×
コールマン シュラフ

コールマン(coleman)のシュラフ(寝袋)おすすめ15選

アイキャッチ画像出典:楽天市場

キャンプを楽しむ上での必需品と言えるシュラフ(寝袋)。しかしアウトドア初心者にとって、数多くあるブランド、膨大な種類のシュラフ(寝袋)の中から、自分に合った一品を選ぶのは難しいですよね。
今回はアウトドアブランドの中でも圧倒的知名度を誇り、使いやすさと快適性に優れた人気のコールマン(coleman)のシュラフ(寝袋)に注目し、オススメの商品を紹介していきます。

コールマン(coleman)の魅力

豊富なラインナップ

コールマン シュラフ

出典:コールマン(Coleman)公式

コールマン(Coleman)には初心者向けのシンプルな寝袋(シュラフ)から上級者向けのハイエンドな寝袋(シュラフ)がラインナップされていて、後ほど紹介するマミー型や封筒型など、様々なオケージョンにあったモデルが展開され、人気を集めています。

優れた快適性

コールマン(Coleman)の寝袋(シュラフ)は快適性に優れていて、オートキャンプなどの車移動向けの製品ラインナップが多いため、山岳用ほど軽量化を図る必要がなく、代わりに布団のような快適性のある寝袋(シュラフ)が実現しています。

丸洗い可能

コールマン(Coleman)の寝袋(シュラフ)には表地素材と中綿素材に化繊が使われている製品が多い為、洗濯機などで丸洗いができるのも魅力の一つです。

コールマン(coleman)のシュラフ(寝袋)の種類

マミー型シュラフとは?

sleepingbag

出典:Amazon

マミー(Mummy)とは英語でミイラを意味し、その名の通りミイラのような形状をしていることが名前の由来です。頭から足まで全身にフィットする為、保温性が高く、低い温度での冬のキャンプシーンにオススメです。

封筒型(レクタングラー型)シュラフとは?

フリースアドベンチャー

出典:Amazon

封筒型(レクタングラー型)もその名の通り、長方形の封筒のような形をしており、掛け布団の様な形状なので密着感が無く、快適性に優れていて春〜秋のオートキャンプなどに向いています。

コールマン(coleman)のシュラフ(寝袋)の選び方

シュラフ(寝袋)の種類で選ぶ

コールマン(coleman)の寝袋(シュラフ)の種類を選ぶ際、自分の寝袋(シュラフ)を使用する目的によって選ぶ事ができます。
まるで家の布団の様な快適性を求める方には封筒型(レクタングラー型)、本格的にアウトドアを行い、保温性を確保したいという方にはマミー型がおすすめできます。

キャンプに行く季節で選ぶ

コールマン(coleman)の寝袋(シュラフ)はキャンプを行う季節によって選ぶ事も可能で、春〜秋などの季節には封筒型(レクタングラー型)を、冬のキャンプにはマミー型を、といった形で季節から自分に合った寝袋(シュラフ)を見つける事ができます。

シュラフ(寝袋)が洗えるかで選ぶ

コールマン(Coleman)の寝袋(シュラフ)の中には、洗濯機などで丸洗いが出来るように、表地素材と中綿素材に化繊が使われている製品が多く、寝袋(シュラフ)が洗浄可能かで選ぶ事もできます。

マミー型シュラフ(寝袋)おすすめ5選

コールマン(Coleman) EXTREME WHEATHER MUMMY

サイズ:208×81cm
重量:約2.63kg

-18度まで対応の極寒使用のマミー型寝袋。保温性に優れ体にフィットするので冬のキャンプにオススメ。

コールマン(Coleman) コルネットストレッチ2 マミー型

サイズ:約205×82cm
重量:約1.3kg

センタージッパーで着脱がし易いマミー型寝袋(シュラフ)。保温性も十分なので冬でも安心。

 

コールマン(Coleman) SILVERTON (シルバートン)

サイズ:208.3cm×約81.3

-17℃まで対応可能な保温性に特に優れた冬キャンプにオススメの寝袋(シュラフ)。分厚い素材で冬でも快適に夜を過ごせます。

コールマン(Coleman)  REALTREE XTRA (リアルツゥリー エクストラ )

サイズ:208.3cm × 約81.3
重量:約2.5kg

-17.8℃まで使用可能な冬キャンプ向け寝袋(シュラフ)。サイドのファスナーは足元から開く事もできるので温度調整も容易。

 コールマン(Coleman)タスマンキャンピングマミー

サイズ:203cm×約83cm
重量:約3.4kg

足元がゆったりとしていて、寝返りも打てる快適性を持つ寝袋(シュラフ)。洗濯機での丸洗いも可能。

封筒型(レクタングル型)シュラフ(寝袋)おすすめ5選

コールマン(Coleman)マルチレイヤースリーピングバッグ

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥9,408 (2022/07/02 07:32:16時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:約200cm×90cm
重量:4.9kg

フリース、ミッドレイヤー、アウトレイヤーの3種類から成るマルチレイヤー構造で幅広い温度帯に対応可能のスリーピングバッグ。2シーズン以上のキャンプを楽しむ方におすすめ。

コールマン(Coleman)ファミリー2in1 C5

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥9,213 (2022/07/01 23:20:05時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:190cm×168cm
重量:約3.7kg

2in1なので家族で一緒に寝ることができる便利なモデル。サーマルフリットカラー採用で寝袋(シュラフ)内に暖かい空気を溜め込み、寒い季節にもおすすめ。

コールマン(Coleman)ファミリー2in1 C10

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥7,643 (2022/07/01 23:20:05時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:190cm×168cm
重量:3kg

同じくファミリーで使用可能な2in1の寝袋(シュラフ)。使用可能10℃なので春〜秋のキャンプにおすすめ。

コールマン(Coleman) パフォーマーIII C10

サイズ:190cm×80cm
重量:約1.1kg

封筒型なので密着感がなく、家の布団のような快適性を実現した軽量寝袋(シュラフ)。洗濯機での丸洗いも可能なのがパフォーマーIII C10の魅力。

コールマン(Coleman)フリースアドベンチャー C0

サイズ:約190cm×約150cm
重量:4.4kg

ライナー全面にフリースを使用したスリーピングバッグ。保温性、快適性が高く、洗濯機での丸洗も可能な万能商品。

キッズ用シュラフ(寝袋)おすすめ5選

コールマン(Coleman)スクールキッズ/C10

 

サイズ:180cm×65cm
重量:約700g

面裏共に柔らかいナイロン素材で快適性に優れ、寝袋の袋の口が大きいため子供でも後片付けが簡単。

コールマン(Coleman)キッズマミーアジャスタブル/C4

サイズ:140〜170cm×65cm
重量:約1.25kg

子供の身長に合わせてサイズ調節が可能なアジャスタブル構造。
成長期の子供でも安心して長く使える寝袋(シュラフ)。

コールマン(Coleman)グローナイトキッズ C7

サイズ:167cm×66cm
重量:約1.3kg

暗くなると表面に描かれたハチの絵が光る可愛らしい寝袋(シュラフ)。丸洗可能なので汚してしまっても安心。

コールマン(Coleman)YOUTH COMFORT SMART SLEEPING BAG

シュラフ

出典:楽天市場

サイズ:約152cm×66cm
重量:1.2kg

封筒型なので快適性に優れていて、収納も楽なのでこれからキャンプを始める子供におすすめ。

コールマン(Coleman)ファミリー2in1 C10

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥7,643 (2022/07/01 23:20:09時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:190cm×168cm
重量:3kg

2〜3人で寝ることができる2in1構造なのでまだ一緒に寝てあげる必要のある小さい子供とのキャンプの際に最適。

寝袋(シュラフ)のおすすめ関連記事はこちらから

まとめ

今回は豊富なラインナップと優れた快適性を持つ大人気アウトドアブランドのコールマン(Coleman)の寝袋(シュラフ)を3つのジャンル別に15種類紹介しました。
豊富なバリエーションの中から自分の使用用途に合った寝袋(シュラフ)を見つけ、より充実したアウトドアライフをお送りください。