×
レインカバー

おしゃれでかわいい!おすすめのリュックレインカバー20選【2023年最新版】

アイキャッチ画像参照:Cotyle Online Store

突然の雨からリュックを守ってくれるレインカバーはアウトドアの必須品です。大事なリュックとその中身を守ってくれるレインカバーは機能性はもちろん、おしゃれな見た目も重要になります。そこでレインカバーの選び方とおすすめを紹介しますので参考にしてください。

リュックのレインカバーの魅力は?

雨で濡れて重くなるのを防ぐ

リュック レインカバー
参照:Yahooショッピング

レインカバーがないと雨でリュックが濡れて重くなってしまいます。せっかく荷物を少なくして重量を減らしても雨で濡れてしまうと意味がありません。急な天候の変化にも対応できるようにリュックのレインカバーは持って行ったほうがいいでしょう。

中の荷物が濡れてしまう

リュック レインカバー
参照:Karrimor

リュックの荷物で濡らしたくないのはダウン製品です。ダウン製品は濡れてしまうと保温力がなくなってしまい使用できなくなってしまいます。大事な荷物を守るためにはレインカバーは備えておきましょう。

雨で濡れる不快感を無くす

ザックは濡れると乾くのにかなりの時間がかかります。登山で濡れたままのザックをずっと背負うのは不快に感じるでしょう。そんな不快感を無くし、快適にするにはリュックのレインカバーは必要不可欠なアイテムです。

リュックのレインカバーの選び方

サイズで選ぶ

リュック レインカバー
参照:モンベル

リュックのサイズに合わせた大きさのレインカバーを選びましょう。リュックよりも小さいサイズだと入りませんし、大きすぎても隙間ができるので雨の侵入や木の枝にひっかかりやすくなります。リュックの容量を確認し、それに合ったサイズを選んでください。

素材で選ぶ

リュック レインカバー
参照:Amazon

リュックのレインカバーにはナイロンとポリエステルの2種類が主流です。ナイロン素材は速乾性があり強度が高く汚れにくいのでウインドブレーカーにも使用されています。ナイロン素材のリュックカバーには引き裂け強度が強いリップストップ加工が施されているのがおすすめです。

ポリエステル素材はナイロンよりも低コストで劣化しにくいのが特徴。ナイロンと比べると強度は劣りますが耐熱性に優れ紫外線劣化にも強いです。シワになりにくく、リサイクルでき環境にも優しい素材になります。

耐久性で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MILLET(ミレー)(@millet_jp)がシェアした投稿

耐久性もレインカバーを選ぶ重要なポイントです。素材は30デニールから70デニールの繊維のものを使用したレインカバーを目安に選んでみてください。デニールをひとつの目安として注目してみるのもいいでしょう。

機能性で選ぶ

リュック レインカバー
参照:Amazon

レインカバーは雨水からリュックや荷物を守るためのものなので耐水圧は重要視する必要があります。素材によっても防水性は変わりますのでどれだけの機能が必要なのかを把握して選んでください。

ドローコードが装備されているレインカバーもあります。リュックにしっかりと固定させるためにはドローコードは必須です。その他にも排水穴のような機能もあります。

おすすめのリュックのレインカバー20選

ノースフェイス スタンダードレインカバー20L 

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥2,400 (2023/01/26 23:12:14時点 Amazon調べ-詳細)

容量:20L
重量:約60g
素材:メイン素材/70Dリップストップナイロン、表地: 70Dリップストップナイロン

20Lまでの小型のリュックに対応したノースフェイスのレインカバーです。軽量な素材を使用したベーシックな形状で、ドローコードが付いているのでズレを防ぎます。持ち運びに便利なフック付きのポーチが付属していますので使用しないときに収納可能です。

イスカ パックカバー45

created by Rinker
イスカ(Isuka)
¥2,900 (2023/01/26 23:12:15時点 Amazon調べ-詳細)

容量:30L〜45L
重量:約120g
素材:ナイロン100%(防水コーティング加工)

シュラフメーカーで日本を代表するイスカのレインカバーです。アウトドアのことを知り尽くしたイスカが作っていることもあり優れた性能性を備えています。台風でも水が侵入しないほどの防水性があり、耐久性も抜群とのレビューもあり信頼できる製品です。

Frelaxy リュックカバー

サイズ:S〜XXL
重量:約120g
素材:ポリエステル

210T高密度なポリエステル生地を使用した高品質なレインカバーです。PUコーティングすることで高い耐久性を実現し購入から1年間有効のメンテナンス保証付き。調整可能なクロスバックルと高品質なゴムバンド付きなので、リュック全体をしっかり固定し強風、豪雨でも大丈夫です。

ドッペルギャンガー ウォータープルーフバッグカバー

容量:〜35L
重量:約140g
素材:ポリエステル

雨風からリュックを守ることはもちろん、安全に走行するためのデザインを備えたレインカバーです。リフレクターをカバー中央と底面に配置することで、自転車走行時の前方姿勢になってもリフレクターが見えるようになっています。耐水圧3000mmと優れた耐久性を備え、ドレインホールも装備しています。

ミズノ レインカバー

created by Rinker
MIZUNO(ミズノ)
¥3,186 (2023/01/26 23:12:16時点 Amazon調べ-詳細)

容量:25〜40L
素材:ポリエステル

耐水圧5,000mm以上と一般的な傘の耐水圧(500mm )よりはるか上を実現したレインカバーです。バックパックのショルダーベルトに固定できるバックルがあるのでズレを軽減してくれます。荷物の容量によって調整できるスピンドルが付いているのでさまざまな容量のバッグに対応可能です。

ホグロフス レインカバー

created by Rinker
HAGLOFS(ホグロフス)
¥7,150 (2023/01/26 23:12:17時点 Amazon調べ-詳細)

容量:15〜110L
重量:160g
素材:メイン/ナイロン・ポリエステル、表地/ナイロン・ポリエステル

スウェーデンの人気メーカーであるホグロフスの約15L〜110Lのバックパックに対応する5サイズのレインカバーです。シールドシームの採用で高度な防水性を実現しました。バックの外にギアを収納していてもカバーできるフィット性は純正ならではです。

アークテリクス パックレインカバー

容量:S(15-30L)、M(35-50L)、L(55-75L)
重量:100g
素材:70d ナイロン 6 リップストップ ポリエステル タフタ

人気のアークテリクスの軽量でさまざまなサイズに対応したレインカバーです。縫い目を密封処理した耐候性抜群で収納袋が付属されており、折り畳んでコンパクトに収納できます。お出かけ時に携帯しておけば急な天候の変化でも大事なリュックを濡らすことはありません。

オスプレー ULレインカバー

created by Rinker
OSPREY(オスプレー)
¥6,050 (2023/01/26 23:12:18時点 Amazon調べ-詳細)

容量:M(30-50L)
重量:80g
素材:40d シルナイロンダブルリップ

 重量がMサイズでわずか80gとかなり軽量なオスプレーのザックカバーです。40デニールのリップストップナイロンを使用しているので張り裂け強度に優れ、耐久性も抜群。レインカバーの上部に固定バックルが付属しているので、雨風でも外れにくいです。

ミステリーランチ フーディーパックフライM

created by Rinker
MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)
¥9,390 (2023/01/26 23:12:18時点 Amazon調べ-詳細)

容量:M(45-70L)、L(70-105L)
重量:200g

リュック用のレインカバーとフードが一緒になったレインウェアとレインカバーが一体化した珍しいギア。ミステリーランチは軍隊でも採用になるほどの機能性に優れたバックパックを販売しているメーカーです。フードとレインカバーが一体になっているので背中への雨の侵入を防いでくれます。

Unigear レインカバー

容量:S(15-30L)、M(30-40L)、L(40-50L)、XL(50-60L)、XXL(60-80L)
重量:70-120g
素材:70Dナイロン

70Dの厚手の素材を使用しているので摩耗しにくレインカバーです。防水コーティングを施しているので耐水圧5,000mmまで耐えることができます。耐久性と優れた防水性を備えているのに低価格を実現しているので、初めてのレインカバーにおすすめです。

グレゴリークラシックレインカバー

サイズ:ワンサイズW11×H16×D4cm
重量:65g

バックパックメーカーとして誰でも知っているであろうグレゴリーのレインカバーです。サイズはワンサイズのみですが、これひとつでさまざまな容量のバックに対応できます。容量別に揃える必要がなく、グレゴリーのリュック以外にも使用できるので便利です。

SEA TO SUMMIT ウルトラシルパックカバー

created by Rinker
Sea To Summit(シートゥサミット)
¥3,520 (2023/01/26 23:12:19時点 Amazon調べ-詳細)

容量:30-50L
重量:85g
素材:3DNコーデュラナイロン(シリコン加工)

30Dウルトラシルという軽量素材を使用したシートゥサミットのレインカバーです。重さは30〜50Lでわずか85gとかなり軽量になります。軽さだけでなく装備も充実しており、胴の固定ベルトに排水穴とレインカバーに必要不可欠な機能を備えてレインカバーです。

Pruvansay リュックカバー

容量:S(15-25L)、M(25-35L)、L(35-50L)、XL(50-65L)
重量:約60-95g
素材:ナイロン

登山から通勤、通学のようなタウンユース、アウトドアまでさまざまなシーンで活躍するリュックカバーです。高伸縮性のゴムでリュックを包み込み、調整可能なクロスバックルが固定してくれるので安心感が違います。収納袋が付いていので持ち運びも簡単です。

SUNNY リュックカバー

容量:S(18-25L)、M(26-40L)、L(記載なし)、XL(56-70L)
重量:記載なし
素材:ナイロン

視認性に優れた耐摩耗性を備えたコスパ抜群のリュックレインカバーです。素材はナイロンなので、耐水性と耐久性を備えており、強風で飛ばされないように強力なリムを採用しています。大きなリフレクターが表面に装備されているので、夜間でも目立つので安心です。

OVER-ALL リュックカバー

容量:S(15-25L)、M(25-40L)、L(40-50L)、XL(50-65L)、XXL(65-90L)
重量:記載なし
素材:190Tナイロン

傘の10倍以上の防水性能を備えたOVER-ALLのリュックカバーです。防水機能だけでなく紫外線から守ってくれるUVカットに撥水性を高めるシリコンコーティングを施しているので防汚性もあります。リュックカバーと同じ素材の収納袋が付属しており、軽量で持ち運びしやすいです。

LWIN レインカバー

容量:20-35L
重量:記載なし
素材:ナイロン、ポリエステル

11色から選ぶことができるコスパに優れた無地のレインカバーです。装着は簡単でリュックに被せるだけで、約20〜35Lの容量に対応しています。安価ですが、防水コーティングを施しており完全防水仕様なので安心して使用可能です。

コールマン レインカバー

容量:約24×46×20cm
重量:約75g
素材:ポリエステル・ナイロン

世界的に有名なアウトドアブランドであるコールマンのレインカバーです。アウトドアブランドならではの機能性に優れており、バックルが付いているなど安全性も確保されているので安心して使用できます。デザインもおしゃれなので、さまざまなシーンで使用できるのも嬉しいですね。

I-loopレインカバー

容量:Sサイズ35L、Mサイズ45L、Lサイズ70L
重量:約66-83g
素材:210Dナイロン、ポリエステル

5,000mmと傘の20倍以上の防水性能を備えたレインカバーです。ロゴがプリントされているので上下を間違えて装着することはありません。大雨でもリュックを保護してくれる性能だけでなくUVカット、210Dナイロンと耐摩耗性に優れた素材を使用しているので耐久性もあります。

Nithra リュックカバー

容量:S(15L-20L)、M(20L-35L)、L(35L-50L)、XL(50L-65L)、XXL(65L-85L)
重量:-
素材:コーティング210Tナイロン

Wコーティングで超強力撥水を実現したリュックカバーです。暴風雨でもずれない設計のクロスバックルと強力ゴムバンドで問題ありません。細部にこだわる機能も充実しており水抜き穴や、出し入れが簡単なカラナビ付き収納袋が付属しています。

ミレー リュックカバー

created by Rinker
MILLET(ミレー)
¥3,218 (2023/01/26 23:12:24時点 Amazon調べ-詳細)

容量:30〜40L
重量:-
素材:100%ナイロン

インパクト大のエゾモモンガがデザインされたキュートなリュックカバーです。デザインだけでなく耐水圧は約2,000mmとレインカバーとしても機能性も十分備えています。コンプレッションストラップがありますので、強風でも飛ばされることを防いでくれるでしょう。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

竹内涼子(@ryooko.ta)がシェアした投稿


大切な荷物を突然の雨から守るためにはリュックレインカバーは必須です。山や自然の中では天候の急変はよくあることなので注意しましょう。紹介した内容を参考にしてもらいお気に入りのレインカバーを見つけてみてくださいね。

関連記事