×
イベントテント

小型から大型まで!イベントテントのおすすめ6選【選び方や組み立て方など】

フェスやマルシェ、フリマなど広いスペースでの屋外イベントで雨や日差しを防いで大切な商品を守ってくれるイベントテント。
カラーや屋根、柱などの飾り付けによって、ブースやお店の特徴をアピールすることもできます。
今回は、規模やシーンに合わせて選びたいイベントテントの選び方やおすすめアイテム6選をご紹介します。

イベントテントとは?

イベントテント

イベントテントとは、日差しや雨を防ぐ目的で使われる大型テントです。キャンプ用のタープよりもパイプが太く、安定します。
屋外だと運動会や野外フェス、フリマやマルシェなどの期間限定イベントで使われることが多く、屋内でもドームなどを貸切る大型イベントで使われることがあります。
イベントテントがあれば、急な天候の変化や強い日差しから展示物を守ってくれ、日陰を作ってくれるので熱中症対策にもなります。
さらに、看板やメニューをつけることでブースをアピールすることもできます。

イベントテントの選び方

大きさで選ぶ

イベントテント

イベントテントの選び方の1つ目は、「大きさで選ぶ」ことです。
イベントテントは利用人数や搬入予定の物品のサイズに合わせて選ぶと失敗がありません。
例えば2~3人の少人数利用なら2×2mサイズ、4~5人なら2.5×2.5mサイズ、5~6名なら3×3mサイズが主流です。
もし20人が利用するなら約25㎡(16畳ほど)の大きさが必要になります。
イベント出店の場合はブースの大きさが決まっているので、ブースのサイズを確認をしてからテントを選ぶことが大切です。

設営方法で選ぶ

イベントテント

イベントテントの選び方の2つ目は、「設営方法で選ぶ」ことです。
イベントテントは設営方法で大きく2種類に分かれています。

  • ワンタッチ式テント
  • 組み立て式パイプテント

ワンタッチ式テントは天幕付きで、フレームを開いてパイプを伸ばすだけで完成なので少人数や体力に自信がない人でも設営が簡単です。ただ、風に弱いという短所もあるので、重石(ウェイト)や水を入れたペットボトルを設置しての防風・衝撃対策が必要です。
パイプテントはパイプをジョイントさせたり天幕をロープで結んだりして組み立てるテントです。頑丈でワンタッチ式より安定感がありますが、パーツがかさばり、少人数では設営が大変というデメリットもあります。

価格で選ぶ

イベントテント

イベントテントの選び方の3つ目は、「価格で選ぶ」ことです。
安定感があって風や衝撃に強いスチールは安いですが、少し重たいので体力に自信がない人の組み立てにはあまり向きません。
軽くて設営が簡単なアルミは錆びにくいので長く使うことができますが、スチールに比べると値段が上がります。
このようにイベントテントは材質によって値段が変わるので、予算と利用するシーンに合わせて選ぶことが大切です。

イベントテントのおすすめ6選

[North Eagle(ノースイーグル)] ワンタッチキャノピー200Ⅱ

created by Rinker
North Eagle(ノースイーグル)
¥10,800 (2024/04/22 23:27:09時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:約200×200×210/240cm
収納サイズ:約115×20×20cm
重量: 約8.6 kg
素材:シート/210Dポリエステル(PUコーティング)UV45+シームレス加工(耐水圧1000mm) フレーム/スチール

2m×2mのコンパクトサイズで使いやすいワンタッチ式テントです。
スライダーを押し上げて固定するだけの簡単設営で、高さは210cmと240cmの2段階に調整ができます。
サイドフラップをつけて個室のようにプライバシーを高めることもできます。

[KANTAN TARP] カンタンタープ2718

サイズ:組立時 W270×D180×H225/240cm(2段階) 軒下 155/170cm 収納時 W18×D16×H130.5cm
重量:約12kg
素材:フレーム スチール 天幕 ポリエステル

1997年の販売開始以来、300万張もの販売数を誇る元祖ワンタッチ式テントです。
フレームはピンロックで組み立てやすさにこだわり、天幕も遮熱性と耐水性にこだわって作られています。

[FIELDOOR] ワンタッチタープテント G03

サイズ: 組立時 (約)2.5m×2.5m×1.53m ~ 2.45m 収納時 (約)22cm×22cm×100cm
重量:(約)8.4kg
素材:フレーム アルミ 生地 ポリエステル

軽くて頑丈な2.5m×2.5mサイズのアルミフレームのワンタッチ式テントです。
高さはなんと6段階に調整が可能。サイドシートも付いているのでプライバシーを確保したい出店時にも便利です。

[マスターキャノピー(MASTERCANOPY)] ワンタッチタープテント

サイズ:‎2.5mx2.5m 高さ 295cm
重量:‎19.55kg
素材:合金鋼、210 デニール ポリエステル

シンプルなデザインと豊富な付属品で、様々なシーンで役立つ2.5mx2.5mのワンタッチ式テントです。
サイドシートも3枚にファスナー付きのドアシートがついているので一面だけが開いた屋台の形も簡単に設営できます。

[Wisteria] タープテント

サイズ:3m×6m 高さ 約320cm
重量:28kg
素材:‎ポリ塩化ビニル(PVC)、スチール

3m×6mの大きさですが、ワンタッチ式フレームに天幕を被せるだけの簡単設置ができるテントです。
スチール製のフレームのため風にあまり強くないので防風対策をしてあげると安全に使うことができます!

[Fungoal] かんたん ワンタッチ テント

サイズ:3x3m
重量:26kg
素材:ポリエステル500D(デニール), スチール

四隅を持って広げるだけで簡単に設営ができる3x3mのワンタッチ式テントです。
防水・UVカット加工がされた500デニールの天幕は難燃加工もされており、アウトドアでも長く使えます。
重しもついているので買ってすぐに設営ができるのも嬉しいポイントです。

まとめ

イベントテント

屋外でのイベントに大活躍のイベントテント6選をご紹介しました。
人気のイベントテントはほとんどがワンタッチ式なので少人数で出店するフリマなどでも重宝すること間違いなしです。
アイテムによってはサイドシート付属ですぐにお店の形がつくれるものも。
目的に合わせたイベントテントで安全・快適なアウトドア出店を叶えてみてください。

関連記事