×
アウター

【レディース編】ザ・ノース・フェイスの人気アウターおすすめ7選!

アイキャッチ画像参照:NORTH FACE

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)は言わずと知れた人気NO.1アウトドアブランド。
というか、その知名度と人気で、もはやアウトドア・スポーツブランドというより、アパレルメーカーがアウトドア・スポーツカテゴリを作っているんじゃないの?と思っている方も多いハズ。
特にレディースはまだまだ浸透していないので、逆にこれを見て先取っちゃいましょう!

ザ・ノース・フェイスのアウターはアウトドア&普段使いで活躍!


参照:NORTH FACE

とにかくタウンユース度抜群なのがNORTH FACEの特徴。無印良品的なシンプルさが好きな方にはとてもオススメです。アウトドアブランドと言えば、たいてい派手な色使いが多い中、また、アメリカのアパレルウエアとして見ても、シックでシンプルなデザインと色使いは飽きが来ず、世界中で受け入れられています。
もちろん、アウトドアブランドならではの高機能も必見。高機能だからこそ、薄手の素材でも風を通さず暖かかったり、長年使用してもくたびれないのです。

ザ・ノース・フェイスの人気アウターおすすめ7選

ではここから、実際の人気アウターおすすめ7選を紹介していきます。

クライムライトジャケット(レディース)

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥85,500 (2023/01/26 23:14:28時点 Amazon調べ-詳細)

素材:ナイロン

女性ならでは、スリム見えするジャケット。リュックを背負っても動きやすいですよ。
素材はゴアテックス社のゴアテックスマイクログリットバッカーを採用。軽量でありながら防水性能もあるレインジャケットです。

ジャケット ドットショットジャケット レディース NPW61930

素材:表側 ナイロン100%、裏側 ポリウレタンコーティング
重さ:約270g(Lサイズ)

ザ・定番。THE NORTH FACEと言えばこれ、と言っても過言ではない防水薄手のジャケット。素材には軽量なハイベント2.5層を採用しており、非常に軽くしなやかな着心地が特徴です。先程ご紹介したクライムライトジャケットがタイトなのに対して、こちらはややゆったりめなので、中にフリース地のトップスなどを着込んでもOKですよ。
春はお花見、秋は紅葉狩りなど、朝晩と日中の寒暖差が激しい時期にも、コンパクトにたたんでバッグに忍ばせておいて、寒くなったり、いざ雨が降ったときにも大活躍です。
冷気を遮断する機能はあるものの、やはり冬の寒い時期にはこれだけでは厳しいので、基本は3シーズン。冬は1枚多く重ね着をすることで対応しましょう。

コンパクトジャケット(レディース)

素材:ナイロン

先の紹介した2つが、どちらも機能性重視だとしたら、こちらはコンパクトさ重視のジャケット。もちろん機能をないがしろにしているわけではありませんが、比較的ライトなジャケットです。
予備でバッグに忍ばせておく、というのが王道の使い方でしょうか。

中綿 ジャケット ライモジャケット レディース

素材:<表地>DD Stretch Ripstop with DWR(ナイロン82%、ポリウレタン18%)<中わた>V-Motion Insulation(ポリエステル100%)<裏地裾周り>PERTEX Quantum DIAMOND FUSE(ナイロン100%)
重量:約645g(Lサイズ)

クライマーにオススメのこの一着。停滞時の暖かさを重視し、中わたには蛇腹状の化繊わたを採用。かさ高がありながら軽量で、ストレッチ性にも優れているうえ、洗濯しやすいとあって、アウトドアラー・キャンパーにはたまらないですね。内ポケットは、クライミングシューズなどが収納できる大きなもの。ハーネスなどクライミングギアが干渉する裾内側は高強度ナイロン素材で補強しています。

マウンテンダウンコート

<表地>70D Recycled GORE-TEX(2層)(表側:ナイロン100%、裏側:ePTFE)<肩>Nylon Tussah GORE-TEX(2層)(表側:ナイロン100%、裏側:ePTFE)<中わた>Green Recycled CLEANDOWN(ダウン80%、フェザー20%)<裏地>PERTEX Quantum(ナイロン100%)<ファー部分>ECO Fur(ポリエステル80%、モダクリル20%)<基布>ポリエステル100%

ノースフェイスの中でも高い人気を誇る「マウンテンダウンコート」。
カジュアルながらもスタイリッシュで、普段使いからビジネスシーンまで対応できる一着です。
防水効果の高いゴアテックスを採用しているので、雨や雪の日にも気兼ねなく使えるのもうれしいポイント。
フードファーは取り外し可能で、両サイドのポケットもおしゃれで使い心地抜群です。
高性能なアイテムなので、アウトドアにも大変おすすめですよ。

アストロライトジャケット

素材:<表地>20D Double Weave Woven Dot Baffle(ナイロン100%)<中わた>CLEANDOWN 900(ダウン95%、フェザー5%)<前身裏地>15D/20D Nylon Taffeta(ナイロン100%) Function 袋織状ドットバッフル
原産国:中国
Weight:約285g(Lサイズ)

動きやすいスリムなデザインと、軽量かつ高い保温性で冬のお出掛けに最適な「アストロライトジャケット」。
ナイロン生地を袋織状にしたバッフル構造により、縫い目を少なくした肌ざわりのよさも評判です。
コンパクトに収納できるスタッフサック付きで、旅行用のアウターにも重宝します。
普段使いにうれしいカラー展開で、冬のマストアイテムになるでしょう♪

ライトヒートジャケット

素材:リサイクルナイロン

「ライトヒートジャケット」は、空気のように軽いダウンジャケットです。
コートの中に着られる細身のシルエットデザインは、スポーツ時にもおしゃれを楽しみたい方におすすめです。
光電子®プロダウンによる高い保温性により、これひとつでも十分に寒さを防いでくれます。
軽くて丈夫な素材で、乾燥時に起きやすい静電気を防ぐ静電ケア設計が採用されているのもうれしいポイントです。
ポケットに本体を収納できるポケッタブル仕様のため、さまざまな用途で使えるでしょう。

ショートヌプシジャケット

素材:<表地>50D Nylon RipStop with DWR(ナイロン100%)<中わた>GreenRecycled CLEANDOWN(ダウン80%、フェザー20%)<肩部分・裏地>Nylon Cloth(ナイロン100%)
重量:約575g(Lサイズ)

ノースフェイスの定番人気「ヌプシジャケット」のショート丈タイプは、ダウンの重さを感じさせない短め丈が魅力です。
中綿にはエコなリサイクルダウンを採用。
撥水加工された生地を使用し、肩部分はナイロン素材で補強されています。
静電気の発生を抑制する静電ケア設計も人気のポイントです。

ザ・ノース・フェイスのアウターを使ったコーデ4選

レディースのアウター、どれもほしくなっちゃいますね。ここではその気持がもっと高まっちゃうかもしれない、素敵なコーデを4選、ご紹介しちゃいますね!

1.「ザ・定番をなんなく着こなす」


定番に走りたくなる気持ちはよーくわかります。特に最初の一着は。でもそうなると「みんな同じ」ということに悩まされそう。そんな不安を払拭してくれるかのような、定番ヌプシジャケットをまとった素敵なコーデ。そこにヌプシがあるのが当たり前のような自然体がカッコイイですね。

2.「クールかわコーデ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

あゆり🍎(@ayuri__68)がシェアした投稿


NORTH FACE定番の黒。でもちょっと味気なかったり、クールになりすぎたり?
彼女のコーデはそんな黒を「カワイイ」に引き上げているのがポイント。着こなしって大事ですね。

3.「とことんリサイクル」

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE NORTH FACE JAPAN(@thenorthfacejp)がシェアした投稿


今年NORTH FACEが始めて取り入れたのは、リサイクルの素材をそのまま使うこと。無染色のその風合いは人類史上初と言っても過言ではないかも。無印でもなく、白でもない。そのままのリサイクル素材が新しい。

4.「生まれくるお子さまにも」

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE NORTH FACE JAPAN(@thenorthfacejp)がシェアした投稿


アウトドアやキャンプというと、どうしても活動的なイメージが有り、NORTH FACEにもそのイメージが付きまとっているかもしれません。しかし、さすがNORTH FACE。マタニティまでカバー。夫婦で、そしてゆくゆくはお子さんと一緒にNORTH FACEっていいですね。

まとめ


参照:NORTH FACE

いかがでしたか、レディースのアウター。NORTH FACEを知れば知るほど、その限界が無いのに気付かされます。さすが、北壁を意味するブランド名に表される、あくなき挑戦のイメージは、今も常に進化し続けています。

関連記事