×
WAQ マット

WAQ インフレータブル マットとは高評価を受けるワケを紐解く!

アイキャッチ画像参照:WAQ公式サイト

楽しい日中を過ごした後はゆっくりと寝床につくのもキャンプの醍醐味。キャンプのマットはとにかくたくさんの種類があり、なにを買ったらいいのか悩んでしまいますよね。たくさんあるマットの中でも特に人気があるのがWAQ(ワック)のインフレータブルマットです!

今回はそんな人気のWAQのマットについてご紹介していきます!

「WAQ」とは?

WAQ
参照:WAQ公式サイト

WAQ(ワック)とは、アウトドア用品を取扱いしているメーカーです。

テントはもちろん睡眠を快適にしてくれるアイテムや、キャンプワゴン関連のアイテム、ランタンなどさまざまなアイテムが揃っています。その中でも特に人気なのが、これからご紹介する「インフレータブルマット」です!

WAQ インフレータブル式キャンピングマットとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@y.e.r.campがシェアした投稿


とにかく寝心地が最高!と評判の良いWAQのインフレータブルマットです。

WAQ キャンプマット 8cm 自動膨張式 連結 インフレータブル

サイズ:190×65×8㎝(展開時)65×20㎝(収納時)
重量:約2.5㎏
素材:ポリエステル

ミニバンにピッタリなサイズなので車中泊にもおすすめのアイテム!自動膨張なので、バルブを開けておけば空気が入っていき簡単に使うことができます。特殊ウレタンが最高の寝心地です。

WAQ インフレータブル式キャンピングマットの特徴

WAQのマットはとてもレビューも高いですが、どんな特徴があるのでしょうか?メリット・デメリットと厚みの違いについて迫っていきます!

メリット

一度寝たら他のマットには変えられない!そのくらい抜群の寝心地のマットです。バルブを開けて放置するだけで膨らむので、空気を入れている間に他の準備ができるのがインフレータブルマットの最大の特徴です。

  • 程よい沈み加減で寝心地が最高
  • バルブを開けるだけで自動で空気が入るので設営が簡単
  • ミニバン対応サイズなので車中泊が好きな人にもおすすめ
  • 連結可能なので大人数のキャンプでも活躍!
  • カラーバリエーションが多い
  • リーズナブルな価格

デメリット


あまりデメリットというデメリットはありませんが、しいて言うならばこちらです。これらは他のマットにも言えることなので、そんなに気にする程でもないでしょう。

  • 連結部分にくぼみが出来てしまうので少し気になる
  • 使い始めは膨らみにくい
  • 屋外で使う場合、尖ったものなどで破損する可能性がある
  • 慣れるまで空気を抜くのが大変

8cmマットと10cmマットの比較

 

この投稿をInstagramで見る

 

s_camp801(@s_camp801)がシェアした投稿

【8㎝マット】 サイズ:約190×65×8㎝

  • 固めの素材
  • 裏に滑り止めあり
  • バルブを開けるだけで自動で8㎝まで膨らむので設営が簡単

【10㎝マット】 サイズ:約200×70×10㎝

  • バルブを開けるだけでは完全に空気が入らないので、追加で空気を入れる必要あり
  • 柔らかめの素材
  • 弾力も大きさもあり
  • 地面の凸凹を感じさせない厚み

10㎝マットはかなり弾力があるので寝心地を重視したい人におすすめです。8㎝のマットに比べて少し大きめなのが10㎝マットなのでテントの大きさに余裕があるキャンパーにおすすめですよ!

WAQ インフレータブル式キャンピングマットの口コミ・評価

 

この投稿をInstagramで見る

 

三浦 光貴(@mxixtxsxux)がシェアした投稿


実際に使っている人の声を集めてみました。参考にしてみてくださいね。

寝心地が良い

コットにインフレータブルマットは絶対必要です!
もう本当に寝心地最高で買って良かったと思える商品でした。
ぐっすり眠れないとアウトドアも楽しめない!
インフレータブルマットはそれを叶えてくれるアイテムです。
友達も寝てみて、買うと決めていました。
キャンプ仲間でコット&インフレータブルマットを揃えようと話をしています。

出典:楽天市場
やっぱりWAQのマットといったらなんといっても最高の寝心地!アウトドアでの睡眠はとても重要なので、寝具にもこだわってみてくださいね。リーズナブルな価格でこの寝心地を叶えてくれるマットはなかなかありません。

大きくて良い

とても良い買い物でした!
身長が190cmあるので長さが長いものを探しており、厚みや寝心地含めてよかった!
また連結もボタンで出来るし、ずぼらな私でも勝手に膨らんでくれるのでストレスフリー!
更には収納袋も大きめに作られているので、収納時は空気を押し出しながら丸めてゴムバンドで押さえれば簡単にしまえます。
DODのワンタッチテントにも余裕でおさまるのでのんびりとキャンプ出来そうです!!

出典:楽天市場
せっかく寝心地が良くてもマットの大きさに満足できないとがっかりですよね。こちらのマットは長さもあるので足がはみ出てしまうこともありません。高身長の人にもおすすめです。

設営が簡単

厚みのあるマットで寝心地最高です。薄めのマットを使ったことがありますが、比較にならないほど厚みがあります。インフレータブルマットなのでバルブ開けば自動拡張します。試しに拡張させてみたところ10分ぐらいで8割から9割りぐらい膨らみました。それで十分使用出来ますがお好みで、さらに空気を吹き込むと硬さも調整可能です。

出典:楽天市場
キャンプでは準備がたくさんあるので、マットを膨らませる時間はなるべくかけたくない・・・。そんな人にはインフレーマットがおすすめです。バルブを開けて放置しておくだけなのでマットが膨らむまでに他の準備もできるので、時間の有効活用ができます。

WAQ インフレータブル式キャンピングマットの使い方

難しい手順はありませんが、WAQマットの使い方や注意点、おすすめの活用シーンをご紹介していきます!

使う手順

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAQ OUTDOOR(@waqoutdoor)がシェアした投稿


使う手順といってもバルブを開けるのみ

くるくる丸まっているマットをまずは広げます。そうしたらバルブを開けて放置。固めのマットが好きな人は追加で空気を入れることもできるので、好みの固さで使うことができますよ。空気を入れたらバルブを閉めるのを忘れずにしてくださいね。

収納する時はバルブを開けて、バルブとは反対側の端から空気を抜くように押しながら丸めていきます。しっかりと空気を抜かないと収納袋に入らなくなってしまうので注意が必要です。

使うときの注意点

 

この投稿をInstagramで見る

 

H.OZAWA(@h_ero_oza)がシェアした投稿

連結して使う場合・・・インフレータブルマット同士を連結させるのであれば、空気を入れる前に連結させるのがおすすめです(空気を入れた後に連結も可能ですが、ボタンが留めにくいため)
空気が隅まで入らない・・・一度バルブを閉めてマットをくるくるして隅に空気を送ります。そうしたらまたバルブを開けて空気を入れると隅まで入ります。
マットに穴が空きそう・・・絶対に破損しないわけではないので、尖った石などの上で使用しないほうが良いです。コットの上での使用がおすすめ!

多様な活用シーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.YASUDA(@gazirou_camp)がシェアした投稿


単体使用ででソロキャンプ、連結させてデュオキャンプやファミリーキャンプにも使えるのでどんなキャンプスタイルにもおすすめです。また、キャンプ以外にも特におすすめなのが車中泊です。ミニバン対応というだけあってサイズ感もちょうど良いですよ。コンパクトに収納しておけるので、車中泊のお供に車に積んだままでも邪魔になりません。

※常設しておきたいくらい使い心地の良いマットですが、公式さんが常設はおすすめしないと公開しています。なので使うときに膨らませてくださいね。

【その他】WAQ のキャンプマット

WAQにはインフレーマット以外にもキャンプに使えるマットがあるんです!

WAQ RELAXING CAMP MAT(シングル)

サイズ:200×70×10㎝
重量:約3㎏
素材:ウレタン

極厚ウレタンが地面の状況に影響されず、快適な睡眠を提供してくれます。マット内側には極厚ウレタン、外側には伸縮性の良い素材を使うことによって他のマットにはない弾力を叶えてくれていますよ。

WAQ RELAXING CAMP MAT(ダブル)

サイズ:200×134×10㎝
重量:約5.6㎏
素材:ウレタン

材質・大きさ・使い勝手にこだわったダブルサイズのマットです。手触りが良く弾力のある素材を使っているので寝心地が最高ですよ。多機能バルブを採用しているので、空気の出し入れもしやすく使い勝手も抜群です。

キャンピングマット(1人)

サイズ:182x57x1.8cm
重量:480g
素材:XPE・アルミ

販売開始後すぐからランキング上位を獲得している人気のキャンプマット!マットの片面にはアルミ加工もされていて断熱性も抜群です。弾力性・耐久性に優れている素材を使用。重量もとても軽いので持ち運びにも便利ですよ。

キャンピングマット(2人用)

サイズ:200x160x1.6cm
重量:1150g
素材:XPE・アルミ

マットの凸凹が荷重を分散させてくれるので最高の寝心地を体感できます。重量はシングルタイプと比べると約1㎏と重くなりますが、それでも計量モデルなのでおすすめです。使用時は大きいですが、コンパクトになるのが特徴!

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

たろぐキャンプ(@talogcamp)がシェアした投稿


2017年にできたばかりの、まだまだ新しいWAQですがとても人気があるブランドで有名です。

マットは一度使ったら他のマットを使えない!というくらい抜群の寝心地が人気で、マットのランキング上位の常連のアイテムです。寝心地も素材も機能性も妥協せず、品質の良いWAQのマットはアウトドア以外での睡眠にもおすすめです。