×
ノルディスク タープ

大人気ブランド「ノルディスク」のタープを徹底解説!【2023年最新版】

アイキャッチ画像:Amazon

ノルディスクと聞くと思いつくのがテント、グランピングで使用されているアズガルドや女子キャンプでよく雑誌で見かけるアルヘルムではないでしょうか?

そんなおしゃれなテントと一緒に設営する見栄えの良いタープを紹介。コットン生地のレガシータイプは風合いよく人気があるタープ。
今回は機能性を重視するvossシリーズも紹介します。何度もキャンプする方におすすめです。

ノルディスクとは

ノルディスクタープ
参照:yahoo

ノルディスクは1901年デンマーク発祥のアウトドアのブランド。
オフホワイトのコットン生地は自然の景観とよく合い洗練されたデザインが魅力、キャンパーにとってひとつは持っておきたいブランドではないでしょうか。
テントとタープを両方設営すれば洗練されたおしゃれなキャンプスタイルに。北欧風デザインを取り入れたい方にはおすすめのブランドです。

ノルディスクのタープの魅力

今流行のキャンプとしてグランピングが人気を集めています。おしゃれでグラマラスなキャンプができるグランピング。
コットン生地のおしゃれなテントにノルディスクが使われています。魅力はなんと言ってもこのコットンの生地。
カーリはコットンが使われており張りがあるので設営しやすいのが魅力。簡単に設営しやすく見栄えがいいですよね。

自然に溶けこむナチュラルなデザイン

ノルディスクタープ
参照:yahoo

カーリタイプのタープは白いので他のキャンパーに引けを取らないほど目立つこと間違いなしでしょう。
ノルディスクタープはカーリシリーズとvossシリーズがあります。大きな違いは素材です。
カーリはコットン生地でオフホワイト、vossはポリエステルです。
自然に溶け込むカーリシリーズは人気があり、ぜひ一度は設営したいと思うキャンパーが多いのではないでしょうか。

耐久性のある素材

ノルディスクタープ
参照:yahoo

カーリタイプの素材はコットン。コットンだと耐久性や防水性は大丈夫かと心配する方も多くいるはず。
そこは安心してください。カーリの機能性は充分です。
ポリエステル65%、テクニカルコットン35%のオリジナルコットンを使用。
コットンは水に弱いというイメージですが、耐水性の強いポリエステルを混合しました。加えて撥水加工も施してあるので雨の日でも安心です。

テントとの連結が可能

ノルディスク タープ
参照:amazon

カーリはコットン生地と先ほど紹介しましたが、テントも同じコットン生地なので、同じ風合いの生地でドッキングすればインスタ映えします。
見栄えが良くおしゃれですよね。

機能性も高く連結可能なタープとテントが連動した作りは雨の日も濡れを気にすることなく動きやすい環境になります。

ノルディスクのタープの選び方

ノルディスクタープは2種類のシリーズがあり、コットン生地のカーリシリーズと機能性が高いvossシリーズがあります。
機能性を重視するならvossシリーズ、コットン生地が映えるカーリシリーズを選択すると良いでしょう。
あとはサイズやタープの形で選びましょう。

サイズの選び方、形での選び方を紹介します。

サイズで選ぶ

ノルディスク タープ
参照:amazon

サイズで選ぶ方には、人数で選ぶのが簡単に選べることができます。3、4人なら「カーリ12」ヘキサ型です。
広げると7畳ぐらいの大きさになります。コンパクトなので設営も収納もしやすいですね。

7、8人ぐらいの人数なら「カーリ20」がおすすめ。広げると11畳ぐらいの大きさ、空間を広くとれ自由にアレンジできるのがいいですね。

ソロキャンプに対応できるタープもあります。小型の「カーリミニ」は、ノルディスクのテントと組み合わせるのがおすすめです。

タープの形で選ぶ

ノルディスク タープ
参照:amazon

タープの形はヘキサ型とダイヤモンド型があります。ダイヤモンド型とありますが俗にゆうウィング型です。
ダイヤモンド型は少人数対応「ダイヤモンド10」と大人数対応「ダイヤモンド20」があります。

ヘキサ型は長方形型です。少人数でも横長なのでダイヤモンド型よりも広く感じるかもしれません。
小人数対応「カーリ12」、大人数対応「カーリ20」があります。

ノルディスクのタープ紹介

今まで紹介したタープの中にもいろいろありますのでご紹介します。今回は口コミも紹介しますので決め手に欠ける方や不安に思う方には参考になると思います。

耐久性の高い「カーリ」シリーズ

ノルディスクタープ
参照:yahoo

見栄えの良いカーリシリーズ、様々なキャンパーに人気があります。見栄えだけと思いがちですが、機能性も高く生地はポリコットンという素材を使っています。
ポリコットンとはポリエステルとコットンを混合した生地、耐火性に優れ焚き火や調理してても安心です。撥水加工してあるので雨でも大丈夫。

カーリ12

・カラー:ナチュラル
・サイズ:300x400cm
・素材:ポリエステル65%、コットン35%
・耐水圧:350mm
・重量:7.5kg
・収納サイズ:94x30cm
・ポール:スチール製2本(高さ260cm) ペグ:スチール製V型10本
・ロープ:5.0mm PPガイロープ

4〜5人で使うには、大きすぎず小さすぎずちょうどいいとです。
ポールが長いので短くなったらいいと思いました。

出典:amazon

ファミリー向けや4, 5人向けのタープにはちょうど良いサイズのようです。ポールの調節ができるといいかもしれませんね。
ポールが長すぎるという口コミが多く感じられました。

カーリ20

・アイテム:Kari 20 Basic Cotton Tarp Incl. Pegs/Poles/Guy Ropes (モデルNo.:142018)
・サイズ:(L x W)400 x 500cm、重量:9000g、材質:コットン / ポリエステル、耐水圧:フライシート:350mm
・付属品:パックサック/収納袋(18 x 78 cm)、Vペグ:10本、ガイロープ(三角スライダー付き)、ポール × 2本

タープは広々と明るく最高です。ロープも沢山入っていますが、ほつれがあるため、4点。

出典:amazon

コンパクトなのでキャンプ初心者には設営しやすいタイプ。テントと一緒の設営も簡単にできます。
コットン生地なので温かみのあるタープになっています。自然の中でのキャンプにオフホワイトのタープが映えますね。

カーリダイヤモンド10

・サイズ:400 x 510 cm
・重量:6.5kg
・カラー:ベーシック
・ペグ、ポール付き

スペシャル感が出てすごくカッコいいです
不器用な四十路過ぎおばさんですが一人で30分程度で張ることができます
重たいですがオススメです!

出典:amazon

初心者でも設営しやすいのがノルディスクタープの魅力。ピンとした布なので扱いやすいです。コットンの特徴なんでしょうね。このカーリータイプは初心者でも設営しやすくかっこよく映えるのでおすすめです。

カーリダイヤモンド20

・素材:テクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
・サイズ:575×740cm
・重量:9.9kg
・収容人数:7~8人
・耐水性:350mm
・付属品:スチールポール2本、スチールペグ6本、ロープ

広々と快適なバーベキューができました。作りもしっかりしていて大変丈夫な製品です。また、部品にもシロクマのマークがプリントされているところもとても気に入りました。

参照:Rakuten

広々としたカーリダイヤモンド20シリーズ。大人数でもタープ の中でバーベキューができるほど広く耐火性もあります。ひとつひとつしろくまマークがついていてこだわりを感じられます。

耐水性の高い「voss」シリーズ

ノルディスクタープ と言えば、コットンシリーズのタープ が代表的かもしれませんが、こちらのvossシリーズは耐久性がよく機能性や軽さで選ぶならこちらをおすすめします。 vossはポリエステル素材で撥水性もよく持ち運びも軽いのが特徴。カラーはグリーンなので他の色合いのテントにもバランスが良いのではないでしょうか?vossのシリーズを紹介いたします。

voss 9 PU

・カラー:ダークオリーブ
・素材:ポリエステル100%(リップストップ、PU)
・収納サイズ:20×33cm
・重さ:1010g

素材、色合い共に大変気に入りました。私観ですけど、D◯タープの高級バージョンになる感じかな?購入して良かったです。サイズ違いも検討中。

出典:yahoo

3、4人対応のタープ、形はレクタタープです。少人数のキャンプに良いですね。強度がアップし高い遮熱性、耐水性も抜群です。軽量なので収納もしやすく持ち運びしやすいのが魅力です。

voss 14 PU

・カラー:ダークオリーブ
・素材:ポリエステル100%(リップストップ、PU)
・収納サイズ:20×33cm
・重さ:1310g

雨の日にコットンタープの代わりとして購入しました。 ロープを引っ掛けるループが沢山あり、収納袋にも色々な張り方のバリエーションが載ってるので、スキルがなくてもある程度アレンジを効かせることができるタープだと思います。 個人的に良いと思うポイントは、素材がポリエステルなので雨でも気軽に使えて安いところ、それでいて白くまロゴが所有欲も満たしてくれるところ、収納もコンパクトで持ち運びが楽なところ(ポール別なのもありがたい)、コットンテントとも合わせられる色味などです。 良くないと思うポイントは、ポールのハトメがなくループを2重にまかないといけないところ、収納袋が少し小さいところくらいです。 ノルディスクにコスパを求めるのは違う気がしますが、このタープはノルディスクにしてはコスパが高いタープなので、そこまでブランド価値を感じない方にもおすすめです。

出典:yahoo

設営する時にすでに雨が降っていた場合、vossシリーズの出番です。ポリエステル素材なので雨を弾き風向きによってアレンジができるのがいいですね。ノルディスクの白いテントにも合いそうです。

voss 20 PU

・素材:材質:100%ポリエステル エンボス加工リップストップ
・重量:1750g
・静水圧:3000mm
・カラー:Dark Olive
・付属品:ガイロープ

テントがレイサ6で日差しに弱いので、これまでカーリ20を被せる感じで使用していましたが、とにかく収納サイズが大きくて重さもかなりなものでした。そして、先日土砂降りの中泥だらけに汚しながら必死で撤収した経験から、ヴォス20への鞍替えを決意しました。まだ使用する機会はないのですが、届いてからカーリとのギャップに驚かされました。コンパクトなのはポールもない分当然といえば当然ですが、軽さは流石のPU。展開サイズはほぼ大差なさそうなので、これからかなり重宝しそうです。カーリはデイキャンプやバーベキュー等で使い分ける予定です。商品は国内正規品で間違いなかったです。

出典:yahoo

7、8人用の大きめのサイズ、日陰が多く取れて大きめのサイトにも適応するのではないでしょうか?
夏の暑い日差しにもこのタープがあればアレンジも幅広く対応できそうです。軽いのも大きなポイントです。

voss ダイアモンド PU

・カラー:ダークオリーブ
・素材:ポリエステル100%
・サイズ:使用時/長さ300 × 幅310cm 収納時/直径22 × 長さ35cm
・重量:660g
・耐水圧:3000mm

梱包は問題ありませんでした。配送も予定通りでしたし、対応も丁寧でした。今後、欲しい商品を取り扱われていた場合また購入させてもらおうかと思います。

出典:yahoo

残念ながら商品についての口コミがなかったのですが、こちらはダイヤモンド型のvossのタープです。風に強く風向きがよく変わる山のキャンプに最適ではないでしょうか? 耐水性も抜群でポリエステルの素材なので軽く持ち運びしやすいです。

voss 14 SI

[item link post_id=”61025″]

・素材:100% Nylon,68D,Rip−stop
・サイズ:260cm×220cm
・重量:880g
・カラー:Dark

商品の発送も早く包装の仕方も良くてとてもいいストアーです。

出典:yahoo

こちらも口コミは商品についてなかったのですが、こちらはハンモックにもなり、ポンチョにも様変わりする多機能タープです。
防水性もあるので緊急の場合防水シートにもなります。ソロキャンプ仕様で、寒さも防げてひとつ持っていると安心してキャンプ生活できます。

voss 20 SI

・素材:100%ナイロン、リップストップ、両面シリコン3レイヤー
・サイズ: 2D/460×430cm、収納サイズ:28×34cm、重量:1350g
・付属品:ガイロープ(2.5 mm、PP、10個の三角ロックスライダー付き)

色形ともに思っていた通りの商品で大満足です。

7、8人対応のタープです。こちらも軽量で耐水性に強く急な雨でも快適に過ごせます。深いグリーンがかっこいいですね。レクサタイプなのでいろいろアレンジできます。

voss ダイアモンド SI

・素材:ナイロン100%、リップストップ、織り糸の厚さ40D、打ち込み本数240T、引裂き強度15.1kg、シリコンコーティング
・サイズ:Size2D/310×300cm
・重量:500g
・付属品:リフレクター、2.5mmポリエステル製ガイロープ、ノルディスク アルミニウム製トライアングル型スライダー

安くはないが高品質だ

出典:yahoo

外国の方からの口コミでした。軽量でダイヤモンド型のタープ。
小型のテントをタープの中に設置する事もできます。防水性の高いタープなので雨が強く降る時におすすめです。

まとめ

ノルディスク タープ
参照:yahoo

ノルディックタープを紹介しましたが、いかがでしたか?今回は人気のある「カーリ」シリーズと機能性重視の「voss」シリーズそれぞれを紹介しました。

最終的には好みで分かれると思いますが、金額にもよるのでどれがいいとか決められないのが現実ですよね。
今回あんまり口コミが少なく参考にならなかったかもしれませんが、どれも高品質ですので安心してお使い頂けると思います。

秋が深まるキャンプ日和にノルディスクタープおすすめです。

関連記事