ランタン

【ソロキャンパー必見⁉】ソロキャンプにおすすめのランタン7選紹介‼

アウトドアにおいて欠かせないアイテムなのが、ランタン。キャンプサイト全体を明るく照らしたり、料理や読書で手元に明かりが欲しい時など、様々な場面で活躍してくれます。

今回はソロキャンプにおすすめのランタンをご紹介します。ソロキャンパーさんにはコンパクトで持ち運びやすく、明かりがしっかりと確保できるものがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。



ソロキャンプのランタンの選び方

ソロキャンプの魅力は、大自然の中、ひとり静かに心落ち着かせて過ごすことですよね。とはいえ、夜になると焚き火だけでは明かりが足りないもの。

ソロキャンプではコンパクトで持ち運びやすく、しっかりと明かりが確保できるランタンをおすすめします。

タイプ別で選ぶ

ランタン

一口にランタンと言っても、その種類は様々。それぞれの特徴についてご紹介します。普段のキャンプスタイルに合ったタイプを探してみてください。

LED

LEDランタン
参照:GENTOS公式

LEDランタンは初心者にも安心な電池・バッテリー式です。火を使わないので火事や火傷の恐れもなく、安心して使えます。

点灯や消灯もスイッチひとつで、とっても簡単。燃焼しないので、一酸化炭素中毒になることもありません。テント内や手元に置いて使うことができます。

ガス

ガスランタン
参照:snowpeak公式

ガスランタンはガス缶を使用するタイプです。カセットコンロで使うCB缶や、アウトドア向けのコンパクトなOD缶などが使われます。

点火が簡単な点と、しっかりとした火力が特徴で、全体的にバランスの取れたランタンです。

キャンドルのようにゆらゆらと揺れる炎を楽しむこともできるので、おしゃれな雰囲気を演出したい時におすすめです。

燃料式

ランタン

燃料式ランタンは、ガソリンや灯油などを燃料とします。その魅力は、安定した火力を維持でき、低コストであること!
一方で取り扱いが難しく、メンテナンスも必要にはなります。

しかし、炎の燃える音や揺らぐ明かりなど、暖かな雰囲気は燃料式ならでは。ベテランキャンパーからの支持を集めています。

サイズ

ランタンサイズ

明かりが必要な場所によって、ランタンの大きさも変わってきます。

特にソロキャンプだと、キャンプサイト自体がそこまで広くないので、大きなランタンを持っていくと荷物になるかもしれません。

テントの中やトイレに行く時に持ち運べる、コンパクトなもの。キャンプサイト全体を照らすちょっと大きめなものなど、用途に合わせてランタンの大きさを考えてみることをおすすめします。

明るさ

ランタン

ランタンを使う場所によって、求める明かりも変わってきます。

キャンプサイト全体を照らしたいのなら、広い範囲に届く強い明かり。料理や読書など、手元の作業に明かりが欲しいのなら、狭い範囲を照らす柔らかい明かり。

またタイプによって明かりの強さも変わってきます。LEDランタンは、強い光から柔らかい光まで調整可能。一方、燃料式特有の炎のゆらぎは、癒し効果も得られます。

どこに置くか、どんな風に照らしたいかを想像しながら探すと、ぴったりなランタンが見つかりますよ。

機能性

ランタン

ランタンは明かりだけでなく、機能性にも注目してみましょう。カラビナ付きで引っ掛けやすいもの、マグネット付きでどこでもくっ付けられるものなど、その機能性も様々。

特にLEDランタンは明かりの調整がしやすく、色味を変えることもできるので用途に合わせて使い分けられます。

LEDランタンは防水仕様のものも多くあるので、川辺や炊事場でも使えて便利です。

デザイン

ランタン

キャンプの夜をさらに盛り上げる為には、デザインも大事な要素です。

古くから使われている燃料式のランタンは、見た目もレトロでおしゃれ。一方、最新のLEDを扱ったランタンは、スタイリッシュなデザインが魅力的。

手持ちのキャンプ道具や理想のキャンプスタイルに合わせて、デザインから選んでみるのはいかがでしょうか。



ソロキャンプにおすすめのランタン7選

ソロキャンプ向けのランタンをご紹介します。使う場所や目的などに合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

FEUERHAND(フェアーハンド)ランタン276ジンク

サイズ:15×26cm
重量:520g
タイプ:燃料式
燃料:灯灯油もしくはスターパラフィオイル
タンク容量:340ml
燃焼時間:20時間
原産国:ドイツ

燃料式ランタンの王道はこちら。そのレトロな見た目から、ポンと置いてあるだけでもおしゃれな雰囲気たっぷりです。少々強い風が吹いても火が消えることがなく、安定した火力を維持できるのが特徴です。テーブルやポールに引っ掛けて使えば、キャンプサイト全体を照らすことができます。

Coleman(コールマン)ワンマントルランタン

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥17,300 (2021/05/14 16:11:11時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:16×31cm
重量:1.4kg
タイプ:燃料式
燃料:ガソリン
燃焼時間:ホワイトガソリン
タンク容量:590ml

長年多くのキャンパーから愛されているのがこちらのアイテム。レトロな見た目に加え、ガソリンの燃焼音や柔らかい明かりが特徴。飽きが来ないシンプルなデザインは使いやすく、光量もパワフルで申し分ありません。夜をのんびり過ごしたいソロキャンプにおすすめです。

Coleman(コールマン)ルミエールランタン

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥7,000 (2021/05/14 22:25:29時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:直径7×18cm
重量:210g
タイプ:ガス式
燃焼時間:28〜38時間

スタイリッシュなデザインのこちらは、持ち運びに便利なコンパクトサイズ。ガス缶を使用するので手軽に着火できます。手元を照らしたい時におすすめ。ゆらゆらと揺れる炎は癒し効果も期待できます。

UNIFLAME(ユニフレーム)フォールディングガスランタン

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥12,500 (2021/05/14 22:25:29時点 Amazon調べ-詳細)

使用時サイズ:13.5×12×21cm
収納時サイズ:13.5×12×35.5cm
重量:1.4kg
タイプ:ガス式
燃焼時間:4時間

ひと味違うデザインのランタンをお探しならこちら。シンプルなのにおしゃれなアルミのデザインで、使わない時は発光部分が収納可能。ガラスが割れる心配もないので、安心して持ち運べます。

GENTOS(ジェントス)LEDランタン

サイズ:8×14cm
重量:355g
タイプ:LED
使用電池:単3アルカリ電池×6本
点灯時間:9〜142時間

便利なLEDタイプでも、さらに使い勝手が良いのはこのアイテム。広範囲に届く光から柔らかい光まで、明かりを3段階調整でき、点灯もボタン一つでとっても簡単。ハンドルがついて持ち運びやすく、ひっくり返して吊るすこともできます。防水性があるので、水に濡れても安心です!

blandname(ブランド名)たねほおずき

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥4,400 (2021/05/14 16:11:12時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:直径6×8cm
重量:57g
タイプ:LED
使用電池:単4アルカリ電池×3本
点灯時間:60〜100時間

ころんとしたデザインが可愛らしいこちらのアイテムは、便利なマグネット付き!ちょっと明かりが欲しい時にペタッとくっ付くので、様々な場面で活躍します。柔らかい明かりは就寝用としてもおすすめです。

BALMUDA(バルミューダ)The Lantern

created by Rinker
BALMUDA(バルミューダ)
¥14,420 (2021/05/14 22:25:31時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:11×25cm
重量:630g
タイプ:LED
使用電池:バッテリー充電
点灯時間:3〜50時間

デザインにこだわりたい方はこちら。家電メーカーで有名なバルミューダのランタンは、普段からお部屋のインテリアとしても使えるほど、とってもおしゃれ!用途に合わせて暖色と温白色に変えられるので、場所によって使い分けたい方におすすめです。

まとめ

ソロキャンプ向けのランタンについてご紹介しました。燃料式やガス、LEDなどそれぞれに良さがあります。

使用する場所やどんな明かりが欲しいのかなど、具体的なシチュエーションを考えると、ランタン探しが楽しくなりますよ。ぜひ参考にしてみてください!