×
ランタンポール

【最新版】ランタンスタンド(ランタンポール)の選び方とおすすめ15選

アイキャッチ画像参照:Amazon

「ランタンを使っているけどなんとなく明るさが足りない」
「テーブルにランタンを置くと場所をとってしまう」
ランタンは便利ですが、そんな悩みはつきものですよね。
ですが、その悩みはランタンスタンド(ランタンポール)を使えば解決できます!

ランタンスタンドを長年愛用している私が、今回はおすすめのランタンスタンド(ランタンポール)の選び方やおすすめ商品をご紹介します。

ランタン全般や、主流となっているLEDランタンについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。
キャンプ用ランタンの種類・選び方と最強おすすめ20選【初心者向けに設置場所も解説】
LEDランタンの選び方とおすすめ25選【用途別・種類別に解説!】

さっそく見ていきましょう。

ランタンスタンド(ランタンポール)とは?使うメリットは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tohiro.na(@tohiro.na)がシェアした投稿


ランタンをポールに吊るすと、明るさが広がってくれるためテントサイトがパッと明るくなります。
高い位置に吊るしているため、子供が触れる危険もなくなり安全です。

さらに、テントから少し離して立てて置くと、虫がランタンに寄っていってくれるので快適に過ごせます。
日中ランタンを使ってないときでも、食器を干したり虫除けを吊るしたりできて便利です。

ランタンスタンド(ランタンポール)の選び方3つのポイント

ランタンスタンド(ランタンポール)のタイプで選ぶ

1本脚タイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

parafam(@parafam_camp)がシェアした投稿


1本脚タイプのものはハンマーで地面に突き刺して立てます。
場所をとらず、暗くなっても足を引っ掛ける心配はありません。
傾斜地で立てられるのも人気のポイントです。

ただ、3本足タイプと比べると安定感は劣ります。

3本脚タイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

とりぃ(@astre0148)がシェアした投稿


3本脚のものは安定感が抜群で、設置も簡単です。
風の強い日でも倒れにくく、安全に使えます。ペグで止めると、さらに耐風性が増します。

一方で、傾斜地などの不安定な地面には設置できないので注意が必要です。
また、足を引っかけてしまうこともしばしばあるので気を付けてください。

テーブルに設置するクランプタイプ

ハイマウントミニランタンスタンド

出典:amazon(アマゾン)

クランプタイプのランタンスタンド(ランタンポール)は、直接テーブルに固定できます。
テーブル周辺がパッと明るくなるので、調理や食事の際手元を明るく照らすことができます。

ただし、高さはあまりないので、キャンプサイト全体を照らすのには向いていません。

コンパクトなランタンスタンド(ランタンポール)を選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MEGURU(@meguru_mie)がシェアした投稿


持ち運びに便利なコンパクトなものは、バイクでキャンプに行く方や、ソロキャンパーの方に特におすすめです。
家族キャンプで荷物が多くなってしまう方もコンパクトにまとまるランタンスタンド(ランタンポール)が便利でしょう。

ランタンスタンド(ランタンポール)の素材で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

デバイスワークス 秋山(@deviseworks)がシェアした投稿


ランタンスタンド(ランタンポール)の素材は主にステンレス・スチール・アルミの3種類です。

ステンレス製は錆びにくくて耐久性が高いですが、少々重いのが玉に瑕です。
耐久性では劣りますが、軽さに分があるアルミ製の方が初心者にはおすすめです。

1本脚タイプのランタンスタンド(ランタンポール)おすすめ8選

UJack(ユージャック) ハンマーランタンスタンドシングルタイプ

サイズ本体 最大225cm
総重量 1.6kg
耐荷重 2kg~10kg
スチール製

サビに強いステンレス製のランタンスタンド(ランタンポール)です。
地面に打ち込みやすいデザインになっています。

10kgまで耐えられるので、ランタンハンガーを追加してドライネットを掛けたり、ランタンを2つかけることもできます。

Snow Peak(スノーピーク) パイルドライバー

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,790 (2022/05/16 21:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ 240cm
収納時サイズ 110cm
重量 1.7kg
スチール製

硬めの地面でも突き刺しやすいように設計されていてハンマーを使わず自重で地面に差し込めます。
私も使っているのですが、扱いが非常に楽で、全く不満はありません。
使い方も図が書いてありわかりやすくなっています。
すっきりとしたデザインで、特に人気の高いランタンポールです。

LOGOS(ロゴス) アイアンポール3way

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥7,900 (2022/05/16 21:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ 180cm/120cm/60cm
重量 1.26kg
スチール製

テントポールとしても使えラックが付いているので携帯や小物ホルダーとしても便利に使えます。
地面によっては足で踏み込むだけで差し込めます。

SUNDICK(サンディック) 万能ランタンポール

重量 415g
アルミニウム製

高さが4段階で調節でき、ランタンポールとしてはもちろん、スマホスタンド、カメラの三脚としても使える優れものです。
収納バッグも付いていて持ち運びに便利です。

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) ダズリング ランタンスタンド

サイズ 71.5cm/141.5cm
収納サイズ 長さ145×幅12.5×厚さ8.3cm
重量3.4kg
ステンレス製

別売りのワイヤーをつけることで複数のランタンをかけることができるという、おしゃれで画期的なランタンポールです。
キラキラと綺麗な光が美しく映えるデザインになっています。

DOD(ディーオーディー)チンアナゴペグ2

サイズ:W8×D3.5×H60cm
重量:910g
素材:ステンレス

地面にペグを打ち込み、ペグ付属のフレームにランタンポールを差し込むのがチンアナゴペグです。
非常に簡単に建てられて、安定感もある1本脚のランタンスタンドです。

また、人気キャンプメーカーDOD(ディーオーディー)ならではの遊び心あるネーミングもいいですね。

チンアナゴペグについて詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

チンアナゴペグ2とは?DOD(ディーオーディー)の個性的なランタンスタンド

YaeiWorkers (ヤエイワーカーズ) ランタンスタンド

梱包サイズ ‎36 x 8.4 x 4.2 cm; 540 g

一脚タイプ&クランプタイプの2wayランタンスタンド。ファミリーキャンプやソロキャンプなどの利用シーンに合わせて使い方を調整できる優れものです。

LOGOS  アーススティックランタンポール

サイズ ‎(約)幅15×奥行2.5×高さ141cm
素材 ‎ステンレス, スチール, アルミ
梱包サイズ ‎28.8 x 7.6 x 4.8 cm; 480 g

組み立てやすく、アルミがメインの素材なので軽量で、ソロキャンプに特におすすめです。

3本脚タイプのランタンスタンド(ランタンポール)おすすめ4選

UNIFLAME(ユニフレーム) コンパクトランタンスタンド

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,920 (2022/05/16 21:56:26時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ 204cm
収納時サイズ 55cm
重量 1.3kg
耐荷重 3kg

組み立てが簡単で、転倒防止のペグが付いているので安定性が増しています。
吊り下げ部分がフックになっているため、揺れてもランタンが落下しにくい形状です。
コンパクトにまとまるため持ち運びにも便利です。

Hilander(ハイランダー) ランタンスタンドシルバー

created by Rinker
Hilander(ハイランダー)
¥3,700 (2022/05/16 21:56:26時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ 幅84×奥行き84×高さ250cm(最大)
重量 1.2kg
耐荷重 片方4kg
アルミニウム製

二股のフックで耐荷重4kgなので、ドライネットやシェラカップなど様々なものが掛けられます。

また、スクリュー式なので高さが細かく調節できます。
ペグで固定することによって転倒しにくくなるのも強みです。

Coleman(コールマン) ランタンスタンド

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥4,580 (2022/05/16 21:56:27時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ 高さ109cm~226cm
収納時 直径11×長さ90cm
重量 1.4kg
アルミニウム製

3本脚タイプは足を引っかけやすいのがネックなのですが、このColeman(コールマン)のランタンスタンドは、脚が地面に密接しているため足を引っ掛けにくい作りになっています。

持ち運び用の収納袋も付属されていてお得です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) アルミランタンスタンド

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,470 (2022/05/16 21:56:27時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ 幅70×奥行き60×高さ107~190cm
重量 1.2kg
アルミニウム製

アルミ製なので軽量で、持ち運びに便利です。
設置も簡単で、初心者からベテランキャンパーまで使い勝手の良いランタンポールです。

クランプタイプのランタンスタンド(ランタンポール)おすすめ3選

Kimimara(キミマラ) 折りたたみ式ランタンスタンド

サイズ 60~120cm
重量 390g
耐荷重 3kg
アルミニウム製

アルミ製で軽量なクランプタイプのランタンスタンドです。
収納袋も付いているので持ち運びに便利です。
ブラックでシンプルなので、どんなテントサイトでも風景に溶け込んでくれます。

FLYFLYGO(フライフライゴー) ランタンスタンド 挟むタイプ

サイズ 33cm
重量 275g
アルミニウム製

ポールは分割式になっており、3段階で高さが変えられます。
ハンガーは角度を変えられるので好きな角度で吊るせます。
左右に1つずつ吊るすことで、テーブル上がより一層明るくなります。

ハイマウントミニランタンスタンド

created by Rinker
ハイマウント(HIGHMOUNT)
¥3,190 (2022/05/16 21:56:29時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ 使用時:約140×30×910(約310/610/910)mm、収納時:約50×50×310mm重量 275g
重量 215g
アルミニウム合金

アルミ製で軽量なだけでなく、3段階の高さ調整で、明るさや用途によって使い分けができます。
クランプタイプのランタンスタンドですが、タープの高ささえ気にしなければ、比較的サイト全体を照らせるので、おすすめです。

まとめ

ランタンポールは荷物になりにくく、日中はドライネット や携帯スタンドになるものもあって便利です。
キャンプの際にはぜひ持って行ってみてください。
灯りは雰囲気も大きく変わるので、素敵なキャンプの夜を過ごせそうですね。