×

【メリット・デメリット】テントのスカートは必要?スカート付きテントもご紹介

秋や冬のキャンプ、紅葉や澄んだ空、そして寒い中での暖かいキャンプ飯など楽しみいっぱいですよね。
でも、やっぱり夜や早朝は寒い!
せっかくなら少しでも暖かく過ごしたいもの。
そんな時に活躍してくれるのがテント用のスカートです。

テントのスカートとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆめ子(@yumeko0312)がシェアした投稿


テントのスカート。見た目は洋服のスカートのように、テント本体と地面の隙間をふさぐように使います。
特に寒く冷たい雨風からテント内を守ってくれる役割が大きいです。
そんなスカートの役割と、おすすめのスカート付きテントをご紹介していきます。
さらに、自作できる方法もご紹介しますよ。

テントスカートのメリット

 

この投稿をInstagramで見る

 

a_s_n_fhyn(@ojiicamper)がシェアした投稿


テントスカートのメリットは、冷気・雨風からテント内を守ること。
そして害虫対策にもなります。
スカートがあれば、直接インナーテントが風を受けなくなります。
また、インナーテントとフライシート間に空気の層を作ることができるため、断熱効果を期待できます。
例えば羽毛布団やダウンジャケット、二重ガラスを使って断熱性を高めるのと同じ原理ですね。

冷気から守れる

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_6ch_がシェアした投稿


冷気は下から。冷たい空気は暖かい空気より重いので、冷気は下のほうからひんやりやってきます。
テント内でストーブや暖房をしていても、下のほう、足元が冷たいとなかなか体が温まりきれませんね。
特に寝るときは仰向けになった背中の方が寒々しく感じるかも。

スカートがあれば冷気の侵入を最低限にできます。
外は寒くてもテント内は比較的暖かく保つことができ、快適に過ごせますよ。

雨風から守れる

 

この投稿をInstagramで見る

 

KOZO(@camp_gorilla2)がシェアした投稿


悪天候の時もスカートは大活躍です。
雨や風がテント内に入るのを防ぐため、風雨時でも快適に過ごすことができます。
風が強いときに、ほこりやごみがテント内に舞い込んでくるのも防いでくれますよ。

害虫対策

 

この投稿をInstagramで見る

 

キョウトベース(@kyotobase_)がシェアした投稿


スカートの出番は寒い時期だけではありません。
暖かい時期、特に夏場は、スカートがあることで害虫の侵入を防いでくれます。
害虫の侵入があると、特に寝るときなど気になってしまうので、スカートがあれば安心して眠りにつくことができそうですね。

テントスカートのデメリット

 

この投稿をInstagramで見る

 

3735.CAMP(@3735.camp)がシェアした投稿


テントスカートにもデメリットはあります。
冷気や雨風、害虫の侵入を防ぐということは、風通しが悪くなるということ。
特に夏場など、熱気やにおいがこもりやすくなります。
また、地面に近い分、汚れやすく乾きにくい。お手入れに少し手間がかかりそうですね。

夏場は暑い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiya Tsunoda(@key623)がシェアした投稿


風通しが悪くなるスカートは、特に夏場は熱気やにおいを閉じ込めがちです。
4シーズンテントなどでスカート付きのテントの場合、夏場はテント内の温度上昇に注意です。
ただ、不要なときは巻き上げれば、風通しがよくなり、蒸し暑くなることはありませんよ。

汚れやすい


地面につくスカートは、特に汚れやすい部分なので、雨の日は泥だらけになることもあります。
小さい草などもつきやすいです。
また、気温差で結露するので、スカートは湿っていることが多いです。

乾かしにくい


汚れやすく濡れやすいということは、乾かしにくいということです。
片付けに時間が取れない場合、湿ったままでいったん収納することになりそう。
その点はあらかじめ理解しておいた方がいいですね。

テントのスカートはどんな人におすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Honzawa Hiroyuki(@book_swamp8_1815)がシェアした投稿

秋冬などの寒い時期にもキャンプを楽しみたい方は、ぜひスカート付きのテント、またはスカートを付けることをおススメします。
逆に夏のみで快適性を求めるならない方がいいでしょう。
また、積雪地域の場合、雪がスカートの役割を果たしてくれるので、必要ない場合も。
自分のキャンプスタイルと照らし合わせて購入を検討しましょう。
悩む方はレンタルや自作から試すというのもいいかもしれませんね。

スカート付きのテント5選

 

この投稿をInstagramで見る

 

R縫製店(@r.h.s.ten)がシェアした投稿

ここからは実際にスカート付きのテントをご紹介します。
ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

オガワ ティエラ ラルゴ

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥173,800 (2022/05/16 23:57:45時点 Amazon調べ-詳細)

■重量 総重量(付属品除く):22.0kg
[内 容]フライ:約9.0kg、インナーテント:約6.3kg、ポール約6.7kg
■素材
フライ:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
インナーテント:T/C
グランドシート:PVC(耐水圧10,000mm 以上)
ポール:アルミφ16mm
■収納サイズ
80x45x40cm
■カラー/サンドベージュxダークブラウン
■付属品
張り出しポール170cm×2本、張り綱2.5m×6本・3m×2本、
セルフスタンディングテープ、ライナーシート1枚、アイアンハンマー1丁、
スチールピン25cm×24本、収納袋

老舗オガワがお届けする、最高峰と言ってもいいテント、「ティエラ ラルゴ」。
開閉可能な大型メッシュパネルと心地いいT/C素材インナーは、最高の「通気性」と「快適性」をユーザーに提供してくれます。
通風と換気性・開放感を高める大型メッシュパネルを装備。
ボトム部にPVCグランドシート(完全防水)を採用した吊り下げ式インナーテントで、安心・快適。
室内の換気効率を高めるベンチレーターを装備しており、テント内部からも換気調整可能です。
「ティエラ5-EX」に比べ、リビングの長さを約100cm延長しているので、約1.34倍のスペースを確保。
ゆったり過ごせるリビングスペースと快適なインナーテントで、ファミリーキャンプにお勧めです。

コールマン タフスクリーン2ルームハウス

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥94,800 (2022/05/16 23:57:46時点 Amazon調べ-詳細)

●耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm)
●定員:4~5人用
●インナーサイズ:約320×230×170(h)cm
●収納時サイズ:約φ30×74cm
●重量:約16kg
●材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工) フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール) ポール/(メイン)アルミ合金約φ16mm (ミドル)アルミ合金約φ13mm (リア)アルミ合金約φ13mm (リッジ)アルミ合金約φ11mm (キャノピー)スチール約φ19mm 長さ約180cm
●仕様:前室、キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ストームガード
●付属品:キャノピーポール×2、ペグ:プラスチック8本、スチール20本、ロープ、ハンマー、収納ケース

たてやすくワイドなリビングスペースを備えた安心タフコンセプト2 ルームテントです。
■1 人でもスムーズに設営できる簡単アシスト機能付き
■室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステム
■キャノピーポールで前室も活用できる広々リビングスペース
■強風でもびくともしないアルミ合金製メインポール
などキャンプライフを頼もしく支えてくれるテントです。

ロゴス エアマジック PANELドーム

●総重量:(約)15.4kg
●組立サイズ:(約)475×310×210cm
●インナーサイズ:(約)280×210×185cm
●収納サイズ:(約)66×44×34cm
●主素材:[フレーム]TPU、7001ジュラルミン
[フライシート]難燃性68Dポリエステルタフタ(耐水圧2000mm撥水加工、UV-CUT加工)
[インナーシート]ポリエステル(ブリーザブル撥水加工)
[フロアシート]210Dポリエステルオックスフォード(耐水圧3000mm)
[メッシュ]ポリエステル

設営たったの約7分!空気で立ち上がる次世代テント
プレミアムラインのテントラインナップに加わった「エアマジックシリーズ」。
フレームの代わりに空気を注入したエアチューブを用いることで、少人数&短時間での設営を可能にしたすぐれものです。
「エアマジック PANELトンネルドーム」は、設営・撤収の簡単さだけでなく、PANEL SYSTEMを搭載するなど機能性も充実。
「短時間で設営して、快適にすごしたい」というキャンパーの夢を叶える画期的なテントです。

MRS ストームキング

 

この投稿をInstagramで見る

 

sue camp(@outdoor.camplife)がシェアした投稿

●定員:5
●ドアの数:2
●総重量:6000g
●収納サイズ:61×25cm
●フライ材質:68Dリップストップポリエステル 耐水圧1,500mm ポリウレタン& DWR コーティング
●フロア材質:40Dリップストップナイロン 耐水圧10,000mmデュラシールドポリウレタン& DWR コーティング
●キャノピー材質:40DリップストップナイロンDWR 15D ポリエステルマイクロメッシュ
●ポール材質:イーストンサイクロン
●テント ギアロフト:取付可

MSRと言えば玄人志向のテント。
猛吹雪、強烈な風、豪雨など劣悪な条件下でも耐えられるハードユースなMSR最強の5人用ベースキャンプテント。
さらに、旧モデルより450gの軽量を実現。軽くて強いテントです。
長さが同じ5本のポールを末端が袋状のスリーブに通すだけでセットアップでき、広い前室は装備品を嵐から守ります。
前後に入り口があるのも便利ですね。

スノーピーク スピアヘッド Pro.M

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥181,500 (2022/05/16 23:57:47時点 Amazon調べ-詳細)

● セット内容:タープ本体、フレーム長(×3)、フレーム短(×3)、ポール(×1)、ジュラルミンペグ(×33)、自在付ロープ(3m×6、2.5×6、2m×6)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
● 材質:本体/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9.5、φ11mm)、ポール/A6061(φ32mm)
● キャリーバッグサイズ:82×30×34(h)cm
● 重量:13.5kg ● 対応人数:6名

全周にフレームを配置する事で、狭さを感じさせない広い空間を確保。
大人数でもストレスなく過ごせる室内になっています。
さらにドッキング機能がついているので、必要に応じて2張、3張とつなげていく事が可能。
大自然と調和する美しい流線形のNewデザインワンポールシェルターです。

テントのスカートは自作できる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

EDYのオモニ(@edyomoni)がシェアした投稿


テントのスカートは簡単に自作することが可能です。
もともとスカートがついていないテントを使っている方、気に入ったテントにスカートが付いていなくてためらっている方は、自作のスカートを試してみませんか?

必要なモノは3つ。防水シート、クリップ、ハサミです。
防水シートはユタカものがよく見られますが、それ以外でもOK。
クリップは100円ショップのものでOKです。

作り方は簡単。テントに合うサイズで細長くハサミでカット、クリップで取り付けるだけです。

ただし風雨がある程度予想される場合、手作りスカートでは対策が万全ではありません。
手作りはあくまで手作り。
まずは比較的天候の良いときに使ってみて、その効果のほどを確かめてみましょう。

まとめ


今回はテントのスカートについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。
スカートを知ったことで、また一つ、キャンプライフがグレードアップしそうですね。
これからテントの購入を検討している方は、スカート付きのテントも含めて検討した方がよさそうです。
既にテントを持っている方は、自作を試してみてもいいかもしれませんね。