×

アウトドアやキャンプ用のレインブーツおすすめ8選!【2024年最新版】

キャンプ・釣りなど雨の日であっても楽しみたいですよね。そのような少し憂鬱になりそうな雨の日の助けになるのが、アウトドアで活躍する「レインブーツ」です。

レインブーツを探すとき、どんな素材やデザインがアウトドアに適しているのか?悩むところでしょう。

そこで、今回はアウトドアやキャンプで活躍する、メンズのレインブーツ8選をお伝えします。最適なレインブーツを見つけてください。

アウトドア用レインブーツを選ぶ際のポイント

アウトドア用レインブーツを選ぶ際のポイントを3つお伝えします。

  1. 用途に合った素材を選ぶ
  2. つま先に余裕のあるサイズを選ぶ
  3. 滑りにくいアウトソールを選ぶ

それでは、それぞれについて解説します。

用途に合った素材を選ぶ

レインブーツを選ぶとき、まずは用途に合った素材を選びましょう。代表的な素材を解説します。

  1. ゴアテックス:アウトドアギアとしてはよく使用されている素材です。防水性に優れているのに、レインブーツの中が蒸れにくい(透湿性が高い)。しかも、保温性も備えていますので、寒い雪道などの冷えた足先の冷えからも守ってくれます。
  2. PVC(塩化ビニール):耐久性に優れていて、汚れにくいことが特徴です。しかし雪道や氷上では滑りやすく、しかも低温で硬くなるので冬場のアウトドアには不向きの素材といえます。
  3. ラバー(天然ゴム・合成ゴム素材):防水性・断熱性に優れた素材です。寒い日や大雨の日に適しています。ラバー素材は柔らかく、使用時にしっかりフィットしますので、冬場のキャンプには効果を発揮するでしょう。しかし、経年劣化しやすいことと、蒸れやすいことが難点です。

つま先に余裕のあるサイズを選ぶ

レインブーツを選ぶとき「実際の自分のサイズより約1cm大きめのサイズを選ぶ方がいい!」といわれています。

アウトドアでレインブーツを着用するときは、普段と動き方が違います。冬には寒さ対策で厚手の靴下を履くこともあるでしょう。そのような時でも動きやすさを考えて、つま先に余裕のあるサイズを選ぶ方がいいです。

滑りにくいアウトソールを選ぶ

アウトドアでレインブーツを履くシチュエーションでは、水場を歩いたり苔の多い山を登ったりすることもあります。そのようなときは安全性を考えて、滑りにくいアウトソールを選びましょう。

アウトドア用のおすすめレインブーツ8選

アウトドアにおすすめのレインブーツを8選お伝えします。

①スタートレーディング防水シューズ

created by Rinker
STAR TRADING(スタートレーディング)
¥2,526 (2024/06/14 23:30:49時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ幅:23〜28cm
・色   :グリーン・ブラック
・素材  :ポリ塩化ビニル(PVC)
・400g

カジュアルなデザイン性で、スニーカーとレインブーツの中間といえます。防水性に優れており、キャンプ・釣りなどのアウトドアの際に活躍するでしょう。デザイン性としてもカジュアルで、アウトドア以外にガーディニングにもおすすめです。

②「日本野鳥の会」バードウオッチング長靴

created by Rinker
Wild Bird Society of Japan(日本野鳥の会)
¥6,930 (2024/06/14 23:30:50時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ幅:23〜29cm
・色   :グレー・グリーン・ブラウン
・素材  :ゴム(表地 ゴム/ナイロン)
・460g

履き口を縛ることで、雨がひどいときでも靴内に雨が侵入することを防げます。軽くて耐久性があり、移動中は折りたたんで付属の袋の中に収納できて便利です。脱げにくいので湿地帯やぬかるみの場所でも移動しやすく、名前の通りバードウオッチングに適したオリジナルなレインブーツです。

③ダナー ラップトップ モック2レインシューズ

・サイズ幅:23〜27cm
・色:Tree Camo・Espresso
・素材:ネオプレーンアッパー
・240g

防水性が高くファッショナブルな履きごごちのラバーシューズです。脱ぎ履きが多いキャンプなどのアウトドアに適しており、断熱性が高い性質上冬キャンプでも暖かく過ごせます。設置面の広いアウトソールは、靴の甲の部分にも覆うように設計され、ぬかるんだ地面でも安心して移動できます。

④キーン アンカレッジ ブーツ

・サイズ幅:25〜34cm
・色:DARK EARTH/MULCH・BLACK/RAVEN・STEEL GREY/BLACK
・素材:レザー(表地)、ゴム(ソール素材または裏地)
・425g

完全に冬仕様に作られたレインブーツです。防水性・保湿力が高く、しかも滑りにくいKEENフリーズラバーアウトソール使用。雪道でも安心してアクティブに動けます。用途を選ばないデザイン性があり、しかも内側には防水透湿素材を独自に開発したため、靴内の蒸れの軽減に成功しました。

⑤コロンビア ラディ リーフ レインシューズ

created by Rinker
Columbia(コロンビア)
¥7,580 (2024/06/14 23:30:51時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ幅:23〜28cm
・色:ハイカーグリーン・ブラック
・素材:ゴム
・550g

移動中は折りたたんで収納できるので荷物も軽いです。軽量でしなやか素材だからこそ実現しました。絞り口なので、雨の侵入をしっかり防いでくれます。光や音などの波を反射させるリフレクター付きで、昼夜問わずアクティブに動きたい方に向いています。

⑥ダンロップ 長靴ドルマン

・サイズ幅:24〜28.5cm
・色:イエロー・ブルー・
・素材:エチレン酢酸ビニル(EVA)
・470g

軽くて暖かいレインブーツです。透湿機能を備えているので、足の蒸れはブーツの外へ。さらに、カラフルな色合いがキャンプやフェスを彩ってくれるでしょう。長靴の胴回りにはEVA素材が特殊配合されており、軽くしなやかに曲がります。さまざまな動きにフィットし、動き回りやすいです。

⑦メレル ジャングルモック ゴアテックス

created by Rinker
MERRELL(メレル)
¥11,515 (2024/06/14 23:30:53時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ幅:25〜30cm
・色:ガンスモーク・AVOCADO・BRACKEN/FOREST・ピューター・ミッドナイト・オリーブ/オレンジ・ネイビー/スパイス・Taupe
・素材:豚革
・480g

このレインブーツの特徴は、履き心地の良さです。脱ぎ履きもしやすく、デザイン性も高い。おしゃれに雨のアウトドアを過ごしたい人には最適です。足場の悪い中の歩行でも足にかかる負担を軽減してくれるので、疲労感は他のレインブーツよりも軽いでしょう。

⑧バフィン 防寒ブーツ

・サイズ幅:25〜32cm
・色:フォレスト/ブラック
・素材:ゴム(メイン素材)・TRPラバー(表地)
・1.25Kg

マイナス40℃にも対応している防寒ブーツです。インナーは取り外し可能であり、吸湿・保温・断熱効果に優れています。履いているときは常に足元をサラサラにし、ポカポカ暖かに。さまざまなアウトドアに適しており、機能性・デザイン性ともに魅力いっぱいです。

まとめ

雨の日のアウトドアを安全に、かつ快適に過ごせられるレンブーツを8選お伝えしました。素材によって適した環境が違います。シチュエーションによって何が適しているのか悩むところを解決すべく、さまざまなアウトドアに適したレインブーツを選んでみました。お気に入りを見つけて、雨の日のアウトドアを快適に楽しんでくださいね。