×
ハイチェア

ハイチェア特集!キャンプ・アウトドアでハイスタイル!人気おすすめ10選&選び方も

アイキャッチ画像参照:Amazon

アウトドアを楽しむ際に、リラックスできる椅子は欠かすことのできないアイテムです。
楽しみ方やスタイルで色々な製品があり、特に大自然の中でゆったりくつろげるアウトドアチェアが人気です。

ここでは、主に立ったり座ったりしやすく、仲間と会話や食事を楽しめるアウトドアハイチェアの魅力を紹介します。

アウトドア用ハイチェアとは?

では、アウトドアハイチェアとはどういったものを指すのか調べて見ましょう。

ハイチェアとは


参照:Amazon

アウトドアチェアには目的・用途に従っていくつかタイプが分かれます。
主にソロキャンプや少人数でのキャンプなどには、扱いやすく携行に便利なローからミドルタイプのチェアが向いています。
これらに加えてBBQセットを使っての食事や多人数でのキャンプ等、立ち上がる機会が多いスタイルでの使用は多少携行に大きさを取りますが、地面から40cm以上座面の高さがあるハイチェアが適しています。

ハイチェアの「メリット」

ハイチェアは座る際に座面が高い位置にあるので、地面との距離があり立ち上がりやすく移動が多い場合や高齢者のように体力の無い人でも楽に使用ができます。
BBQセットなど高さのある場所でも食事・調理などがしやすいです。

ハイチェアの「デメリット」


参照:Amazon

逆にハイチェアのデメリットは、ロータイプやミドルタイプのアウトドアチェアのように小型・軽量ではなく、サイズも大きいので携行や収納には手間とスペースを取ります

ハイチェアを選ぶときの4つのポイント

ここではハイチェアを選ぶ際に注意したい4つのポイントを見てみましょう。

1. 椅子のタイプ


参照:Amazon

折りたたみ式

座り心地の良さを椅子に求める人には、折りたたみ式のハイチェアが向いています。
折りたたみ式は展開したときに左右のポールが座面とつながり、座ると左右に座面が引っ張られる為お知りが沈みにくいので、張りがあって安定しています。

さらにお知りの沈み込みが少なく、座りや立ち上がりがしやすい構造になっています。

収束式

収束式タイプの特徴は体全体を包み込むようなフィット感のある座り心地です。
収束式はお尻を中心に包み込むように座面が沈むため、チェアに体全体を預けてゆったりと座ることができくつろげます。

他の方式と比べても座り心地の良さが目立ち、快適に過ごすことができます。長時間ゆっくりと座っていたい場合におすすめです。

組み立て式

組み立て式の場合は、他のタイプと比較して組み立ての手間が掛かりますが、軽量でコンパクトになるものが多く、持ち運びに有利です。
ポールの素材にアルミニウムやステンレスを使用したものが目立ち、軽量でいながら強度に優れているのも特徴です。
座り心地は収束式タイプと似ており、体全体を包み込む感じでゆったり座ることができます。

2. バックの高さ【ハイバックorローバック】

また、選ぶ際に気に留めておきたいのが背もたれのバックの高さです。
ローバックは背中あたりまでの背面になり、立ち上がりの多い場合や持ち運びの際収納性が良く便利です。

ハイバックは首から頭の位置まで背面の高さがあり、全身をしっかりサポートしてくれるので座り心地が良く、くつろぎ感重視ならハイバック、機動性重視ならローバックがおすすめです。

3. 座面&背面の素材

もう一つ重要なポイントが座面と背面に使用されている素材に何を使っているかです。
座面・背面には主にメッシュ生地・コットン素材・ポリエステル素材を使用したものがほとんどで、メッシュ生地は通気性が良く座面が蒸れにくく、濡れてもすぐに乾くので夏場やビーチなどがおすすめです。

コットン素材は火の粉が付着しても燃えにくい難燃仕様が特徴です。ポリエステル素材は破れにくく強いオールラウンドな素材で、それぞれの利点を考えて選ぶと良いでしょう。

4. 耐荷重

最後に重要な点はどれだけの重さを支えることができるかを示す耐荷重です。
基本としてアウトドアチェアは成人のMAX重量の平均、80Kgまで耐荷重がある物がほとんどです。

しかし、体重は性別・体格・体型によって違いが大きく、種類によっては100Kg以上の耐荷重を備えたアウトドアチェアもあるので、複数の人数が使用する場合は耐荷重に余裕のあるものがおすすめになります。

アウトドア用ハイチェアの人気おすすめ10選

では、アウトドア用ハイチェアのおすすめを10点紹介していきます。

[クイックキャンプ] ハイバックチェア QC-HFC

created by Rinker
クイックキャンプ
¥4,980 (2024/02/25 23:28:39時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:展開時 約55×72×91cm(座面高さ・約43cm)収納時 約89×21×18cm
耐荷重:約90Kg
素材:ポリエステル600D・スチール
重量:3.6Kg

肩まですっぽり収まるドールディングタイプのハイバック・ハイチェアです。
収束式でゆったり全身を包み込む座り心地で背もたれもリラックスできる角度に調節されており、長時間疲れず座ることができます。
フレームは耐久性の高いスチール製で耐荷重も90Kgと余裕です。スチール製でパッド付きの肘掛も付いており、ゆっくりくつろぐことができます。

Coleman 2000031281 Two-Way Captain Chair

サイズ:展開時 約55×56×67~84cm(座面高さ・約48cm)収納時 約20×20×66~83cm
耐荷重:約100Kg
素材:ポリエステル・アルミニウム・天然木
重量:3.5Kg

有名アウトドアブランド、コールマンの折りたたみ式ハイチェアです。
背面の高さが2WAYになっており、67~84cmまで高さが調節でき、ローバックからハイバックまで便利に使えます。
折りたたみ式なので座面の安定が良く、座り・立ち上がりの多い場合でも楽に移動が可能、天然木の肘当て付きでリラックス感も高いです。

アウトドアキャンプ チェア TG

サイズ:展開時 約85×51×110cm(座面高さ・約40cm)
耐荷重:約120Kg
素材:ポリエステル800D・A7075超々鉄合金フェロアロイ

強度、耐久性のアップを追及した、使いやすく座り心地にも優れたハイチェアです。
座面・背面素材に軽くて丈夫なポリエステル800D、フレームに最高強度を誇るA7075超々鉄合金フェロアロイを採用し、圧倒的な強度を誇り、アウトドアでの使用に向いています。
折りたたみ式なので、安定した座り心地で収納も楽にでき持ち運びも簡単に可能です。

EVER ADVANCED Outdoor Chair

サイズ:展開時 約57×58×98cm(座面高さ・約43.2cm)収納時 約21.6×21.3×104.1cm
耐荷重:約136Kg
素材:ポリエステル・フルフォームパッド・スチール
重量:3.9Kg

ゆったりした背もたれで包み込むように身体を包んでくれる、折りたたみ式のハイチェアです。
シート素材に特殊ポリエステルを使用し、フルフォームパッドで快適な座り心地を提供します。

フレーム素材は強度の高いスチール素材で、最大136kgの高耐荷重を実現、座る人を選ばず複数の使用にも耐えられます。
折りたたみ式ですので展開・収納もラクラクです。

DesertFox アウトドアチェア【ハイバック】

サイズ:展開時 約55×40×90cm(座面高さ・約40cm)収納時 約43×13×13cm
耐荷重:約150Kg
素材:ポリエステル800D・プラスティック・スチール
重量:2Kg

軽量設計・強度・耐久性の高さが特徴の、アウトドア専用ハイチェアです。
座面・背面の素材は快適な座り心地と抜群の通気性を誇る、ポリエステル800Dを使用し、防水加工もされており雨に当たってもすぐに乾きますのでアウトドアにピッタリです。

コンパクトな折りたたみ式で収納ソフトケースも付いており、持ち運びも楽にできます。

DesertFox アウトドア チェア キャンプ チェア 

サイズ:展開時 約55×40×90cm(座面高さ・約40cm)収納時 約55×8×73cm
耐荷重:約120Kg
素材:オックスフォード800D・アルミニウム・天然木
重量:2.5Kg

強度と耐久性に優れ、カジュアルなデザインが特徴のオシャレなアウトドアハイチェアです。
座面・背面素材は防水加工が施されたオクウスフォード800D、フレームは合金アルミニウムを採用し、快適な座り心地と耐荷重120Kgを実現しています。

アームレストは無垢材で木目を生かしたアウトドアに溶け込むデザインになっています。

Naturehike 超軽量 アウトドア キャンプチェア

サイズ:展開時 約58×56×68cm(座面高さ・約40cm)
収納時 約37×12×10cm
耐荷重:約150Kg
素材:オックスフォード600D・アルミニウム
重量:1.1Kg

軽量で耐久性に優れた、コンパクト設計のアウトドアハイチェアです。
座面・背もたれは素材にオックスフォード600D、フレームは7075アルミニウムを採用し、さらにコンパクトに分解して収納可能で組み立ても簡単にできます。
組み立て式の利点を生かして大幅な軽量化に成功、わずか1.1Kgの重さで携行も楽々です。耐荷重も強力で150Kgまで耐えることができます。

キャンプ アウトドアチェア 大人用ポータブルハイバックアーム

サイズ:展開時 約63×82×101cm(座面高さ・約45cm)収納時 約116×45×24cm
耐荷重:約390Kg
素材:オックスフォード600D・強化スチール
重量:6Kg

ハイバックで背中に余裕を持たせた人間工学で設計されたシートデザインのハイチェアです。
素材にオックスフォード600Dを採用し、頑丈な強化アルミニウムのフレームは390Kgの耐荷重を誇ります。

また、フレームはリクライニング式で角度が3段階に調節可能、ベストな姿勢でくつろぐことができ、アームレストにはカップホルダーと収納ポケット付きです。

UNPLUGGED CP SIT ハイバックチェア 

サイズ:展開時 約58×71×98cm(座面高さ・約45cm)
耐荷重:約150Kg
素材:ナイロン500D・アルミニウム合金
重量:1.7Kg

スマートなデザインでキャンプシーンに映えるスタイリッシュなハイチェアです。
素材に強度に優れたナイロン500Dを使用し、座ったときのホールド感が抜群です。

フレームは7075アルミニウム合金パイプを採用、耐荷重も150Kgと余裕があります。
背もたれ上部には枕付きで頭部のホールドも快適で、長時間座っても疲れにくくなっています。

キャンプチェア ハイバック ワイド 

サイズ:展開時 約53×83×95cm(座面高さ・約46cm)
耐荷重:約136Kg
素材:オックスフォード600D・強化スチール
重量:4.3Kg

人間工学で快適さを追求した、撥水性と強度に優れたハイチェアです。
座面・背もたれの素材に強度が高く撥水加工が施された、オックスフォード600Dを採用し抜群の座り心地で、水辺の使用でも安心できアウトドア・キャンプはもちろん、ビーチチェアとして岸辺からのフィッシングにも対応します。

また、椅子の片面にカップホルダーが付いており便利です。

まとめ

アウトドア・キャンプを楽しむ人にとっては持ち運びの負担などからハイキャンプよりもロースタイルキャンプがまだ多いですが、食事や多人数での会話を楽しむ場合はハイスタイルキャンプの方が向いています。
特にBBQが好きな人はアウトドアはハイチェアを揃えてキャンプへ行くと、圧倒的に楽しめますので是非この機会にトライしてください。

おすすめのハイバックチェアはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
キャンプをより快適に!キャンプ用おしゃれなハイバックチェアおすすめ15選

おすすめのローチェアに関してはこちらの記事をご覧ください。
キャンプ用ローチェアのおすすめランキング18選【あぐらチェアも人気】