キャンティーンクッカーセット

米国の軍隊が使った「キャンティーン」おすすめ5選!

アイキャッチ画像参照:https://www.amazon.co.jp

日常生活の中では、いかに便利で未来的なデザインかつ高機能なのかがアイテム選びの鉄則かと思います。

しかし、キャンプシーンにおいては意外と逆の考え方もあります。

特に今回ご紹介する「キャンティーン」は野性味があり見た目もシンプルなもの。これがキャンプユーザーの間で人気の高いアイテムになっています。

この記事では、キャンティーンとはなんなのか?を解説し、さらにキャンティーンのおすすめアイテムをご紹介していきます。


キャンティーンクッカーセットとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

マツタク(@matsu.camp)がシェアした投稿

そもそも「キャンティーン」の意味は【登山用の水筒・兵士の水筒】などです。

意味の通り米軍の兵士が個人携帯装備品として所持するもので、川の水などを水筒(キャンティーン)に入れ、食器代わりにもなり飯盒のような形をしたキャンティーンカップに煮沸消毒をする為の焚き火台代わりのストーブがセットになり、総称でキャンティーンクッカーセットと呼びます。

川の水は一見するとキレイにみえますが、敵戦地など土地勘の無い場所の水に雑菌があるかもしれません。

兵士が体調を崩してしまっては戦力に影響しますので、煮沸消毒は必要になってきます。

戦争映画のワンシーンなどでもキャンティーンカップにお湯を沸かしたり、食器代わりにしてる場面を見た事がある方も多いかと思います。

キャンティーンクッカーセットの魅力

戦時中の兵士が使っていたということは、かなり昔からあるものだと理解出来ます。
しかし昔からデザインや形状はほとんど変わっていません。それだけ洗練されたものなのでしょうか?キャンティーンクッカーセットの魅力はなんなのか?3つ解説していきます。

スタッキングができる

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAKA(@takaflex)がシェアした投稿

“スタッキング=積み重ねて収納する”の意味です。
つまり、水筒&カップ&ストーブの3点が見事にすっぽりとハマってひとつに収納可能なんです。

サイズの違う3つのフライパンがひとつなるみたいなイメージです。とってもコンパクトになるので、過酷な環境下でも兵士が携帯しやすいように工夫が施されています。


計算された形

 

この投稿をInstagramで見る

 

△ともキャン△(@sekidoor)がシェアした投稿

キャンティーンクッカーセットのすごいところは収納だけではありません。水筒に水を入れ、カップに入れてストーブで煮沸するまでのアクションが一つで出来てしまう事です。

別々の道具をひとつにスタッキング出来るのは、計算されているからなんです。

 

そのまま食べやすい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naoto(@naoto.hashimoto)がシェアした投稿

カップはお米を炊いたり食器代わりにもなるアイテムです。兵士に携帯所持させるものなので、あれもこれもだと荷物が多くなります。

ひとつの物で色々な役割が出来るように作られています。その方が軽量化にもなります。昔からの道具ですが、かなり考えられて作り込んであります。


キャンティーンクッカーセットの選び方

通販サイトなどで検索をしてみるとキャンティーンクッカーセットがたくさん出てきます。

何を選んだら良いか分かりにくい方向けに、キャンティーンクッカーセットの選び方を解説していきます。

ボトルは素材で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺賢市(@cheaptrickfactory)がシェアした投稿

キャンティーンボトルを選ぶ時は素材で選んだ方が良さそうです。

というのも、ボトルはステンレスやチタンなどの金属で出来てる物と、プラスチックなどの樹脂で出来てる2種類に分けられます。

軽くて錆びないプラスチックも良いですが、チタンだと直火が出来ます。どっちがいいかは使い方次第になります。

セット内容で選ぶ

商品によってはセット内容が変わっています。基本的には「ボトル・カップ・ストーブ」の3点セットが主流ですが、ストーブが無かったりと内容は様々です。

王道を行くなら先程の3点セットの購入が間違いありません!


良いのを選ぶならチタン製

 

この投稿をInstagramで見る

 

近間 岬(@misaki19830422)がシェアした投稿

素材選びの中ではチタン製が1番良いとされています。

チタンはとても軽く、比重は鉄の半分といわれています。更にとても頑丈なのも特徴で、強度は鋼に匹敵するほどです。焼き色も独特な模様になり、味が出てきます。

軽くて頑丈で壊れにくいのは、キャンプユーザーの心を揺さぶりますね。

おすすめのキャンティーン5選紹介

男心をくすぐるスペックのキャンティーンですが、見た目もカッコいいので欲しくなってしまいますよね!

実際どんなものがあるのか、おすすめキャンティーンを5選ご紹介していきます。

PATHFINDER(パスファインダー)クッキングセット

サイズ:キャンティーン205×130×75mm・カップ110×135×90mm・ストーブ80×130×90mm
重量:キャンテーン320g・カップ240g・ストーブ120g
素材:ステンレススチール

キャンティーン&カップ&ストーブがスタッキングされたセット商品です。素材の特性上、炎で色が変わっていき見た目がいい感じに使いこなしてる雰囲気になります。キャンティーンの口がワイドタイプなので使いやすく実用的です。

Jolmo Lander ミリタリーキャンティーンクッカー

サイズ:ストーブ130×75×75mm
重量:キャンティーン304g・カップ264g・ストーブ121g
素材:ステンレススチール

ボトル・カップ・ストーブにカップの蓋とポーチも付いてるセット内容です。ストーブの下にアルコールスターブをセット出来るので楽にお湯が沸かせます。

Bush Craft(ブッシュクラフト) キャンティーンクッカーキット

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥5,500 (2021/04/18 23:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:140×105×110mm(スタッキング時)
重量:カップ233g・ストーブ105g
素材:ステンレス

フッ素コーティングを施しており焦げ付きにくく調理がしやすい仕様に。蓋とカップをロックするベイルハンドルもあるので、カップを吊るすことも可能に。

Boundless Voyage チタンキャンテクッカーセット

サイズ:140×84×192mm
重量:391g(ポーチを含めた重量576g)
素材:チタン

チタン製のキャンテーンセット。ボトルと2種類のカップに蓋が付いています。蓋には丸い穴のベントホールが開いてるので、湯切りや注ぎ口として使用しやすいです。ストーブは付いていませんので、別で用意が必要です。

Goetland  キャンティーンボトル&カップ

サイズ:キャンティーンボトル195×130×80mm・カップ130×80×100mm
容量:キャンティーンボトル1L・カップ0.5L
素材:ステンレス鋼

ミリタリーテイストのポーチも付属したキャンティーンボトルとカップのセット品です。カップはインスタントラーメンがそのまま入るサイズ、ステンレス鋼は直火が出来るのでキャンプシーンで大活躍。


まとめ

無骨な印象を持つキャンティーンクッカーは男女問わず使いやすいアイテムとなっています。女性が使っていると余計かっこよく見えますね。

兵士の必需品でもあるキャンティーンクッカーですが、セット内容も様々ありますので好みのものをチョイスしてみてはいかがですか?

関連記事一覧