×

【焚き火に強い!】テンティピのおすすめテント10選!【2024年最新版】

アイキャッチ画像出典:pharus公式サイト

寒くなってくるとテントの中で温まりながらアウトドアを楽しみたくなりませんか。テンティピのテントは焚き火やストーブがテントの中で使えるので温かく過ごせます。調理・団らん・食事・睡眠と全てテントの中で完結するので快適な時間を過ごせるでしょう。今回はテンティピの魅力とおすすめテントをご紹介します。

テンティピとは


参照:pharus公式サイト

テンティピは方向スウェーデン発のアウトドアブランド、夏は30℃冬はマイナス45℃になる場所で開発される商品は様々な気候に対し共存できるように設計されています。

スカンジナビアの少数民族サーミ人およびアメリカの先住民インディアンが炊事・洗濯などの家事をすべてしていた住居を元につくられ、シンプルな構造であるため設営が簡単で、円錐状なので風にも強く安心してアウトドアを楽しめ、ユニークなデザインと共に快適な居住空間を提供します。

テンティピテントの魅力


出典:pharus公式サイト

キャンプファンには知られているテンティピですが日本での認知度は低く、キャンプ場で見かけるのは少ないのではないでしょうか。多数あるテンティピテントの魅力の中で3つ「ティピー型で設営が簡単」「熱に強い素材」「かわいいデザイン」についてご説明します。

ティピー型で設営が簡単


参照:pharus公式サイト

テンティピテントはティピー型で組み立て・設営が簡単です。中心のポールを立て幕を張るだけで設営できるので初心者でも20分程度で完成できます。

熱に強い素材


参照:pharus公式サイト

ポリコットンと呼ばれるオーガニック素材の「コットン」と化学繊維の「ポリエステル」を混紡した素材で、外の新鮮な空気を取り組みつつ中のこもった空気を出してくれます。

通気性と防水性に優れ火にも強い野江テント内でストーブや焚き火をすることも可能。

かわいいデザイン


参照:pharus公式サイト

大きな魅力の1つであるデザイン性、シンプルで自然にマッチしおしゃれ。オーガニックなベージュ・パープルカラー・パープルブラウンなど落ち着いた色合いが多く周囲になじみやすいのでゆったりできます。

テンティピテントの選び方


参照:pharus公式サイト

テンティピテントは豊富なサイズバリエーションで大人数でも対応し、さらに機能性で3つのモデルに分類できます。ぜひご自身の用途に合ったテンティピテントをみつける参考にしてください。

サイズで選ぶ


参照:pharus公式サイト

テンティピテント2人用から15人用までサイズがあります。サイズによって収納サイズ・重量などが変わってきますのでご自身のキャンプに合ったものを選びましょう。

テンティピテントの3つのモデル


参照:pharus公式サイト

テンティピテントは機能性で3つのモデルに分類されます。

オニキス(Onyx)


参照:pharus公式サイト

シンプルなベーシックモデル、機能を最小限に抑えたタイプで初心者向きです。

ジルコン(Zirkon)


参照:pharus公式サイト

オニキスの機能性がアップし快適さもアップしたミドルモデル。

サファイア(Safir)


参照:pharus公式サイト

より高品質な生地を使い耐久性や機能性がアップし、過酷な天候にも適応できるプロ向きのモデル。

テンティピのおすすめテント10選


参照:pharus公式サイト

テンティピテントの魅力はお分かりいただけたでしょうか。ではおすすめのテントをご紹介します。お気に入りのテントを見つけましょう。

テンティピ 2人用テント オリヴィン 2 CP Pro

基本情報
・収容人数:1~2人
・使用サイズ:直径280×高さ170cm
・重量:約5.3kg

テンティピ最小モデル、大型の耐久性・使い勝手をそのままにしコンパクト化した2人用。サファイヤCPと同じ生地を用いて安心感ある造りとなっています。

テンティピ Tentipi ジルコン 7 CP

基本情報
・収容人数:4~8人
・使用サイズ:直径450×高さ270cm
・重量:約10.9kg

ご家族や友人とキャンプを楽しめるタイプです。水・泥に強い素材を用いたボトムスカート、二つのジッパーを備えたモスキートネット付ドアなどあが特徴でストーブも設置できます。

テンティピ Tentipi サファイア 9 CP

基本情報
・収容人数:6~10人
・使用サイズ:直径530×高さ310cm
・重量:約13.6kg

広々の大人数で使用できるタイプ。テンティピの中でもハイエンドクラスの軽量テントで設置もしやすく様々な天候にも対応でき、大人数でのキャンプを思う存分楽しめます。

テンティピ Tentipi サファイア 15 CP

基本情報
・収容人数:10~16人
・使用サイズ:直径600×高さ360cm
・重量:約21.2kg

大人数で利用できるので2~3家族一緒に楽しめます。広々とした空間でゆったりでき年配の方も安心してゆったりできます。

テンティピ Tentipi インナーテント コンフォート 2 ハーフ FI-IT2H

基本情報
・収容人数:サイズによって異なります。
・使用サイズ:2サイズ(オリヴィン用)
・重量:0.9kg

待望のハーフインナーサイズ。サイズは2・7・9があり、用途に合わせて選択できます。2か所にエアインテークを備えており風通しが良く、おしゃれなデザインで気分も上がります。

テンティピ Tentipi サファイア 7 CP

基本情報
・収容人数:4~8人
・使用サイズ:直径450×高さ270cm
・重量:10.9kg

設置がしやすく10分~15分程度で設営でき、ストーブも使用できるので1年間通して活用できます。大人数や家族など休日のカーキャンプに最適です。

テンティピ Tentipi オニキス 9 CP

基本情報
・収容人数:8~10人
・使用サイズ:直径530×高さ310cm
・重量:約13.6kg

ベーシックタイプでシンプルなオニキスは初めて家族でキャンプする方にも安心して使用できるテンティピ。リーズナブルな価格でもCP生地はジルコンと同じなので、ゆったり快適にキャンプを楽しめるでしょう。

テンティピ オリヴィン 2 CP

基本情報
・収容人数:1~2人
・使用サイズ:直径280×高さ170cm
・重量:約1.9kg

初心者でも使いやすく山歩きなどにも持参できる2人用のテンティピ。簡単な設営で急な悪天候にもすぐに対応できます。オプションをつけることでオリジナリティあふれるテンティピができます。

テンティピ Tentipi ハーフ インナーテント 9

基本情報
・収容人数:1人
・使用サイズ:2~15サイズに適用
・重量:2.6kg

ハーフインナータイプで結露が気になる方や空間を分けたい方におすすめ。設置・撤去とともにテントを立てたまま簡単にできます。トップと出入口にモスキートネットを装備しているため、蚊の対策はバッチリです。

テンティピ Tentipi メッシュ インナーテント 7 FI-IT7M

基本情報
・収容人数:不明
・使用サイズ:5~9サイズに対応
・重量:3.8kg

全面メッシュのインナーテントでトップからフロアまで一体型となっており、完全に虫の侵入をシャットアウトできるので虫嫌いな方でも安心してキャンプを楽しめます。また結露を防ぐだけでなく床からの湿気対策にもなるので、より快適に過ごせます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日本では馴染みが低いテンティピテントですが、徐々に人気が高まり利用する方も増えています。1人はもちろん家族は大勢の友人とキャンプを楽しむ為には欠かせないキャンプグッズになります。

素材が良いのはもちろん、急な悪天候にもすぐに対応できるように設置・撤去が簡単にできます。キャンプ初心者にも簡単な仕様となっているので安心して思う存分キャンプを楽しめます。

関連記事

 
Campify magazineと同じ運営元のFLY株式会社が運営する、設営・撤収不要の手ぶらキャンプCampify(キャンピファイ)