チンアナゴペグ

チンアナゴペグとは?DOD(ディーオーディー)の個性的なランタンスタンド

アイキャッチ画像参照:DOD公式

キャンプにおいてチンアナゴとは魚ではありません。

名前だけ聞いてもイマイチ分かりにくいかもしれませんが、人気キャンプブランドのDOD(ディーオーディー)から発売されているランタンスタンドが「チンアナゴペグ」です。

この記事では、個性的なランタンスタンドの「チンアナゴペグ」を解説していきます。



チンアナゴペグとは?

DODチンアナゴペグ

出典:amazon(アマゾン)

チンアナゴペグは一本足の筒がついたペグです。ハンマーでペグダウンをした後に、筒の中にポールを挿入するだけでランタンスタンドになるという優れものです。

チンアナゴペグの基本情報

サイズ:W8×D3.5×H60cm
重量:910g
素材:ステンレス

地面に深く打ち込み固定し、ポールを入れるだけでランタンスタンドとして使用可能です。更にタープ 設営時の補助にもなりますので、ポールが常に安定してくれる役割を担っています。



チンアナゴペグの魅力

一風変わった形状をしたチンアナゴペグにはどんな魅力があるのでしょうか?
実用性なども踏まえて、それぞれ3つ解説していきます。

安定性が抜群

 

この投稿をInstagramで見る

 

kawati(@m1n1_dod)がシェアした投稿

テントに使用するペグ同様に、地面に打ち込みしやすい形状になっているので、ハンマーがあれば簡単に作業ができます。

深く地面に打ち込む事で抜群の安定を実現。また、撤収時の際にもハンマーなどでひっかける為の丸穴があるので、ペグが抜きやすくなっています。

一本足なのでつまづく心配がない

 

この投稿をInstagramで見る

 

s.h.m.a.y(@s.h.m.a.y)がシェアした投稿

3本脚のスタンドの場合、サイト上の路面が斜めになっていたり石がゴロゴロあるところでは安定性に欠けてしまい、気付かずに足で蹴っ飛ばしてしまうことも。

チンアナゴペグであれば一本脚でしっかりと自立してくれるので、路面が傾いていてもペグが打てれば問題ありません。例え、つまづいて蹴っ飛ばしても地面深くまで打ち込んである為、そう簡単には倒れませんのでとっても安心です。

ランタンスタンドがついている

 

この投稿をInstagramで見る

 

chie(@4diamond15)がシェアした投稿

チンアナゴペグは、付属品でランタンスタンドが付いています。ポールに引っ掛けるだけでランタンが付けられます。

ある程度の高さにランタンなどの光源があった方が、サイトの周りを明るく照らし続けてくれるので暗くなってからも調理作業などがしやすくなります。



【改良品】チンアナゴペグ2のココがすごい!

チンアナゴペグが進化を遂げて「チンアナゴペグ2」が現在販売されています。

初代の性能に改良を加えたチンアナゴペグ2を解説していきます。

錆びにくい素材

 

この投稿をInstagramで見る

 

あき(@cancer742830)がシェアした投稿

初代との違いは素材の変更です。従来品はスチール素材でしたが、チンアナゴペグ2ではステンレススチールを採用している為、スチールよりも錆びにくくなっています。

壊れにくい

 

この投稿をInstagramで見る

 

aki☺︎(@_citron.camp)がシェアした投稿

従来品のスチールでは、固い地面に打ち込んだ時にネジ部分が壊れてしまうこともあったそうですが、ステンレススチールの頑丈さに加えて、ネジ部分の溶接を強化した為、壊れにくくなりました。

チンアナゴペグ使用上の注意点

とっても便利なチンアナゴペグですが、使用する際の注意点がいくつかあります。

事前に知っておくことで、回避出来るものなのでチェックしておきましょう。

ハンマーを打つ場所に気をつける

 

この投稿をInstagramで見る

 

後藤良二(@ryou_jigoto)がシェアした投稿

チンアナゴペグはハンマーで打ち込む場所が上部にある丸いところの部分です。それ以外の部分では打たないようにする気を付けてください。

ペグを引き抜く様なの丸穴が開いていますが、その部分にハンマーで打ってしまうと曲がってしまう可能性があります。ハンマーで打つ場所は確認が必要です。

硬すぎる地面に気をつける

 

この投稿をInstagramで見る

 

DOD【公式】(@dod.camp)がシェアした投稿

芝生や土などではチンアナゴペグは簡単に打てますが、河原などの石がたくさん埋まっていてペグが入りにくい地面だとペグが変形や傷が付いてしまうかもしれません。

チンアナゴペグ2の場合は、ステンレススチールなので頑丈ではありますが、無理に打ち込んで壊れてしまわないように注意しましょう。

ランタンの重さに気をつける

ランタンスタンドとして使用できるチンアナゴペグですが、ランタンの重さが1kg以上の場合は注意して下さい。

メーカーは電池式ランタンの使用を想定して販売しているので、ガスやガソリンなどの燃料系ランタンを引っ掛ける際には落下などの恐れがありますので、燃料系ランタンを使用する方は自己責任にてお願いします。

まとめ

ネーミングに特徴のあるチンアナゴペグですが、ユーザーの中にはホームセンターなどで自作する方もいます。

仕組みは簡単ですが、これがあれば見た目以外にも話のネタになること間違いありません。あなたのキャンプのお供にチンアナゴペグを同行させてみては?

その他のランタンポール(ランタンスタンド)についてより詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。



関連記事一覧