• HOME
  • 記事一覧
  • キャンプ用品
  • 【レクタタープ】使いやすさやアレンジの豊富さならおすすめ!ヘキサタープからの買換え体験談をご紹介!【張り方やおすすめレクタタープ】

【レクタタープ】使いやすさやアレンジの豊富さならおすすめ!ヘキサタープからの買換え体験談をご紹介!【張り方やおすすめレクタタープ】

今回の記事はインスタグラマーさん(@sasasacampさん)ご協力のもと、ファミリーキャンプにおすすめの長方形のレクタタープの魅力を解説しました!@sasasacampさんは元々はヘキサタープを利用していましたが、買換えました。その理由や、おすすめレクタタープや張り方のアレンジもご紹介します。

※スクエアタープと呼ばれる正方形のタープも長方形のレクタタープと同じように使うことができます。



ヘキサタープをやめた理由とは?

ヘキサタープを辞めてレクタタープに買換えた

六角形のヘキサタープをやめた理由は、日陰の面積が狭いことでした。日陰の面積が狭いことで、クーラボックスや家族に日が照ってしまいます。せっかくのキャンプなので、ゆっくり過ごしたいのに、日が照る度にクーラーボックスや座る位置をずらすというのはなかなか面倒でストレスの溜まる作業ですよね。

もちろんヘキサタープにもメリットはあって、風に強かったり、レクタタープなど他のタープよりもカッコいいという方も多いです。

しかし、複数人いるファミリーキャンプや、お友達とのキャンプで使いやすさを求めるならレクタタープがおすすめです。

ちなみに画像にもある元々使っていたタープは、snowpeak(スノーピーク)のアメニティタープヘキサLでした。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥29,480 (2020/05/26 23:31:52時点 Amazon調べ-詳細)

レクタタープを選んだ理由①

レクタタープに買換えた理由

レクタタープを選んだ理由は、日陰の面積が広いことです。これは、先程ご紹介したヘキサタープとは真逆ですね。
特に真夏の強い日差しを避けるには、レクタタープの方がおすすめです。

天井を覆う面積が広いので、同様に多少の雨の日も安心ですね!

レクタタープを選んだ理由②

レクタタープに買換えた理由張りかたのアレンジが豊富

レクタタープはタープの張り方のバリエーションが豊富です。

基本的な屋根のような形に張るだけでなく、様々なアレンジが可能です。



レクタタープ(スクエアタープ)の張り方アレンジ基本4選

基本的なレクタタープ(スクエアタープ)の張り方

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takashi Nakagawa(@tmk_sab18)がシェアした投稿

最も一般的なレクタタープの貼り方です。長短合わせて6本のポールでタープを設営します。

以下のCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)さんの張り方のご説明がとてもわかりやすくておすすめです。

オルディナスクエアタープ張り方 設営手順

出典:CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)公式

雨や風が比較的強い日のレクタタープ(スクエアタープ)の張り方

campify nordisk(ノルディスク) kari(カーリ)20

 

こちらも非常に多い張り方かと思います。こちらの張り方の方が、日除け・風除けにはぴったりの張り方です。またポールが2本で済むので、荷物を減らせておすすめです。

風が強い日におすすめのレクタタープ(スクエアタープ)の張り方

オルディナスクエアタープ アレンジ1

タープの風上の方のポールを外し、地面近くまで下げると、風除けにおすすめな張り方ができます。
また、このタープの張り方の場合景色もよく見えて開放的でおすすめですよ!

こちらの写真は富士山がよく見える朝霧ジャンボリーオートキャンプ場にて撮影しました!

雨の日におすすめのレクタタープ(スクエアタープ)の張り方

オルディナスクエアタープ アレンジ2

一番初めにご紹介した基本的なレクタタープの張り方を少しアレンジします。片側のグロメット(ロープやポールを刺す用の穴のこと)にガイロープを引っ張りペグダウンします。

こうすることで、ロープを通した箇所から水が流れていきます。



次のページでおすすめレクタタープ(スクエアタープ)をご紹介します。

関連記事一覧