ワークマン耐熱グローブ

コスパ最高!ワークマン(workman)の耐熱グローブをおすすめする理由

アイキャッチ画像出典:ワークマン公式

焚き火をするときに手をやけどしたこと、しそうになったことはないですか?
耐熱グローブをしていれば薪を追加するときも火の粉が飛んできたときも熱くありません。
数ある耐熱グローブの中でも、ワークマン(workman)の耐熱グローブは高品質でとてもおすすめです!
そんなワークマン(workman)の耐熱グローブのおすすめ商品をご紹介いたします。


耐熱グローブが必要な理由


出典:pixabay
キャンプで焚き火をする時は手袋やグローブが必要になりますが、軍手で代用している方も多いのではないですか。「軍手で十分」と思う方もいると思いますが、焚き火をする時は耐熱グローブが欠かせません。
その大きな理由はその名の通り、耐熱性が挙げられます。焚き火をする時は最初の着火以外にも、火を大きくするために薪の組み方を途中で変えたり、焚き火台から落ちてしまった薪を拾って入れ直したりなど、高温下での作業がたくさんあります。
この時軍手などの薄手の手袋だと、耐熱性が低く手に直接温度が伝わってしまうため火傷を負ってしまいます。
最悪の場合、手袋自体に火が燃え移ることも十分に考えられますね。そのため、耐熱性に優れた革製の焚き火グローブが必要になります。

また、焚き火が終わった後も、焚き火台はしばらく高温になっているので片付けは慎重に行う必要があります。灰を捨てに焚き火台を移動させたり、火消壺を触る際には革製の耐熱グローブを使用するのが安全ですよ。
他にもキャンプで耐熱性の高い耐熱グローブがあると便利なことがたくさんあります。
取っ手の熱いダッチオーブンやスキレットを持つ時、アツアツの焼きいもを持つ時など、火器や高温になる道具を多く扱うキャンプだからこそ、革製で耐久性に優れた耐熱グローブが欠かせなくなってきます。

ワークマン(workman)のグローブの特徴


出典:pixabay
有名アウトドアメーカーから出ている革製の耐熱グローブは、耐熱性や耐久性はお墨付きですが値段が高額になりますよね。「手袋にそんなに金額を出したくない」「安くてそこそこ良い手袋が欲しい」という方はワークマン(workman)のグローブがおすすめです。

ワークマン(workman)は過酷な現場作業にも耐えうる高品質で低価格な商品が多く取り揃えられていて、その中にたくさんの用途に適した手袋の取り扱いもあります。革製のグローブも数百円で購入できますよ。

安かろう悪かろうということはなく、数千円で売っているキャンプ用の革製グローブと比較しても引けを取らない品質の良さに太鼓判を押す人が多いです。実際にキャンプで使用している人も多くいますよ。

アウトドアメーカーではないので商品説明に“焚き火用”との明確な記載はありませんが、溶接や高温作業向けの革手袋はキャンプでも十分に使えますので、コスパの良い革製のグローブをお探しの方はせひ、チェックしてみてください!

ワークマン(workman)のグローブのメリット

安くてコスパがいい

ワークマン(workman)のグローブは、とにかく値段が安いです。1番高額なグローブでも1,000円以下ですし、安いものは199円で購入できます。
革手袋はキャンプ道具の中でもハードに使い倒すものですから、気兼ねなく使えて買い替えもできる価格帯というのは大切なポイントです。
1双から購入もできますが、3双や10双などまとめて購入することができるのも、買い足しの手間がなく嬉しいですね。

使い心地が抜群

ワークマン(workman)のグローブは革手袋特有の硬さが少なく、ほとんどのグローブにオイル加工や内綿加工されているため手にフィットします。指も曲げやすいので薪などが掴みやすく、何かと作業の多いキャンプでも使いやすいですよ。
サイズもフリーサイズから、M~LLと好みで選べるのでより自分の手のサイズにぴったりのものが購入できます。

洗って何度でも使える

いくら安くても汚れるたびに買い替えてはコスパが悪いですが、ワークマン(workman)のグローブはキャンプで使って汚れや臭いが気になり始めたらガシガシ洗っていいんです!しかも、レザーは水に濡れると硬くなるイメージがありますが、洗っても柔らかなフィット感は失われませんよ。

焚き火以外でも使用できる

焚き火以外にも熱いダッチオーブンやスキレット、ケトルを持つ時にも重宝しますし、軍手よりも滑りにくくしっかり物が掴めるのでナイフを使ってのバドリングも怖くありません。耐熱性だけでなく耐久性も高いので、とにかくキャンプでハードに使えますよ。


ワークマン(workman)のグローブのデメリット

細かい作業には不向き

ワークマン(workman)のグローブは、とにかく値段が安いです。1番高額なグローブでも1,000円以下ですし、安いものは199円で購入できます。革手袋はキャンプ道具の中でもハードに使い倒すものですから、気兼ねなく使えて買い替えもできる価格帯というのは大切なポイントです。
1双から購入もできますが、3双や10双などまとめて購入することができるのも、買い足しの手間がなく嬉しいですね。

使い始めはレザー特有の臭いがある

ワークマン(workman)のグローブに限らず革製品によくあることですが、使い始めはレザー特有の臭いがあります。不快に感じる方もいるかもしれませんが使い続けると臭いも気にならなくなってきますよ。

高いグローブと比較すると耐熱性はやや不安

ワークマン(workman)のグローブは値段や使い勝手や考えると、非常にコスパに優れた耐熱グローブではありますが、他アウトドアメーカーから出ている数千円の高級グローブと比較すると、やはり耐熱性には不安が残ります。短時間の使用であれば問題はありませんが、長時間熱いものを持っていると多少なりとも熱さを感じることがありますので無理のない範囲で使用してくださいね。

実際の声・レビューをご紹介


出典:pixabay
実際にキャンプでワークマン(workman)のグローブを使用している方のレビューも気になりますよね。いくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

<良いレビュー>

・めちゃくちゃ安い、コスパが良い

・薪がしっかり握れて、焚き火作業にぴったり

・革が柔らかい
・装着時の大きな安心感は有名グローブにも引けをとらない

<気になるレビュー>

・使い始めの臭いは気になる

・指先が太く、細かい作業には向いていない

・最初は細かい革の粉が服に付着する

先ほどご紹介したメリット・デメリットについて触れているレビューが多くありました。
値段が値段なのでどうしても気になる点は出てきてしまいますが、数百円で購入できる値段だからこそ気になる点も我慢できるという方もいます。
気になるポイントは人それぞれになりますので、安くてそれなりの耐熱グローブが欲しいという方には1度お試しで購入してみるのもおすすめです。

ワークマン(workman)のグローブ おすすめの型番

➀牛床革オイル加工背縫い手袋 WK-100

出典:ワークマン公式

サイズ:L、LL
素材:牛革
価格:199円

「とにかく安く耐熱グローブが欲しい!」という方におすすめのグローブです。人差し指と親指の間が深く作られているので親指を曲げても突っ張らず、ぎゅっと強く握れるのでキャンプでの作業にも活躍します。199円という驚きの価格です。
購入はこちらから

②牛床革オイル加工マジック付き手袋 WK-600
ワークマン 焚き火グローブ
出典:ワークマン公式

素材:牛革
価格:299円

牛床革が使われていて、オイル加工も施されているので作業がしやすい柔らかな革手袋です。マジックテープ付きなので手首にしっかりとフィットさせることができますよ。
購入はこちらから

③丈夫なカワテ(革手袋) WM-640

出典:ワークマン公式

サイズ:L、LL
素材:牛革
価格:304円

オイル加工が施されているので手の動きに沿ってしなやかに動いてくれるグローブです。物が掴みやすく作業もはかどりますよ。こちらは在庫限りで終了になるので、気になる方は早めに購入してくださいね。
購入はこちらから

④丈夫なカワテ(革手袋) 背縫い黒当て付き WM-645

出典:ワークマン公式

素材:牛革
価格:357円

こちらのグローブは人差し指と親指の間に背縫い黒当て付きです。この部分は斧やナイフを使って薪割をする時に負担がかかる部分になるので、黒当て付きでないグローブと比較すると劣化しづらく、より長く使い続けることができますよ。
購入はこちらから

⑤ワークグローブ WG-800

出典:ワークマン公式

サイズ:M、L
素材:牛床革
価格:795円

ワークマン(workman)のグローブの中で多くのキャンパーが使っているのがこちらのWG-800です。正式名称は「牛床革オイル内縫い内綿付き手袋」で、オイル加工が施されて柔らかなレザーであるとともに、内綿付きなので手を入れた時にごわついた感じがありません。
指先が立体裁断になっているのでキャンプ中の作業が非常にしやすく、カラーもブラウンなので他アウトドアメーカーかから出ている耐熱グローブと比較してもパッと見違いが分かりませんよね。
この作りと見た目で795円とコスパに優れた耐熱グローブになりますよ。
購入はこちらから

⑥溶接用革手 内背縫い手袋 5本指 ※型番不明(管理番号63424)

出典:ワークマン公式

サイズ:フリー
素材:牛革
価格:896円

今回ご紹介する中では一番高額なグローブとなります。溶接用の手袋なので、プロ仕様の耐火性の高さはキャンプでも十分使えますよ。ワークマン(workman)のグローブでは珍しい手首をしっかりとカバーする長さがあるので、焚火中に火の粉が飛んでも安心ですね。
購入はこちらから



まとめ

ワークマン(workman)で売っている、焚き火に使えるコスパに優れたグローブを紹介してきました!どれも低価格で高品質なので、初めて耐熱グローブを買う方も、ストックでもう1双購入を考えている方もぜひ検討してみてくださいね。

ワークマン(workman)以外の耐熱グローブが気になる方には、以下の記事がおすすめです。

関連記事一覧