キャンプで本格的なコーヒーを楽しむ方法とおすすめ道具17選

アイキャッチ画像出典:Unsplash

良い景色や雰囲気の中で飲むコーヒーは美味しいですが、コーヒーの淹れ方により美味しさ加減も変わってくるものです。
自宅ではできない、アウトドア・キャンプでのこだわりのコーヒーの淹れ方を見つけてみましょう。



キャンプでのコーヒーの淹れ方は3種類

 

この投稿をInstagramで見る

 

o-ta(@shin0ota)がシェアした投稿

キャンプでコーヒーを淹れる時の基本的な方法としては、「ドリップする」「パーコレーターを使う」「コーヒープレスを使う」の3つがあります。

それぞれ専用のギアが何種類もありますので、ファミリーキャンプ、ソロキャンプ等によりギア選択の楽しみも広がります。
それぞれの淹れ方を簡単に説明し、専用のギアも紹介していきます。

ドリップ


出典:Amazon

ドリップは紙製等のフィルターにコーヒー粉を入れて、上からお湯を注ぐハンドドリップの淹れ方です。
お湯の注ぎ方を工夫をすることにより、自分好みのコーヒーを入れることができます。
ケトルが必須なのでご注意ください。

パーコレーター


出典:Amazon

バーナーか直火にかけてコーヒーを抽出するポットです。
内側のバスケットにコーヒー粉を入れると、内部のストローに水が循環し、コーヒーができあがります。
水と粉さえあれば、どこでもコーヒーを作れる便利なギアです。

パーコレーターについてより詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

コーヒープレス

出典:Amazon

コーヒー粉をメッシュのフィルターに入れお湯を入れて、プレスしてコーヒーを抽出するポット型の抽出器です。
掃除の手間も少なく、簡単にコーヒーを淹れることができるギアです。

エスプレッソメーカー

 

この投稿をInstagramで見る

 

azu(@az3t0)がシェアした投稿

まずコーヒーの粉を専用のホルダーに入れ、タンパーで粉を押してからホルダーをマシンにセットします。
それから抽出ボタンを押し、内部にあるポンプの気圧を調整し、エスプレッソを抽出していきます。

高い圧力を掛けて短時間で抽出するので、細かい泡ができるのが特徴です。



コーヒーミルのおすすめ6選

UNIFLAME(ユニフレーム) UFコーヒーミル

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥6,600 (2021/05/14 23:05:56時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:幅Ф8.4×高さ19.2cm
重量:430g

UNIFLAME(ユニフレーム)製の軽量コンパクト手挽きミルです。豆こだわる方におすすめのミルです。
ソロキャンプ用に使い勝手の良いサイズ感です。
収納時はさらにコンパクトサイズになります。

Kalita(カリタ) コーヒーミル 手挽き ブラウン KH-3BR

【Amazon.co.jp限定】カリタ Kalita コーヒーミル 手挽き ブラウン KH-3BR #42078
カリタ(Kalita)

サイズ:幅17×奥行き8.5×高さ21cm

老舗のコーヒー関連器具メーカーの手挽きミルです。
挽き目の調整が可能なので、お好みに合った挽き方ができ、単純にコーヒー豆を挽いてる時間が楽しくなるギアです。

HARIO(ハリオ) コーヒーミル 透明ブラック 手挽き セラミック スリム MSS-1TB

サイズ:幅15×奥行き7.24×高さ22cm
重量:250g

スタイリッシュで洗練されたデザインが目を引く、省スペース収納手挽きミル商品です。
粉受け部がスケルトンなので挽いた分がひと目で分かるので便利です。

Kalita (カリタ) コーヒーミル 手挽き 電池式 コーヒーグラインダー

サイズ:幅7.6×奥行き7.6×高さ24.1cm
重量:梱包重量 408 g

洗練されたエレガントな外観の電池式ミルです。
電池式ミルなのでキャンプなどのアウトドアでも手軽に使えるギアになっています。

macros (マクロス) 電動式オールインワンコーヒーメーカー MEK-62

ミル付き オールインワン コーヒーメーカー カフェラベル 手動式 MEK-62 | ドリップ おしゃれ ステンレス オフィス 職場 アウトドア キャンプ コーヒー マクロス ( macros )

サイズ:幅Ф9×高さ22cm
重量:750g

充電式なので屋外でも手軽に使えます。
挽く・淹れる・飲むがこれ1つでできてしまう優れもので、初心者に人気の高いギアです。
オフィスに持って行ってもいいですね。

PEARL METAL(パール金属) ハンディ―タイプ ミル

サイズ:幅Ф46×高さ13.5cm
重量:219g

日本の料理器具メーカー、PEARL METAL(パール金属)の手挽きミルです。
軽量コンパクトでポケットにも入ります。安心の日本製なので耐久性にも優れています。
安いのに質が非常に高いことが人気の要因です。

コーヒーミルについてより詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

ドリッパーのおすすめ3選

snow peak(スノーピーク) フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」 CS-113

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,300 (2021/05/14 23:05:59時点 Amazon調べ-詳細)

使用時サイズ:幅10.4×奥行き10.4×高さ9.6cm
収納時サイズ:幅17.0×奥行き14.0×高さ1.4cm
重量:140g

snow peak(スノーピーク)の折りたためるドリッパーになります。
キャンプに持って行くのに折りたためることは必須ですが、さらにデザイン的にもフォールディングタイプの「焚火台型」を模している点に遊び心を感じます。

ZAFIELD(ザ・フィールド) コーヒードリッパー

<1~2人用>
使用時サイズ:幅Ф11.5×高さ6.5cm
収納時サイズ:幅Ф11.5×高さ3.0cm
重量:83g

<1~4人用>
使用時サイズ:幅Ф15.0×高さ8.0cm
収納時サイズ:幅Ф15.0×高さ3.0cm
重量:110g

形状がバネ状になっている折りたたみタイプのドリッパーです。
ソロキャンプで使い勝手のいい<1~2人用>と、ファミリーキャンプ用の<1~4人用>の2種類ラインナップされていますので、使い分けができる点が便利なギアです。

OUTDOOR MAN(アウトドアマン) ポータブルコーヒーメーカー KK-00417

サイズ:幅8.5×奥行き8.5×高さ20.2cm
重量:510g

OUTDOOR MAN(アウトドアマン)の手動ミル、ドリップフィルター、ドリップマグ、タンブラー、タンブラーキャップ、メジャーカップがコンパクトに収納されているオールインワンなキット商品になります。

このギアとお湯、コーヒー豆さえあれば、いつでもどこでも挽き立てのコーヒーが楽しめます。



パーコレーターのおすすめ3選

snow peak(スノーピーク) ステンレス パーコレーター6カップ PR-006

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥17,500 (2021/05/14 23:06:01時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:幅11.4 ×奥行き11.4 ×高さ19.1cm
重量:820g

日本が誇るアウトドアメーカー、snow peak(スノーピーク)の商品になります。
焚き火に直接かけて使うことができるオールステンレス製なので、気を使うこと無くワイルドに使うことができます。

Coleman(コールマン) ステンレスパーコレーター3

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥6,500 (2021/05/14 23:06:01時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:幅12×奥行き23×高さ17cm
重量:630g

アメリカの代表的アウトドアメーカー、Coleman(コールマン)のギアになります。
容量が約6カップ1.3Lあるのでファミリーキャンプ向けです。
主に18-8ステンレスで作られているので、剛性にも問題はありません。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) コーヒーポット ステンレス製パーコレーター

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,910 (2021/05/14 23:06:02時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:幅17.0×奥行き10.5×高さ14.5cm
重量:390g

日本のメーカー、CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) の人気ギアです。
ソロキャンプ向けの軽量コンパクトサイズになっています。
主に18-8ステンレス鋼で作られていますが、お手頃な価格になっています。

コーヒープレスのおすすめ3選

snow peak(スノーピーク) チタンカフェプレス3カップ CS111

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥6,790 (2021/05/14 23:06:03時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:幅Ф8.2×高さ14.0cm
重量:200g

日本が誇るアウトドアギアメーカー、snow peak(スノーピーク) の商品です。
ステンレス製なので気を使わないワイルドな使い方ができます。
持ち手が折りたためるのでコンパクトに収納できます。

ESPRO(エスプロ) コーヒープレス ブラック 473ml 超軽量 ウルトラライト

サイズ:幅Ф6.5×高さ23.5cm
重量:277g

軽量コンパクトでポケットにも入るサイズです。
ステンレス真空断熱二層構造なので保温性能も優れている商品です。

ESPRO(エスプロ) コーヒープレス エスプロ・プレス P7

created by Rinker
ESPRO(エスプロ)
¥12,692 (2021/05/14 23:06:05時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:幅13×奥行10×高さ23cm
重量:907g

オールステンレスでスタイリッシュで丈夫な作りになっている商品です。
真空二重成型なので保温性能も充分で、外側も熱くならず、使い勝手が良いものです。

エスプレッソメーカーのおすすめ2選

BIALETTI(ビアレッティ) モカエキスプレス

created by Rinker
BIALETTI(ビアレッティ)
¥3,227 (2021/05/14 23:06:05時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:9×16×16.5cm
重量:460g

数あるコーヒーメーカーの中でも、圧倒的な人気を誇るのがBIALETTI(ビアレッティ)のモカエキスプレスです。
家でもお店のコーヒーの味を楽しめると言われるほどの、驚異的なクオリティの高さに度肝を抜くこと間違いありません。
深みのあるコーヒーの香りと味を存分に楽しんでください。

また、アルミ製なので直火でも可能で、ソロキャンプにちょうどいいサイズになります。

WACACO(ワカコ) Minipresso NS

サイズ: 幅20×奥行き7.5×高さ7.5cm
重量:372g

WACACO(ワカコ)製の超軽量コンパクトなエスプレッソマシンです。
セミオートマチックのピストンで上質なエスプレッソを抽出することができる商品です。

まとめ

キャンプで本格的なコーヒーを楽しむ方法としては「焚き火(直火)で使えるギアを選ぶ」ことが、
ソロキャンプの場合は「軽量でコンパクトな商品を選ぶ」ことが重要なポイントになると思います。

お気に入りのコーヒーメーカーとともに、自然の中で極上の一杯を堪能しましょう。

コーヒーとご一緒にキャンプでスイーツもいかがですか?