×
ユニフレームのケトルの魅力

【大人気!!】ユニフレームのケトルを魅力から実用性まで徹底解説

参照:ユニフレーム公式サイト

ユニフレームのオールステンレス製の大人気ケトル「キャンプケトル」は、その人気から品薄状態が続いています。今回は、ユニフレームのキャンプケトル以外のケトル「山ケトル」の魅力をご紹介します。使用人数に合わせてサイズを選べる山ケトルはコンパクトな収納とリーズナブルな値段でおすすめです。

ユニフレームについて

ユニフレームの魅力

ユニフレームは、日本のアウトドア用品メーカーとして1985年に設立されました。

アウトドアの楽しさを引き出す炎を絶えず燃やし続けたいという理念のもと、多くの無骨で使いやすいキャンプ用品を世に送り出しています。

壊れにくく使いやすいシンプルなデザインのキャンプ道具が多く、スチールやステンレスを素材に使用した無骨ながらおしゃれなデザインになっています。

特に、焚き火テーブルは発売から日が経っているにも関わらず、使いやすいサイズと機能性で、焚き火キャンパー必需品と言えるほどの大人気アイテムです。

ユニフレームのケトルの基本情報

コンパクトながら機能性が高い

参照:ユニフレーム公式サイト

そんな無骨ながら使いやすいデザインのキャンプ道具が多いユニフレームのアイテムの中でも、大人気アイテムの1つが「キャンプケトル」です。

あまりに人気でユニフレーム公式サイトをはじめ、Amazon等ECサイトでも品薄が続いています。

しかし、ユニフレームからはキャンプケトル以外にも「山ケトル」というケトルが発売されています。

山ケトルは以下のように 3サイズ販売されており、使用人数に応じてサイズを選べるのもポイントです。

山ケトル 700

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥3,891 (2021/11/30 17:44:37時点 Amazon調べ-詳細)

【スペック】
・サイズ:約φ147×71mm
・素材:本体・フタ:アルミニウム・アルマイト加工/ハンドル:ステンレス鋼/ツマミ:フェノール樹脂
・重量:約163g
・満水容量:0.7L
・付属品:収納ケース

 

山ケトル 900

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,770 (2021/12/01 04:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

【スペック】
・サイズ:約φ166×76mm
・素材:本体・フタ:アルミニウム・アルマイト加工/ハンドル:ステンレス鋼/ツマミ:フェノール樹脂
・重量:約186g
・満水容量:0.9L
・付属品:収納ケース

 

山ケトル 1500

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,900 (2021/11/30 17:44:38時点 Amazon調べ-詳細)

【スペック】
・サイズ:約φ166×110mm
・素材:本体・フタ:アルミニウム・アルマイト加工/ハンドル:ステンレス鋼/ツマミ:フェノール樹脂
・重量:約250g
・満水容量:1.5L
・付属品:収納ケース

 

ユニフレームのケトルの魅力

ユニフレームの山ケトルは、その特徴的なデザインや素材から、収納のしやすさや機能性の高さが魅力です。

デザイン

山ケトルのデザイン

参照:ユニフレーム公式サイト

山ケトルのデザインは、一般的なケトルとは明らかに異なるデザインが特徴的です。

薄べったい円形のデザインは、収納時のコンパクトさが魅力です。さらに、山ケトル700は別売りのユニフレームのクッカー「fan5 duo」にぴったりと収納させることができるので、コンパクトな収納が可能です。

素材

ステンレス製で衛生的

山ケトルの本体や蓋に使用されているアルマイト加工されたアルミニウムは、汚れにも強く、汚れてもさっと拭き取るだけで綺麗になるので衛生的に使うことができます。

凹凸の少ない本体は、デザイン性だけでなく、汚れた際の汚れの落としやすさにも関わってくるので、シンプルながらその素材も含め、綺麗に長く愛用できる点もポイントです。

機能性

スタッキングできる

参照:ユニフレーム公式サイト

コンパクトさだけでなく、山ケトルはその取っ手にもひと工夫されています。

取っ手にはいくつか穴が開いています。これにより、ケトルを熱しても熱が取っ手部分に伝わりづらくなっています。

取っ手の素材はステンレス鋼のため、長時間熱しているとかなり熱くなりますが、デザインが機能性に貢献しています。

ユニフレーム ケトルの実際の口コミ

注ぎ口よりたれないケトルです、他のメーカー品では湯をカップ等に注ぐ時にたれてテーブルを濡らす事が有りますがユニフレームの山ケトルはその様な事は有りません、

出典:Amazon

Amazonレビューも星4点以上の高得点の山ケトルは、実際の使い勝手も良さそうです。注ぎ口に小さな切れ込みがあるおかげで、安心してお湯を注げます。

一人でキャンプするのにちょうど良い大きさでした。カップ麺1個とコーヒー1杯+αってとこかな。

出典:Amazon

山ケトル700のサイズは、1食分の食料を入れておくにもちょうど良さそうです。

取っ手はすぐに熱くなるので、火傷しないように鍋つかみ等を用意されるといいです。

出典:Amazon

気になる取っ手の熱の伝わり方ですが、結構熱くなるようです。鍋つかみや焚き火グローブがあると安心して取っ手を掴むことができので用意することをおすすめします。

ユニフレームのケトルを使う上での注意点

口コミにもあるように、山ケトルを使う際には注意が必要です。

山ケトルは直火に注意

取っ手が熱くなる

山ケトルはバーナーでの使用を前提に作られています。

本体に蓋はついていますが、注ぎ口には蓋がついていないので、炭が舞い上がった際にケトル内に入ってしまう恐れがあります。

また、口コミどおり取っ手が熱くなるので特に山ケトルを焚き火にかけた時は焚き火グローブが必須になるのであらかじめご用意を!

まとめ

ユニフレームのケトルの中ではキャンプケトルが大人気ですが、そのコンパクトなデザインでソロキャンパーさんや1食分の食料もケトル内で持ち運びできる山ケトルもおすすめのケトルです。

ユニフレームのクッカーを持っている方はもとより、小型のケトルや山行用のケトルが欲しい方にも山ケトルはおすすめのケトルです!