おすすめのサンシェード10選【ファミリーキャンプに持っていきたい!】

「サンシェード」ってキャンプギアを知っていますか?
日差しの強い日も、雨の日も、快適に過ごす為に必要なキャンプギアです。

日差しが強い日なんて特に「熱中症・脱水症状」が心配になりますよね。
今回はそんな心配を少しでも減らせるように「サンシェード」について詳しく紹介していきたいと思います。



サンシェードとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

DOD【公式】(@dod.camp)がシェアした投稿

「サンシェード」とは強い日差しや、雨から守ってくれるキャンプには必要不可欠なギアです。
暑い日のキャンプで熱中症になったり、急な天候の変化で雨が降って来ることってありますよね。

そんな時に「サンシェード」があれば強い日差しも遮り、防水加工を施した生地では雨もしっかり弾いてくれるでしょう。
キャンプをするのに「サンシェード」は本当に重要なアイテムなんです!

日除けになる

「サンシェード」の最大のメリットはやはり日除け効果です。
暑い日はどうしても紫外線が強くなり、熱中症の危険や肌トラブルの原因にもなりますよね。
命を守る為にも「サンシェード」は必要なキャンプギアです。

ファミリーキャンプの方達は、子どもの体調管理も気をつけなくてはいけません。
その方法の1つとして「サンシェード」がとても役に立ってきます。

目隠しになる

キャンプ中に気になるのがプライバシーの確保ですよね。
やはりプライベート空間を作りたいし、その方が何倍もキャンプが楽しく感じると思います。

「サンシェード」があればその点についても心配が不要です。安全に楽しくキャンプをするのには「サンシェード」はとても魅力的なキャンプギアです!

設営が簡単

 

この投稿をInstagramで見る

 

@camprecord_20がシェアした投稿

「設営が面倒くさそう」と感じている人もいると思いますが、「サンシェード」の設営は驚くほど簡単に出来ます。
最近では、子供でもすぐに設営が可能な「ワンタッチ式」もあるくらいです!

誰でも簡単に設営が出来るのも「サンシェード」をおすすめする理由の1つです。

サンシェードの選び方

大きさで選ぶ

移動手段がクルマの場合は、収納よりも大きさで選ぶことが多いと思います。
実際に使用してみると、大きい方が便利だったりもするのでサイズの大きさは重要ですね!

記載されてる定員数の物よりも少し大きめの「サンシェード」を買えば問題ないでしょう。

収納で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@camcamyucamがシェアした投稿

移動手段が徒歩やバイクなど、できるだけ荷物は少なめで行きたい方は収納性で選ぶとよいでしょう。

「サンシェード」には折り畳める物も多く、クッションくらいのサイズにして持ち歩くことも可能です!軽量の商品も多いので、おすすめです!

遮光性で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mai(@mai.kan0507)がシェアした投稿

「サンシェード」にはUVカット機能などがついた物も多くなっています。日差しが強い場所ではUVカット機能があった方が良いでしょう。
UVカット機能がついてない物は安価ではありますが、紫外線を通してしまう為、日焼けしてしまったりします。
「サンシェード」を購入する際はUVカット加工されている物を選ぶとよいでしょう!

オプションパーツで選ぶ

メーカーによってはオプションパーツがある物もあります。
「サンシェード」を繋ぐジョイントや、クルマにつけるサイドタープなど、自分に合ったオプションを選んで購入する方法もおすすめです!



おすすめのサンシェード10選

①コールマン サンシェード 3〜4人用  ネイビー

サイズ:約210×180 ×120 (h) ※収納時サイズ:約φ15×60cm
重量:約3kg
素材:シェードスキン/68Dポリエステルタフタ ( UVPRO、PU防水 )

組み立て式のサンシェードは強度もあり、風にも強いのでおすすめです。
メッシュもついているので虫対策も問題ないですし、メッシュをしなければしっかりと風が抜けてくれて気持ちいいくらい開放的!

しっかりしたサンシェードを選びたいならば組み立て式がベストです。

②コールマン(Coleman) シェード パーティーシェードDX 360

サイズ:使用時サイズ:約360×360×H260cm ※収納時サイズ:約28×89cm
重量:約17.5kg
素材:シェードスキン/150Dポリエステルオックス(UVPRO、PU防水、シームシール)、フレーム/スチール

大型のオープンシェードは設営も簡単で1人でも可能。解放感のあるシェードなので大人数の時にはベストです!

またジョイントなどのパーツ(別売)も種類が多く、連結させれば団体でも使用が可能なんです。
ファミリーで使用する人には魅力的なシェードですね。

③コールマン インスタントバイザーシェード/M 2000031578 キャンプ タープテント サンシェード

サイズ:使用時サイズ:約270×270cm ※収納時サイズ:約Φ18×118cm
重量:約13kg
素材:シェード/150Dポリエステルオックスフォード(UVPRO、PU防水、シームシール)
フレーム/スチール

3〜4人で使用するのにはピッタリなサイズ!
高さや広さも問題なしのサンシェードで、価格的にも購入しやすいです。
設営も簡単に出来るのでおすすめです。

これからの季節にピッタリのサンシェードですが、収納性が若干低いのでそこだけは注意が必要です。

④クイックキャンプ QUICKCAMP スクリーンタープ 3m サンド QC-ST300

サイズ:使用時サイズ:約300×300cm ※収納時サイズ:20×20×135cm
重量:約7.3kg
素材:本体:150D ポリエステル カバーシート部分75D ポール:ファイバーグラス&スチール

フルクローズが可能な組み立て式のシェードです。
夏場は蚊帳だけで過ごし、冬場はクローズすることも可能。
1年中使えるので悩んでいる方にはおすすめです!

もちろん設営は1人でも出来る、簡単設計。数人で過ごすも、ソロキャンで使用することも可能なシェードです!

⑤ogawa(オガワ) タープ カーサイドタープAL 2332

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥25,300 (2021/05/14 16:21:56時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:使用時サイズ:250×170×220cm
重量:約2.5kg
素材:本体:150D ポリエステル カバーシート部分75D ポール:ファイバーグラス&スチール

ドライブがてらにバーベキューをやることが多いので日射し避けを探していました。タープは一つ持っていますが2人では大き過ぎるのとポールで立てるので時間もかかる。この製品は自立はしませんが車に立て掛けるだけなので便利です。風には弱いのでワゴン車のリアハッチに載せたら両脇を紐で結んで固定しています。メーカーは良いけど値段がもう少し安いと5点ですね。

出典:Amazon

⑥テント ワンタッチ FLYTON サンシェード ポップアップテント 2-3人用

サイズ:使用時サイズ:165×150×110cm
重量:約900g
素材:190Tポリエステル100%

ポップアップテントの魅力はサッと10秒ほどで設営が出来ることです!UVカットで価格も安いので気軽に購入できそうです。

風通しもよく、ペグ止めも6箇所可能なので風にも強く使い勝手がすごく良いです。
「なるべく安く購入したい‥」と考えている人にはおすすめのテントです。

⑦ユニジア Unigear 防水タープ 軽量 日除け サンシェルター ポータブル 天幕 シェード キャンプ 収納ケース付 2-6人用

サイズ:使用時サイズ:300×400cm
素材:210Dオックスフォード地

裏面がシルバー素材で夏場は十分な日除けが期待出来そうです。 全体的に丁寧な作りなので、これメインでのキャンプも可能かと思います。 まだ1日しか設営してないので、耐水耐久性は分かりませんが使ってみた感じは丈夫です。

出典:Amazon

⑧コールマン サンシェードMX

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥5,999 (2021/05/14 17:41:59時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:使用時サイズ:210×180×120cm
重量:約2.5kg
素材:シェードスキン/68Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水)

大人2人ほどが入れる大きさで、日除けにちょうど良いです。設営も簡単!ペグが打てない時のために四隅に袋が付いているので、砂やペットボトルを入れて飛ばないようにできます。

出典:Amazon

⑨タープ TC Tarp (4.3m*4m) 防水タープ オクタタープ サンシェード ポリコットン

サイズ:使用時サイズ:430×400cm
重量:約2.5kg
素材:35%コットン+65%ポリエステル

高品質のコットン製で耐久性がすぐれ、破れにくいです!
UVカット施工なので快適に過ごせます。シーンに合わせたレイアウトが作れる為、アウトドアをより楽しめるサンシェードになります。

TC素材なので、火の粉にも強く焚火で穴があく心配もないので安心して使えるのも魅力的なポイントです!

⑩コールマン(Coleman) シェード スクリーンIGシェード グリーン/ベージュ 約3kg 3~4人用

サイズ:使用時サイズ:210×180×120cm
重量:約3kg
素材:シェードスキン/68Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水)

前後の2面がメッシュ付きだし、他の2面と合せて4面すべての開口がクローズ出来るので、日差しや風、近隣の目線などに対して柔軟に対応できるのがとても便利。
中の面積も見た目よりは広くて休憩スペースとしてちょうどいい感じ、あぐらイスを使っても頭上には余裕があり、「コールマン レジャーシート」(サイズぴったり!)を敷くと非常に快適。
組立は簡単で、一人でも可能、二人いればあっという間。
4隅をきちんとペグダウンしておけば少々の風でも平気で丈夫そう。張り縄できるようになっていればさらに良かったと思うが、それが必要な場面はあまりないかも。
非常に使い心地が良かったので★5つ。

出典:Amazon

まとめ

サンシェードでも形状や重量で使いやすさが変わってきます。
自分に合ったものをしっかり考えて購入したいですね。
キャンプ以外でもピクニックやちょっとしたプライベートの確保でサンシェードは便利です!
便利なギアを取り入れてキャンプ生活を楽しみましょう。