水性を高めるため、上着・ズボンにポケットは付いてないので気を付けてください。

購入はこちらから

3レイヤー透湿ストレッチレインスーツR1300

ワークマン
参照:ワークマン公式

価格:4,900円
防水性能
・耐水圧:20,000mm
・透湿度:3,000g/m2/24h

本格的アウトドア仕様の3層構造生地(3レイヤー)を採用しており、耐水性・透湿性は抜群です。こちらもストレッチ生地をしようしているため着心地が良く、上下セットでこの価格はとてもお得ですね。

購入はこちらから

カジュアルに着こなせるフィールドコア(FieldCore)シリーズ

作業着の品質のまま、より日常使いができるようなデザインを考えたブランドがフィールドコア(FieldCore)シリーズです。
アウトドアから街でも幅広く着用できるものを、低価格で販売しています。今回はこの中から3点紹介したいと思います。

透湿レインスーツSTRETCH(ストレッチ)R006

ワークマン
参照:ワークマン公式

価格:4,900円
防水性能
・耐水圧:10,000mm
・透湿度:5,000g/m2/24h

テレビ番組で放送されていた商品で、累計販売95万着の一番人気レインウェアです。
ストレッチ生地で動きやすい仕様になっています。ファスナー付きポケットは、貴重品や小物入れとして使えます。カジュアルなデザインなので普段着のような感覚で着られるのが人気の理由です。

また、このレインウェアは「FIT STYLE(細身シルエット)」で、体にフィットする仕様になっているので、いつもより大きめなサイズで購入することをおすすめします。

購入はこちらから

レディースレインジャケット STRETCH Perfect (ストレッチ パーフェクト)R600LJ

ワークマン
参照:ワークマン公式

価格:2,900円
防水性能
・耐水圧:10,000mm
・透湿度:8,000g/m2/24h

こちらはレディース商品です。全方向ストレッチで約300g(Mサイズ)の超軽量レインウェアで、カラフルでオシャレに着こなせるのがポイント!
ポケットが多く、小物入れに便利です。キャンプや釣りなどアウトドアにおすすめです。
※上のみなので下は別で購入する必要がある点に注意。

購入はこちらから



レディースレインスーツL001

ワークマン
参照:ワークマン公式

価格:2,900円
防水性能
・耐水圧:5,000mm
・透湿度:2,000g/m2/24h

こちらもレディース商品です。女性のサイズを考えた構造になっており、着るとすっきりしたシルエットに見えます。
上下セットでこの価格は他にないのではないでしょうか。耐水圧が若干低いので、普段使いがおすすめですね。

購入はこちらから

リュックを背負いながら着られる!

BAG in(バッグ イン)レインジャケットR014

ワークマン
参照:ワークマン公式

価格:3,900円
防水性能
・耐水圧:10,000mm
・透湿度:5,000g/m2/24h

この商品もテレビ番組などで多く紹介され話題となった、雨からリュックを守るレインウェアです。
こちらもイージスシリーズで、防水機能が高いのが特徴です。背中のファスナーを開閉することで、かばんを雨から守ります。この機能性で価格が3,900円なので、とてもお得です。アウトドアから、通勤通学まで幅広く使えますね。

購入はこちらから



まとめ

レインウェア
いかがでしたでしょうか?ワークマンのレインウェアは耐水性・透湿性共に優れていて、それに加えて低価格な商品が多くありました。
ぜひ、キャンプや登山、釣りに行く際はワークマンのレインウェアを着て遊んでみてはいかがでしょうか。

また、雨天時の通勤通学の際にも活用して、その機能性・耐水性を確かめてみてほしいです。

関連記事一覧