×
テント インナーマット

インナーマットのおすすめ12選【テントで快適に過ごすための必須アイテム】

出典:コールマン公式HP

キャンプなどで就寝時に重宝するインナーマット。断熱性とクッション性があり、凸凹のある地面でも快適な眠りが得られる便利なアイテムです。各メーカーによるさまざまなモデルがリリースされており、初心者の場合「どんなマットを選べば良いのか分からない」と迷うことも。

この記事ではインナーマットの機能性や選び方、おすすめの商品を紹介しています。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

インナーマットとは

テント インナーマット

インナーマットキャンプ場などで使用する場合、テント内に敷くことで、石などによる凹凸や地面からくる冷気を防ぐ効果があります。断熱性、保温性、クッション性が得られます。そのため気温の低い場所でも体を冷やすことなく、ほどよいクッション性で疲れを軽減できるメリットも。

キャプテンスタッグやコールマンなど大手のアウトドアメーカーをはじめ、多くのインナーマットが販売されています。どのマットが良いかは季節や地形によって左右されることもあります。

インナーマットの選び方

インナーマットは空気を入れ膨らませて使うエアマットや半自動で膨らむインフレーターマット、合成樹脂を素材としたウレタンマットなどがあります。それぞれメリットデメリットがあるのでシチュエーションに合ったマット選びが大切です。

厚みで選ぶ

人は寝返りをうつことで体への負担を和らげます。その際4cm以上の厚みがあるマットだとストレス無く寝返りがうてると言います。地面の凹凸や冷気のカット率も高くなるので疲労回復を図りたいなら厚手のマットがおすすめ。

エアマットは膨らむことで厚みが出ますが、断熱材のないモデルもあるので購入の際は確認しておきましょう。

断熱性・保温性で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

mobry(@mobry.nm)がシェアした投稿

インナーマットの多くは断熱性と保温性を備えていますが、効果は商品によって異なります。これらの性能を求めるなら「R値」の高いマットを選びましょう。

R値が高いほど優れた断熱・保温性を発揮し、冬でも快適に過ごせます。R値が記載されてない商品もあるので、詳しく知りたい場合は店員に聞くと確実です。

収納性で選ぶ

収納性や運びやすさも選ぶ際の重要なポイント。できるだけ軽くコンパクトに収納できるものがおすすめです。ウレタンマットは折り畳むタイプが多く、少々場所をとりますが、展開・収納が素早くできるメリットがあります。

エアマットやインフレーターマットは空気を抜いて丸めて収納するタイプが多く、収納ケース付きで持ち運びが簡単。収納性で選ぶならコンパクトに収納できる商品選びが重要です。

素材で選ぶ

使用している素材は種類によって違います。ナイロンは水に強く手入れが楽なものが多く、安価なものから高価なものまでさまざま。布製マットの場合防水加工を施したモデルが少なく、おしゃれなデザインから肌触りの良いモデルが多めです。

異なる素材のマットを重ねて使うことで、より快適に過ごすこともできます。

おすすめのインナーマット12選

①キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット レジャーシート EVA フォーム マット

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,658 (2022/10/03 22:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

素材:マット:発泡ポリエチレン、EVA樹脂、バンド:合成ゴム
サイズ:約56×182×2cm/収納時:約13×12.5×56cm
重量:約270g
付属品:ゴムバンド

シングルとダブルのサイズが選べるキャプテンスタッグのインナーマットです。Amazonレジャーシートカテゴリにてベストセラー1位にもなっている人気商品。ゴムバンド付属で折り畳んで持ち運べます。安定したクッション性と断熱性であらゆるシチュエーションに適応できるマットです。

サンドリー(SUNDRY) 折りたたみ クッションマット アウトドアマット

素材:ポリエチレン
サイズ:約181×56×0.8cm
重量:約188g
付属品:収納袋、ゴムバンド

サンドリーのポリエチレン製インナーマット。3色のカラーとダブルサイズもあります。Amazonで1500件以上もレビューがあるほど売れている人気商品。キャンプだけでなく、ピクニックや赤ちゃん用マットやトレーニングなどさまざまな用途に使えます。

コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,818 (2022/10/03 22:50:03時点 Amazon調べ-詳細)

素材:ポリ塩化ビニル
サイズ:約187×97×19cm
重量:約2,500g
付属品:-

空気注入式のコールマン製エアマット。気持ちの良いクッション性と質の高い睡眠が得られます。汚れても布で拭くだけでキレイできる手軽さも。地面からくる凹凸の影響を受けませんが、穴あき防止のため銀マットなどの使用をおすすめします。

コールマン(Coleman) フォールディングテントマット

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥10,777 (2022/10/03 22:50:04時点 Amazon調べ-詳細)

素材:表地/68Dポリエステルタフタ、裏地/68Dポリエステルタフタ、中綿/PEスポンジ(約7mm厚)
サイズ:約265×200cm/収納時:約65×50×15cm
重量:約2,100g
付属品:収納ケース

テント全面に敷くタイプのマット。折り畳むことでクッション性が向上ができ、就寝時のインナーマットとしても使えます。収納ケース付きで持ち運びも楽々。テント全体に敷くことで就寝時以外も快適に過ごすことのできる便利なマットです。

⑤コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマット シングルIII

素材:ポリエステル、ウレタンフォーム
サイズ:約63×195×5cm/収納時役15×70cm
重量:約1,800g
付属品:収納ケース

バルブを緩める自動で膨らむ仕組みのインフレーターマット。クッション性が足りない場合は付属の収納ケースを使い、手動で空気を足せます。同じマットを連結してダブルサイズにすることも可能。使う時はしっかり広げてからバルブを緩めるとより空気が入り、労力も少なく展開できます。

DOD(ディーオーディー) ソトネノサソイ M 丸洗いシーツ付き 厚み4.5cmエアマット

素材:ポリエステル(PVCコーティング)^ポリウレタン
サイズ:約115×192×4.5cm/収納時:約18×18×65cm
重量:約4,500g
付属品:キャリーバッグ、収納用バンド

S、M、Lの3サイズが選べるDODのインフレーターマット。バルブを開くと自動で膨らみます。厚さ約4.5cmまで膨らみ、見た目以上のクッション性と寝心地を提供してくれます。耐久性があり手触りも良く、レビューに「価格以上の価値がある」と好評です。

コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマットハイピーク ダブル

素材:ポリエステル
サイズ:約200×128×10cm/収納時:約30×70cm
重量:約5,000g
付属品:収納ケース

知る人ぞ知るコールマン人気シリーズのインフレーターマット。値は張りますがそれを上回る断熱&保温性、クッション性も申し分ない逸品です。注入する空気の量で好みの柔らかさに調節可能。収納ケース付きで持ち運びも簡単、全体的に高スペックのインナーマットです。

Mozambique(モザンビーク) キャンプ マット アウトドアマット

素材:XPEフォーム
サイズ:約183×56×2cm
重量:500g
付属品:収納ケース

高品質のXPEフォームアルミを加工し、さらなる耐久性&断熱性を実現した折り畳み式マット。クッション性は落ちますが物理的な衝撃に強く、年間を通して使えるほど長寿命。収納ケース付きで持ち運びも簡単、長く使えて安いマットをお求めの方にピッタリの商品です。

THERMAREST(サーマレスト)  マットレス レギュラーサイズ R値3.2 カイエン 【日本正規品】

素材:ポリエステル
サイズ:約51×183cm/収納時:約28×12cm
重量:約650g
付属品:スタッフサック

女性用サイズを含めた4サイズが選べるサーマレストの高級マットレス。R値3.2の断熱性&保温性で春夏秋の使用がおすすめ。クッション性ともに高く全体的に高スペックのマットです。収納性もgoodで海外からのレビューも人気の商品です。

JOYme キャンプマット アウトドアマット

素材:ポリエチレン
サイズ:約186×56×2cm/収納時:約15×56×14cm
重量:約315g
付属品:収納袋

キャンプやお花見、海開きなど多くのシチュエーションで使える折り畳み式アウトドアマット。機能性は定番メーカーのインナーマットに劣りますが、他にはない価格の安さがメリット。基本的な性能はあるので、春、秋などの気温の緩やかな時期に使うのがおすすめです。

VENTLAX キャンプマット エアーマット

素材:ポリエステル
サイズ:約190×63×8cm/収納時:約60×20×20cm
重量:2,500g
付属品:収納袋

表生地に優れた防水性を誇る75Dを採用、汚れても濡れタオルで一拭きするだけでOK。裏面は滑り止め加工が施されており、就寝時の寝返りなどによるズレを防ぎます。自動膨張式で最大約8cmまで膨らみ、地面からの影響を受けません。お手頃価格で手に入る良スペックのインナーマットです。

THERMAREST(サーマレスト) アウトドア マットレス 【日本正規品】

素材:軽量EVAフォーム、エチレン酢酸ビニル
サイズ:約183×51×2cm/収納時:約51×15×13cm
重量:約410g
付属品:-

従来のモデルには無いアルミを表面に蒸着することにより、20%断熱性を向上しましたモデル。2cmの厚みとは思えないほどのクッション性も持ち合わせています。折り畳み式で使いたい時にサッと取り出せる自由度の高さも人気のマットレス。春夏秋のシーズンでの使用がおすすめです。

インナーマットの代用品は?

インナーマットの代用品になるもの、それはずばり銀マットです。高い断熱性を持ち、使い方次第では正規のインナーマットに匹敵することも。厚手の銀マットは断熱・保温性はもちろん、重ねて使用することでさらなるクッション性も得られます。おまけにカットしてサイズの調整もできちゃうんです。

ホームセンターや100円ショップで安く手に入ることから、キャンパーの間では「コスパ最強」とも言われています。銀マットは安価で高性能なため、インナーマットの代用品として人気のある便利なアイテムなんです。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

akira ◡̈ emi(@niconico_camp)がシェアした投稿

インナーマットはテントやシュラフに比べ目立たないアイテムですが、テント内の生活を快適にする重要なアイテムです。もし今インナーマットの購入を考えているなら季節や地形、用途に合ったマットを選びましょう。知識があるなら銀マットを工夫して使うのもいいですね。

今まで以上にアウトドアが楽しくなる、あなたにピッタリのステキなインナーマットを探してみましょう。

関連記事