×
新宿アウトドア

快眠アイテム!スノーピーク「キャンピングマット2.5w」【あわせて持ちたいアイテム3選】

キャンプで朝起きたら、体があちこちガチガチになっていた、なんて経験はありませんか?それは寝床のコンディションにより疲労が蓄積しやすい状態にあったのかもしれません。睡眠の質は、大人子ども限らず翌日の活動に直結するだけに、妥協したくないもの。

そこで今回は、キャンプで大人気のマットとして知られているスノーピーク「キャンピングマット2.5w」について紹介します。

スノーピーク「キャンピングマット2.5w」とは

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥30,800 (2023/01/26 23:14:50時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:長さ198×幅77×高さ6.2cm
重量:約1.9kg
素材:表地/75Dポリエステル、裏地/75Dポリエステルノンスリップ加工、インナー/TPUフォーム、バルブ/ABS樹脂

スノーピークから出されている「キャンピングマット2.5w」は、幅がセミダブルより少し小さめの77cmあるワイドタイプのキャンプマットです。しっかりしたアイテムなので、夏場は寝袋なしでこちらのマットとブランケット一枚のみで朝まで過ごせるほどの快適マットです。
詳しい特徴やよくある疑問を以下で解説していきます。

特徴:インフレータブルマット

インフレータブルマット
参照:スノーピーク公式サイト

インフレータブルマットとは、空気を吸い込んで膨らむ自動膨張機能付きのマットのことをいいます。キャンピングマット2.5wは、インフレータプルマットを採用しています。初心者でも扱いやすく簡単に膨らませることができるので人気です。寝心地が快適になるだけでなく、特に冬は冷えた地面から身体を守る対策としても重宝します。

特徴:快適な睡眠を実現する各種機能

マット内のウレタン
参照:スノーピーク公式サイト

マットの中は軽量ウレタンフォームを採用しているので持ち運びがラクラク。幅は広めなので寝返りをうっても落ちにくく、マットの厚さも6.2cmと極厚なので、快適な睡眠をサポートしてくれます。ファミリーなどで幅が広いマットとして使いたい場合には。マットのサイドにあるベルクロによって連結することができるので、寝ている間にずれることなく朝まで安心して眠れます。

またマットの裏地にはノンスリップ加工が施されており、テント内でのスリップを防ぐことができます。

特徴:便利な付属品

リペア
参照:Amazon

不足の事態で小さな穴が開いてしまうことが稀にあります。そんな状態に備えることができるリペアキットがついています。その他にも、付属の収納袋にポンプ機能付いているので、別で準備する必要がなくとても便利です。

疑問:マットシートセットやインナーマットとの違いは?

キャンプマット

どちらもテントの中に敷くシートで、マットシートは「自分が寝るスペースの下」に敷いて使用する厚めのシートに対し、インナーマットは「テント全体」に敷いて使用する薄いシートになります。
一方でマットシートセットとは、テントの外側に敷くシートと内側に敷くマットがセット販売されているものになります。
シートは快適なキャンプを過ごすために大切なアイテムなので、キャンプ環境や用途に合わせて必要なものを揃えておくことをおすすめします。

使用時の3つのポイント

膨らませるときは「放置」&畳むときは「コンパクト」

コンパクト収納
参照:Amazon

膨らませるときは、付属のバルブを緩めるだけで一定量が自動で膨らみます。使い終わって収納する時は、バルブを緩めて端から空気を寄せながらコンパクトになるまで丸めていき、最後にバルブを閉じて収納袋に入れるだけ。
初心者はもちろん、エア注入が面倒だと感じていた人も簡単にセット完了が可能です。キャンプの強い味方になること間違いなしですね!

空気入れの仕上げは「ポンプ機能付き収納ケース」

空気入れ
参照:スノーピーク公式サイト
マット空気入れ
参照:Amazon

マットは約15分ほどで放置した状態で膨らみますが、膨らみが足りないと感じた場合には、収納ケースの空気ポンプ機能を利用し空気を足すことが可能です。
方法としては、まず収納ケース底面のノズル接続口に、ノズルを「カチッ」と音がするまで差し込み、収納ケースを膨らませて空気を入れます。丁度よい膨らみになったらノズルを押し込み、その状態で時計回りにひねり、空気バルブがロック状態にして完了です。

使用後は乾燥させるのがベスト
乾燥させる

マットはどうしても身体や地面と触れる面積が多く、湿気や寝汗、結露などを吸収してしまい、そのまま収納してしまうと、カビが生えてしまうことがあります。そのため、収納前にはしっかり乾燥させてから片づけるようにしましょう。

あわせて持ちたいおすすめアイテム3選

グランドオフトンシングル1000

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥64,680 (2023/01/26 23:14:35時点 Amazon調べ-詳細)

セット内容:掛け布団、マット、掛け布団用収納ケース、マット用ポンプ収納ケース
材質:
掛け布団 表地・収納ケース/高密度ナイロンタフタ
掛け布団 裏地/ネル生地
掛け布団 中綿/ウォッシャブルダウン(ダックダウン80%・フェザー20%)
マット 表地/75Dポリエステル
マット 裏地/75Dポリエステルノンスリップ加工
マット インナー/TPUフォーム
マット バルブ/ABS樹脂
収納サイズ:掛け布団/φ31×50cmマット/φ21×88cm
重量:シングル掛け布団/2.6kg、シングルマット/2kg

こちらの掛け布団は、キャンピングマット2.5wと互換性があります。寝袋とは違い、キャンプなのに家で寝ているかのような快適なお布団だと評判です。空間スペースの狭いシングルテントにはキツく感じるかもしれませんが、触り心地もふかふかで特に小さなお子さんにはぐっすりと寝てもらえそうで検討の余地ありです。

エルフィールド マットシートセット

セット内容:フロアマット、フロアシート、マット収納ケース、シート収納ケース
フロアマットの材質:表生地/68Dポリエステルタフタ・PUコーティング、裏生地/68Dポリエステルタフタ・PUコーティング、中芯/ウレタン5mm
フロアシートの材質:75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
サイズ:フロアマット(306×233cm)、フロアシート(300×229cm)
収納サイズ:フロアマット(64×60×10(h)cm)、フロアシート(37×18(h)cm)
重量:1.7kg

純正品なのでテントサイズにピッタリフィット!こちらのマットセットがあれば、エアーマットなどは使用せずにシュラフさえあれば大丈夫!と思えるほどの寝心地が期待できます。また万が一小雨でも染みることなく快適に過ごせそうです。専用の収納袋付き。

キャンピングマットシーツ

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥7,480 (2023/01/26 23:14:51時点 Amazon調べ-詳細)

材質:ポリエステル・コットン混紡生地、ナイロン
サイズ:78×200cm(平置き時)
収納サイズ:直径12×21cm
重量:0.6kg

外からテントに戻ってすぐに横になりたい時ってありますよね。この汚れから守る専用のシーツを一枚持っておけば、大切なマットを汚しにくいので、長持ちできてお手入れもラクラク。縁の下の力持ち的な存在の逸品でおすすめです。

まとめ
スノーピークアイキャッチ

以上になります。いかがでしたでしょうか。スノーピークのキャンピングマット2.5wが何故人気なのか、どんなところが魅力なのかが伝わったことと思います。

キャンプアイテムの中でも額面的には決して安くない商品ではありますが、それだけの価値が感じられるからこそ、ここまで人気アイテムになっているのだと思います。
せっかくの非日常体験であるキャンプで思いっきり遊んで、疲れを次の日に残さないようこのキャンピングマット2.5wでリセットして、また思いっきり楽しい日を過ごされてくださいね!

関連記事