×
シンプルで使いやすい!スノーピークの帽子おすすめ8選

シンプルで使いやすい!スノーピークの帽子おすすめ8選【春夏・秋冬別】

アイキャッチ画像参照:Snow Peak 公式ツイッター

実用的な意味でもファッション的な意味でも、帽子はとても重要なアイテムです。
直射日光や風雨から頭部を守り、酷暑や厳寒の気候に対応するため。
また、着こなしのアクセントとなり、小顔に見せる効果も。

アウトドアでもデイリーでも、とても役に立つ。
今日は人気の国内ブランド「スノーピーク」の帽子を紹介します!

snow peak(スノーピーク)とは

スノーピークとは
参照:Snow Peak公式サイト

snow peak(スノーピーク)は新潟県三条市が本社のアウトドア製品メーカーです。
登山用品や釣り具からスタートし、オートキャンプ製品を中心に様々なアウトドア製品を扱う総合アウトドアブランドとなりました。

「金物の町~燕三条」の高い金属加工技術を活かした製品群に加え、シンプルで洗練されたデザインのアパレル製品が揃っているsnow peak(スノーピーク)は、国内外で高い人気を誇っているのです。

スノーピークの帽子の魅力

シンプルなデザイン

スノーピークの帽子の魅力~シンプルなデザイン
参照:Snow Peak公式サイト

デザインは奇をてらわないベーシックなもの。
色使いも単色のシンプルなデザインが多いのがsnow peak(スノーピーク)の特徴です。

シンプルですがワンポイントやステッチなどをアクセントにしつつ素材感などにもこだわり抜いた「シンプルだからこそ」というセンスが光る製品となっています。

アウトドアシーンで使える実用性の高さ

スノーピークの帽子の魅力~アウトドアシーンで使える実用性の高さ
参照:Snow Peak公式サイト

冒頭にも書きましたが、日光や風雨から頭部を守ることは疲労軽減はもちろん、体調を守るためにも重要なポイントです。
snow peak(スノーピーク)の製品はアウトドアで使うことを第一に考えられているため、機能に妥協はありません。
季節や気候に応じて防水やUVカット、高い保温性などを持つ製品が揃います。
小さくたためるポケッタブルな製品もあり、荷物の中に潜ませていざという時に使うということもできます。

デザインも動きを阻害するようなゴテゴテと引っ掛かりやすいものではなく、ベーシックかつシンプルなもの。
デイリーユースできても、アウトドアありきの製品群なのです。

ラインナップが豊富

スノーピークの帽子の魅力~ラインナップが豊富
参照:Snow Peak公式サイト

「帽子」と一言で言っても、キャップもハットもニット帽もあり、細かい分類も含めると多岐にわたります。
snow peak(スノーピーク)の帽子は普段使いから様々なアウトドアフィールドまで幅広く対応できる、豊富なラインナップが揃ってます。

季節や使うシーン、アウトドアかデイリーか。
多くの製品のなかから、これぞという製品をきっと見つけることができるでしょう。

帽子の選び方のポイント

帽子のタイプをチェック

スノーピークの帽子~タイプをチェック
参照:Snow Peak 公式ツイッター

一番は、やはり自分の好みだと思います。
それに加え、実際に合わせる服装や使うシーンなどを考えて吟味しましょう。
製品によってはオールマイティに使えるもの、使いどころがピンポイントなものもあります。

普段使いするのか、アウトドアでハードに使い倒すのか
室内でもかぶったままのニット帽か外で日光を防ぐハットか
着こなしや使い勝手を考え、自分のタンスの中身も思い出しつつ検討するのがおすすめです。

使用する季節を考慮

スノーピークの帽子~季節を考慮
参照:Snow Peak公式サイト

コットン製のオールシーズンのモデルもあり、それはそれで使い勝手がよく重宝します。
ですが、季節に応じた帽子を選ぶとより着こなしの幅が広がります。

冬ならば見た目から暖かさが伝わるファー使いの耳当てが付いたキャップも良いですし、フランネル生地のキャップも冬ならでは。
夏ではメッシュ使いの製品も蒸れ防止に良いですし、アウトドアでは耐水性の高い素材の製品を水に濡らして被ることで強い日差しから頭部を守ることも重要です

季節に応じて服装を変え、服に合わせるた帽子を考えるのも楽しいものです。

スノーピークの帽子おすすめ8選

「春夏シーズンにおすすめ」4選

スノーピークの帽子~春夏シーズンにおすすめ

Quick Dry Hat One

==================
透け感:なし
裏地:なし
伸縮性:あり
光沢感:なし
生地の厚さ:薄い
==================
<素材>100% POLYESTER

「Quick Dryシリーズ」とは、速乾性と通気性を併せ持ったスノーピークの夏の定番ともいえるシリーズ。
東レの高機能素材を使っている製品ですが、きわめて自然な印象を受ける素材感です。

汗をかいてもすぐにサラっと乾燥しますし、本気で暑いときには水につけて被っても動いているうちに乾いてしまう。
アウトドアで大変重宝しますが、デザインや佇まいなど街中でも使えるモデルです。

Sun Guard Cap One

==================
透け感:なし
裏地:なし
伸縮性:なし
光沢感:ややあり
生地の厚さ:普通
==================
<素材> WOVEN FABRIC PART / 100% NYLON , MESH PART / 100% POLYESTER , SWEATBAND / SIZING TAPE / 83% POLYESTER , 17% NYLON

フィッシングアパレルブランド「TONEDTROUT」とのコラボモデルです。
渓流フィッシングから着想を得たアイディアをスノーピークの製品に盛り込んだこちらのコラボ製品。
本格的な渓流釣りはもちろん、タウンユースでも使える柔軟さを持っています。

素材は水場で使われることを考慮し、撥水性能が高いナイロンを使用。通気性を高めるメッシュ部分は柔らかい感触で、かつ水にも強いポリエステルを使用しています。
首元を守る日よけ布は取り外し可能で、普段の街使いにも対応。
日差しが強い時の首筋の温度上昇は、熱中症予防に無視できないファクターですので、ここをケアしているのはうれしいですね。

インディゴバケットハット

<素材>SHELL / 68% COTTON, 32% NYLON・LINING / 100% POLYESTER ・LEATHER PATCH / IMITATION LEATHER

使い込むといい感じで「ヤレ」が楽しめるインディゴコットンナイロンを使っているハットです。
「バケツのような帽子」という名前の通りのデザインは、タウンでもアウトドアフィールドでもオシャレに使いこなすことができるでしょう。

同シリーズのジャケットやコートに合わせるのはもちろん、シンプルで奇をてらわないデザインと素材感なので色々な服装に合わせることが可能。
「春夏シーズンにおすすめ」にあげましたが、季節を問わず使えるモデルとなっています。

Light Mountain Cloth Cap One

==================
透け感:あり
裏地:なし
伸縮性:なし
光沢感:なし
生地の厚さ:普通
==================
<素材> BODY / 78% COTTON , 22% NYLON , MESH PART / 100% POLYESTER , SWEATBAND / SIZING TAPE / 100% POLYESTER

サイドの大きなメッシュ部分と正面の控えめな刺繍のロゴが印象的なモデルです。
軽く涼しい、ひとつ持っていると夏場に大変重宝する製品です。

素材はコットンとナイロンのブレンドで、100%コットンよりも洗濯に強いのが特徴。
ツバは長めで、日差しをしっかりと遮ることができます。
特に春夏の気温が高いアウトドアシーンで大いに活躍するモデルです。

「秋冬シーズンにおすすめ」4選

スノーピークの帽子~秋冬シーズンにおすすめ

TAKIBI Canvas Hat One

==================
透け感:なし
裏地:なし
伸縮性:なし
光沢感:ややあり。
生地の厚さ:普通
==================
<素材>SHELL/80% COTTON , 20% MODACRYLIC , LINING/100% POLYESTER , SWEATBAND,SIZING TAPE/100% POLYESTER

ナチュラルな素材感とクラシックなデザインが印象的なハットです。
目の詰まった平織りのキャンバス素材は撥水性と耐久性に優れており、様々なシーンで使いこなせるモデルとなっています。

極めてシンプルなデザインのハットに、さりげなくワンポイントのロゴが刺しゅうされているのが印象的。
老若男女問わず、おすすめできるモデルです。

TAKIBI Mountain Cap One

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥8,580 (2022/11/29 23:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

==================
透け感:なし
裏地:なし
伸縮性:なし
光沢感:なし
生地の厚さ:普通
==================
<素材>67% ARAMID 33% COTTON

スノーピークを代表する「TAKIBI」シリーズの中でも極めてベーシックなキャップです。
撥水性と難燃性を併せ持つ生地は耐久性も高く、アウトドアでラフに使ってもへこたれることはありません。
特に秋冬のキャンプでつきものの、シリーズ名にもなっている「たき火」の時に、飛んだ火の粉がかかっても慌てずに対処ができるタフな素材です。

ワンポイントのブランドロゴ刺繍をあえてサイドにプラスすることでデザイン上の主張を抑え、アウトドアシーンだけではないカジュアルな装いのタウンユースにも対応します。
デザインも素材感も色々な服装と合わせやすい、ひとつ持っておくと便利なモデルです。

WG Stretch Knit Cap One

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥4,180 (2022/11/29 23:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

<素材>53% Wool, 47% Polyester

ひと針も縫わずに編み上げる「ホールガーメント(Wholegarment)」で作られたニット帽です。
ウールとポリエステルの混紡素材は、ウール100%の製品に比べ軽く、速乾性にも吸水性にも優れており、寒い秋冬はもちろん春夏も使えるオールシーズンモデルとなっています。

折り返してコンパクトに被るもよし、折り目を伸ばして頭部全体を包み込むように被るもよし。
季節もシーンも問わず使える、オールマイティな製品です。

Grid Fleece Warm Cap One

==================
透け感:なし
裏地:なし
伸縮性:あり
光沢感:なし
生地の厚さ:普通
==================
<素材>100% POLYESTER

保温性と軽さ、そして高い弾力性を持つフリース素材で作られたキャップです。
そのままかぶっても暖かいですが、耳当てをおろすと風が強い日でも快適。
素材全体がデコボコの格子状(グリッド)になっていることで、保温性と通気性を両立させムレを防止。さらに快適さをアップさせています。

冬でもどんどん動くひとに、おすすめのモデルです!

まとめ

スノーピークの帽子~まとめ
参照:Snow Peak 公式ツイッター

カジュアルな服装ならば、アウトドアに限らず色々な服装と合わせることができるシンプルなデザイン。
それでいて、素材や作りはアウトドアブランドならではの品質と機能性が高いタフな製品。
性別や年齢にかかわらず、幅広い層におススメできるブランドです。

キャンプやトレッキングで使う時も、街中で使う時も
snow peak(スノーピーク)の帽子は、きっとお気に入りの選択になるでしょう!

関連記事