×

おしゃれなキャンプ用ローテーブルの選び方とおすすめ20選【時代はロースタイル!】

アイキャッチ出典:amazon

「おしゃれ!」と最近注目を浴びているロースタイル。

ロースタイルとは、低い位置に目線を持ってくるように、ローテーブルやローチェアを使ったキャンプのスタイルです。

そんな「ロースタイルの魅力」と、ロースタイルに欠かせないアイテムである「ローテーブル」についてご紹介します!

ローテーブルとセットで使いたい「ローチェア」については、こちらの記事でチェックしてみてください。
キャンプ用ローチェアのおすすめランキング20選【あぐらチェアも人気】

目次

ロースタイルの魅力は?

子どもと一緒でも安心

スノーピーク ローテーブル
参照:snow peak
ロースタイルにすることによって、小さい子どもでも安心してキャンプを楽しむ事が出来ます。背の高い椅子は、子どもにとって足が着かないのでとても不安です。

さらに、元気いっぱいの子どもが椅子から転げ落ちたり、見えにくい机の上の物をひっくり返したりしたらとても危険です。

ローテーブル・ローチェアを使ったロースタイルは、大人も子どもも安心しながら、同じ目線で食事が出来るという点からファミリー層に愛されているスタイルです。

空間が広く感じられる


参照:snow peak
テントを張った時、ロースタイルはローテーブルやローチェアから天井の距離が十分にあります。その分、テント内のスペースが広くなり、圧迫感が無くなります。

また、目線が低いため、よりその空間を広く感じる事が出来ます。キャンプをゆったり楽しむには、自然の大きさを感じ、広々とした空間を楽しみたいですよね。

荷物が軽くなる


参照:Daytona Park
ダイニングテーブルとローテーブル、デスクチェアと座椅子、軽いのはどちらも背の低い方、つまりロースタイルですよね。

ロースタイルのアイテムは折り畳み式のものやコンパクトなものが多く、軽いため、持ち運びに便利です。荷物が軽いと行き帰りの足取りも軽くなりますね!行きのワクワク感、楽しみ疲れた後の帰りの楽さのためには荷物は軽い方がいいでしょう。

ローテーブルの選び方

そんなロースタイルのキャンプに欠かせないアイテムが「ローテーブル」です。ここからはローテーブルの選び方、そしてオススメのローテーブルをご紹介します!

ローテーブルは高さで選ぶ


参照:Amazon

ローテーブルの高さは、地面にシートを敷いて座って使うなら約30cm、ローチェアと一緒に使うなら約40cmが適していると言われています。

ローチェアを使った方が疲れにくく、虫も避けられるので、約40cmがオススメのローテーブルの高さです。

ローテーブルは天板の大きさで選ぶ


参照:Amazon

ローテーブルの天板の適正の大きさは、使用人数によって異なります。

ソロ:幅30~60cm
2人:幅70~90cm
4人:幅120~140cm
6人:幅140~170cm

がローテーブルの目安の天板の大きさになっています。

毎回使用人数が違う場合などは、コンパクトサイズのサブテーブルを持っておくと安心です。

ローテーブルの折りたたみ式は2通り


参照:amazon

ローテーブルには「脚だけ折りたためるモノ」と「天板も折りたためるモノ」があります。前者はフラットな形に、後者は縦長のコンパクトな形になります。ソロキャンプなど少ない人数で行う場合や、移動が大変な場合は、よりコンパクトに収まるタイプのローテーブルをオススメします。

また、車の積み込みスペースのサイズや、他のアイテムとの兼ね合いなども考慮に入れましょう。せっかくローテーブルを買ったのに車に積み込む事が出来ない!なんてことが絶対に無いようにしましょう。

アルミローテーブルが軽量でおすすめ!

アルミローテーブル
参照:Amazon

ローテーブルの中でも、アルミ素材でできた「アルミローテーブル」は持ち運びに優れており、キャプテンスタッグを代表とするアルミローテーブルはソロキャンパーから絶大な指示を得ています。
ソロキャンパーだけでなくても、サイドテーブルとして、ちょっとした物置としても重宝するローテーブルです。

値段が安く壊れにくいというコスパの良さもアルミローテーブル人気の秘密です!

木製ローテーブルは自然によく馴染む


参照:Amazon

木材でできたローテーブルは自然によく馴染み、見ているだけでも心が落ち着く優しさを持っています。
ご飯を食べるときやティータイムなど、様々なシーンで重宝するローテーブルです。
キャンプに暖かさを与えてくれる木製のローテーブルがおすすめです!

収納を重視するならロールトップローテーブルがおすすめ!

ロールトップローテーブル
参照:Amazon

ロールトップローテーブルとは、天板をくるくる巻くようにしまうことができるローテーブルのことです。
使うときははある程度大きさのあるローテーブルになり、使わない時はとてもコンパクトに収納することができます。

持ち運びはキャンプのローテーブル選びにおいて非常に重要な要素の一つです。
持ち運びや収納をなるべく楽にしたい方にはロールトップローテーブルがおすすめです!

ファミリー向けローテーブルのおすすめ10選

人数に合わせて拡大できる「スームルーム(Soomloom) 折り畳み式ローテーブル」

使用サイズ:40x56x36㎝
収納サイズ:13x12x45㎝
重量   : 1.5㎏
耐荷重  :約20~30kg
素材   :アルミ

天板を連結することでローテーブルを無限に拡大することができます。
人数に合わせて大きさを変えることができるので、ソロにもグループにも対応しています。

素材がアルミでできているため、非常に軽く、持ち運びにも便利なのが嬉しいポイントですね!

LEDランタンも吊るせる!「ネイチャートーンズ カフェテーブル キャンプ ローテーブル Nature tones」

created by Rinker
ネイチャートーンズ(NATURE TONES)
¥13,000 (2024/07/22 09:41:29時点 Amazon調べ-詳細)

使用サイズ :86.5×42.5×37cm ハンガー高さ70cm
収納サイズ :85.5×42.5×8cm
重量    :7.0kg
素材    :鋼材、タモ集成材

天板の下部に棚板が設置してあるので、ちょっとした小物を置くことができるのが特徴です。
また、ハンガー部分にはLEDランタンなどを吊るすこともでき、多機能なローテーブルです!持ち運びも楽なので、手軽に使えます!

あたたかみのあるお洒落なつくり「フィールドア(FIELDOOR) ウッドロールトップテーブル」

使用サイズ :約90×60×45cm
収納サイズ :約90×12×23cm
重量    :約7.4kg
耐荷重   :30kg
素材    :天然木(ブナ材) 他

天板をロール状に折りたたむ事が出来るので、縦長のとてもコンパクトな形で収納する事が出来ます。
素材には天然の木を使っており、自然の中に溶け込むようなあたたかみのあるローテーブルです。
お洒落なキャンプをしたい人にオススメです!

鮮やかな美しいデザイン「コールマン(Coleman)テーブル ナチュラルモザイクリビングローテーブル 140プラス」

使用サイズ :約140×70×40/70cm
収納サイズ :約70×10×47cm
重量    :約5.6kg
耐荷重   :約30kg
素材    :フレーム/アルミニウム、他、天板/メラミン加工合板(抗菌加工)

ベーシックスタイル、ロースタイルに対応した高さ70cm、40cmの二段階切り替えが可能なローテーブル。
使うシチュエーションに合わせて変える事が出来ます。

天板は殺菌加工が施してあり、モザイク柄でデザイン性にも優れています。

ホワイトヴィンテージデザイン「ロゴス(LOGOS)ROSY ファミリー2FDローテーブル」

使用サイズ :約90×60×37cm
収納サイズ :約63×49×6cm
重量    :約3.0kg
耐荷重   :約30kg
素材    :[天板フレーム]アルミ、[天板]プリント紙化粧合板(ウレタン樹脂塗装)、[脚フレーム]スチール

天板のデザインが非常にお洒落で、屋外でも屋内でも使えます。
アウトドア用としてだけでなく、リビングにローテーブルとして置いている人も多いそうです!

折りたたみ式で、軽くて薄いので収納場所にも困らないでしょう。

丸テーブルを囲んでおしゃべりできる!「キングキャンプ(KingCamp) アウトドア 丸テーブル」

使用サイズ :Φ95X30/40cm
収納サイズ :80×10×45cm
重量    :約8.8kg
耐荷重   :30kg
材質    :フレーム/アルミ 天板/竹

丸型なので複数人で囲って使う事が出来るローテーブル!
見た目も可愛らしく、使い勝手にも優れています。

ワンポールテントの中で使用することができるので、テント内のスペースを有効活用することができます!

キャンプファイアーにはこれ!「コールマン(Coleman) 焚き火テーブル ファイアープレーステーブル」

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥13,000 (2024/07/22 05:40:50時点 Amazon調べ-詳細)

使用サイズ :約100×100×27cm
収納サイズ :約100×17×11cm
重量    :約6kg
素材    ;ステンレス、他

オールステンレス製でサビに強く、キャンプファイアーをする時はこのローテーブルが大活躍!
火を囲みながら楽しむキャンプはとてもいい思い出になる事間違いなしですね。

タフ&クール 焚き火の上で使える「ディーオーディー(DOD)テキーララック」

サイズ :約115×32.6×41cm ※開き方により、サイズは変動します。
重量  :約5.6kg
耐荷重 :約30kg
素材  :スチール、木

重いのが難点ではありますが、焚き火の上で使えるような設計になっていて、炎が当たっても塗装が剥げにくいような特殊塗装を施してあります。
ラックとして使いやすいサイズに設計されていますが、2〜3人のローテーブルとしてもちょうど良いサイズです。

見た目もカッコよく、インテリアとしても使えるローテーブルです!

便利なサイドローテーブル付き!「フェストキャンプ(Festcamp) オンウェーミニウイングテーブル」

Festcamp ミニウイングテーブル 白い光沢が美しい、軽量で上品な折り畳みテーブル テーブル キャンプ アウトドア 運動会 花見

使用サイズ :106×40×33cm
収納サイズ :40×37×6.5cm
重量    :2.82kg
耐荷重   :約20kg
素材    :フレーム/アルミ合金・アルマイト 天板/メラミン板

コンパクトな収納かつ大きく広がるローテーブルです。
サイドローテーブルが両側についているため、広々としているので、家族で使えるサイズです!

素材もアルミ合金で軽量なので、持ち運びにも便利です!

組み立てワンアクション!「スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹」

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥33,000 (2024/07/22 09:41:32時点 Amazon調べ-詳細)

使用サイズ :49.6×84.6×40cm
収納サイズ :24.8×84.6×5cm
重量    :5.5kg
素材    :天板/竹集成材、スタンド/アルミニウム合金(アルマイト加工)、ケース/ポリエステル

収納が芸術的なローテーブルで、まるで飛び出す絵本のように、4本の脚が脚1本分の幅に絶妙なバランスで収まります。
組み立てもただ開くだけ!天板は多層構造の竹集成材で、丈夫なつくりになっています。

ソロ用ローテーブルのおすすめ8選

シンプル・イズ・ザ・ベスト!「ユニフレーム(UNIFLAME)焚き火テーブル」

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,920 (2024/07/22 09:41:33時点 Amazon調べ-詳細)

使用サイズ :55×35×37cm
収納サイズ :55×35×2.5cm
重量    :2.8kg
耐荷重   :50kg
素材    :テーブルトップ:18-8ステンレス0.8mm厚、特殊エンボス加工/サイド:天然木/スタンド:18-8ステンレス(径19mm)

シンプルなデザインですがとても堅牢なつくりをしていて、アウトドアのどんな扱いにも耐えるタフなローテーブルです。
アマゾンの評価も星4.6と非常に高評価を得ていて、多くのキャンプ好きに愛されているローテーブルです。

アマゾンベストセラー1位「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)アルミロールテーブル」

使用サイズ :40×29×12cm
収納サイズ :6×40×7cm
材質: 甲板/アルミニウム(表面加工/アルマイト)、脚部/鉄(エポキシ樹脂塗装)

定番のキャプテンスタッグアルミローテーブルです。
アマゾンベストセラーとだけあって多くのキャンパーが愛用しています。

お手頃な値段もこのローテーブルの魅力の1つで、ソロキャンプ用だけじゃなく、グループでのキャンプのサブテーブルとしても使えるでしょう。

自然に溶け込む!「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ローテーブルCSクラシックス FDパークテーブル」

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,234 (2024/07/22 09:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

使用サイズ :幅44×30×20cm
収納サイズ :幅44×30×5.5cm
重量    :約1.5kg
耐荷重   :約10kg
素材    :天然木(表面加工:オイルステイン)

アルミテーブルと違い、天然木の温もりが人気なローテーブル。
ちゃぶ台のような親しみ深いデザインは、アウトドアだけでなく、室内に置いてもマッチするでしょう。

このローテーブルと一緒に出かければ、お洒落なソロキャンプになる事間違い無いでしょう!

超軽量!!「キングキャンプ(KingCamp) アウトドアローテーブル」

使用サイズ :35×25×10cm
収納サイズ :39×15×3cm
重量    :0.45kg
耐荷重   :約10kg
素材    :板・アルミニウム合金/スタンド・ステンレス

重量0.45kgという超軽量級のソロキャンプ用ローテーブル。
軽くて持ち運びが非常に便利な上に、各部品が精巧に作られているため、とても丈夫に出来ています。
持っていて損はないキャンプ用品の1つです。

ソロキャンプの定番ローテーブル「ソト(SOTO) ポップアップソロテーブル フィールドホッパー」

本体サイズ :29.7×21×7.8cm
収納サイズ :29.7×11×1.9cm
重量    :395g
耐荷重   :3kg
素材    :天板=アルミニウム、スタンド=ステンレス、専用収納ケース本体・ひも=ナイロン、ひも留め=樹脂

使用サイズはA4程度、畳めばその半分のサイズになる片手サイズの持ち運びに抜群なローテーブル。
キャンプはもちろん、登山などの移動が大変な場面でも役に立つ優れものです!

カップホルダー付き「ヘリノックス(Helinox) HN.テーブルワン」

使用サイズ :60×40×39cm
収納サイズ :41×11×11cm
重量    :610g(スタッフバック込重量670g)
耐荷重   :50kg

アウトドアチェアで有名なHelinoxによるローテーブル。
軽量にも関わらず、耐荷重50kgという丈夫さを持っている、機能的に大変優れているローテーブルです。

Helinoxのアウトドアチェアと合わせるとちょうど良いサイズです!
カップホルダーが2つ付いているのもありがたいですよね。

連結できる!「ムーンレンス(Moon Lence) キャンプローテーブル」

使用サイズ:長さ56×幅40×高さ36cm
収納サイズ:45×12cm
重量   :1.6kg
耐荷重  :30kg
素材   :A6063ジュラルミン

テーブルの幅は56cmとソロサイズですが、2セット以上使う事で多くの楽しみ方が出来ます。
別売りのジョイント天板を買って連結させる事で、拡張することも出来ます。

さらに、横だけでなく縦にも連結させる事ができるので、テーブルをラックのようにして使うことも出来ます!
天板はやすりがけがされており、傷や汚れが付きにくく、さらに厚めのアルミ合金で出来ているので、30kgの重さまで耐えられるようなローテーブルになっています。

脅威の76g!ダントツの最軽量モデル「アノバ(ANOBA) ULソロローテーブル パンチング」

created by Rinker
ANOBA(アノバ)
¥7,800 (2024/07/22 09:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

使用サイズ :24x13x6cm
収納サイズ :24×13×1.5cm
重量    :76g
耐荷重   :1kg
素材    :天板、脚/アルミニウム合金、接合部/ステンレス鋼、収納袋/ポリエステル

レモン一個分よりも軽いという想像もつかないような軽さのローテーブルです。
アルミの天板に多くの穴を開けることで、脅威の軽さを実現しています。
とことん荷物を減らしたい人にはぴったりのローテーブルですね!

ロー・ハイスタイルの切り替え可能なテーブルおすすめ2選

ナチュラルな風合いのベーシックタイプ「コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル」

使用サイズ :約90×70×40・70cm
収納サイズ :約17×18×70cm
重量    :約4.5kg
耐荷重   :約30kg
素材    :天板/天然木、フレーム/アルミニウム

天然木のナチュラルな風合いが心に安らぎを与えてくれるテーブル。
高さは、40cmと70cmの二段階に調整出来ます。天板と脚が分解可能で、ロール式の収納方法なので持ち運びにも便利です!

便利な3段階の可変式「キングキャンンプ(KingCamp) アウトドアローテーブル」

使用サイズ :100×65×45/52/65cm
収納サイズ :101×17×12 cm
重量    :約6.8kg
耐荷重   :80kg
材質    :フレーム/アルミ 天板/竹

高さが45cm、52cm、65cmと3段階に調整することの出来る便利なテーブルです。
地面にシートを張って座りながら使うもよし、椅子の高さに合わせて高さも変えられるので、様々なスタイルに対応出来る万能タイプです!

収納時は4つ折りになるのでコンパクトサイズに収まります。
そしてなんと耐荷重80kg。重いものでも安心して乗せられる頑丈さです!

まとめ

最近注目を浴びている「ロースタイル」の魅了は伝わりましたか?そして、気に入ったローテーブルはありましたか?
ローテーブルの中にも、収納性に優れているモノ、丈夫なモノ、とにかく軽いモノなど、様々な特徴のモノがあります。
お気に入りのアイテムと一緒に、安全で広々としたロースタイルでのキャンプを楽しんでみてください!

ローテーブルだけじゃない!キャンプ用テーブル全般について選び方やおすすめを知りたい方は以下の記事がおすすめです。
キャンプ・アウトドア用テーブル(机)の選び方とおすすめ22選【キャンプ初心者】

また、メーカーが出しているローテーブル特集はこちらをチェック!
コールマン(Coleman)ローテーブルおすすめ10選【種類豊富】
スノーピーク(snowpeak)のローテーブルおすすめ5選

おしゃれなサイドローテーブルをお探しの方はこちらもチェックしてみてくださいね。
アウトドア用おすすめ丸テーブル10選【ワンポールテントやサイドテーブル用に】

話題のロースタイルも手ぶらで実現!Campify(キャンピファイ)で本格キャンプしませんか?


初心者で道具を持っていない方、気軽にキャンプを楽しみたい方、そんな方にオススメなのが手ぶらキャンプが予約できる「Campify」です!
キャンプ場の予約、設営、撤収まで面倒なことは全てCampifyにお任せください。
ローテーブル、ローチェアでロースタイルのキャンプを楽しめます!ご家族や仲間たちと最高のキャンプを楽しんでみませんか?

キャンプ場と日程を選ぶ

関連記事

 
Campify magazineと同じ運営元のFLY株式会社が運営する、設営・撤収不要の手ぶらキャンプCampify(キャンピファイ)