×
ライトマイファイヤー

スウェーデン発!ライトマイファイヤーのポップなおすすめアイテム

アイキャッチ画像:Amazon

今回は、スウェーデン発のポップと無骨を併せ持ったキャンプギアメーカーであるLIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)についてご紹介していきます。ライトマイファイヤーはキャンプにおける焚き火とキャンプ飯を格上げするアイテムを多く生産されており、非常におすすめなキャンプギアばかりです。この記事を読んで気になったアイテムは是非チェックしてください。

ライトマイファイヤーとは


参照:HighMOUNT公式

ライトマイファイヤーの起源は1995年のスウェーデンで、元々はアウトドアアクセサリーを専門とするブランドでした。創業者のMichael Odqvistが、グアテマラの松の木から作られた天然素材の火起こしツールである『マヤスティック』に魅了され、『ティンダーオンアロープ』として販売を始めました。その後、スウェーデン軍のファイヤースターターを、水濡れや寒さに強い『ファイヤースチールスカウト』として商品化しました。

この『ティンダーオンアロープ』と『ファイヤースチールスカウト』を看板商品とし、その上で、あえて時代に合わせたカラフルでかつユニークなデザインの商品をより高品質なラインナップとして展開し、現在ではアウトドアシーンのみにとどまることなく様々な場面で愛されるアイテムを販売しています。

ライトマイファイヤーの魅力


参照:HighMOUNT公式

ここからはライトマイファイヤーの魅力について2つのポイントからご紹介していきます。

カラフルでポップな見た目


参照:HighMOUNT公式

先ほども書きましたが、従来のキャンプギアは、茶色や黒、カーキといった比較的地味で落ち着いた色味のアイテムが多いです。そんななか、ライトマイファイヤーの商品は、独特のカラーリングとユーザーのニーズに寄り添ったポップな見た目のアイテムも取り揃えております。このため、キャンプだけでなく普段のお弁当や、バーベキュー、ピクニック、これからのシーズンにはお花見の時にもお使いいただくことができます。

機能性が抜群!


参照:HighMOUNT公式

ライトマイファイヤーのアイテムの魅力として、高い機能性が挙げられます。後ほどおすすめの商品を紹介していく中でそれぞれの機能について詳細にご説明しますが、全てのアイテムにおいてユーザーの気持ちを見透かしたかのように欲しい機能が備わっています。百聞は一見に如かず、ぜひ一度お手に取ってその機能を確認したいただけたらと思います。

本格的な火おこしを楽しもう!


参照:HighMOUNT公式

ライトマイファイヤーのアイテムを使えば、より本格的な火おこしができ、焚き火がさらに楽しくなります!

火おこしの方法


参照:HighMOUNT公式

今回はライトマイファイヤーのファイヤースチールスカウトを使用して火おこしを行う場合の、具体的な方法についてご紹介します。まずは使用する焚き火台の上に、火種となる燃えやすいものを用意しておきます。木くずや麻のヒモをほどいたもの、ススキなどが一般的です。

次に細くて小さめの燃えやすい木やスギの枝、松ぼっくりなどを用意しておきます。火種の火が消えないように大きくしていくためですが、いざ火がついた際に慌てないようにすぐ近くに並べて準備しておくことをおすすめします。最後に大きめの薪ですが、焚き火台の大きさに合わせて適度な大きさや太さに割っておいてください。

薪の準備ができたらいよいよ着火します。右利きの方は火打ち石の役割をするストライカーを右手に持ち、ファイヤースチール本体を左手に持っていただくと着火しやすいです。ファイヤースチールの根元から先端に向かって、勢いよくしっかりとストライカーをこすりつけて火花を散らします。

この際に火花が飛ぶ方向の先に火種となる燃えやすいものを固定して集めておくと着火しやすいです。

ライトマイファイヤーのおすすめ火おこしアイテム4選

ファイヤースチールスカウトBIO

サイズ:約幅26×高さ75mm
重量:約27g
素材:〔ファイヤースチール〕フェロセリウム、マグネシウム、〔ストライカー〕ステンレススチール
発火回数:約3000回
カラー:ココシェル、ラスティオレンジ、ロッキーレッド、ヘイジーブルー

ライトマイファイヤーのアイコン的なアイテムです。非常にコンパクトでキーホルダーと同様の扱いで持ち運ぶことができます。水濡れや寒さに強く、どんな天候や標高でも使用が可能で、特に燃料を必要とはしないため、アウトドアに限らず、非常時にも役に立ちます。

つまみ部分はサトウキビベースのバイオプラスチックで、BPAフリー、かつ遺伝子組み換え原料も使用していない商品です。

ファイヤースチールスカウト アーミー

created by Rinker
Light my Fire
¥3,080 (2024/02/25 23:16:39時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:約幅26×高さ95mm
重量:約50g
素材:〔ファイヤースチール〕フェロセリウム、マグネシウム、〔ストライカー〕ステンレススチール
発火回数:約12000回
カラー:ココシェル、ラスティオレンジ、スレイティーブラック

先ほどご紹介したファイヤースチールスカウトBIOよりひとまわり大きいタイプのファイヤースチールがこちらです。発火回数も約4倍の約12000回となります。こちらのファイヤースターターは、長くて持ちやすいのであまり慣れていない初心者の方でに着火しやすく、非常におすすめです。

ファイヤーナイフ

created by Rinker
LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)
¥15,458 (2024/02/25 23:16:39時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:約幅45×長さ220×厚さ35mm
重量:約119g
素材:〔刃〕ステンレススチール(サンドビック)、〔ハンドル/シース〕ポリエチレン、〔ファイヤースチール〕フェロセリウム、マグネシウム、〔ストラップ〕レザー
発火回数:約3000回
カラー:ココシェル、ラスティオレンジ、セージグリーン

こちらは、ハンドル部分にファイヤースチールを内蔵した高機能のブッシュクラフトナイフです。ナイフは非常に切れ味もよく、背面は発火しやすい角度に研磨され、発火回数は約3000回です。シースは、ベルトクリップと水抜き穴を備えており、多少の濡れや汚れに強く、アウトドアでの使用に適しています。

刃の部分に使用されているステンレススチールはカーボンスチールと比べて頻繁なメンテナンスをしなくても錆びたり使えなくなることが少ないため、初心者でもお手入れが簡単である点も嬉しいポイントです。

ティンダーオンアロープ

created by Rinker
LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)
¥640 (2024/02/25 23:16:40時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:約幅22×奥行22×長さ150mm
重量:約50~70g

こちらもライトマイファイヤーの代表作と言っても過言ではない、天然の松の木材を使った着火剤です。天然の油分を80%含有し、水に強く、濡れた状態でも火が付きます。また、科学物質を一切使用していない点もおすすめのポイントです。

キャンプは食も楽しく!おすすめアイテム6選


参照:HighMOUNT公式

次に、キャンプでの食事、キャンプ飯においておすすめのアイテムについて紹介してきます。

ランチキット

サイズ:〔スタックボウル〕約幅185×奥行195×高さ43mm、〔スタックリッド〕約幅185×奥行195×高さ25mm、〔スナップボックスオーバル〕約幅168×奥行70×高さ50mm、〔スナップボックスオリジナル〕約幅100×奥行100×高さ42mm、〔スポークオリジナル〕約幅38×長さ170mm、〔ハーネス〕約幅170×奥行150×厚さ5mm約幅45×長さ220×厚さ35mm
重量:〔総重量〕約326g、〔スタックボウル〕約66g、〔スタックリッド〕約76g、〔スナップボックスオーバル〕約58g、〔スナップボックスオリジナル〕約38g、〔スポークオリジナル〕約11g、〔ハーネス〕約25g約119g
素材:ポリエチレン、〔スポークオリジナル〕ポリエステル、〔ハーネス〕TPE
カラー:ダスティピンク、マスティイエロー、サンディグリーン、ココア、クリーム
耐熱温度:本体 120度、スポーク 100度、TPE 120度
容量:プレート500ml、ボウル900ml、スナップボックスオリジナル170ml、スナップボックスオーバル320ml

まずはじめにご紹介するのは、その名の通りランチに非常に便利な6種類のオールインワンミールキットです。使用後や持ち運びに時には、すべてを入れ子で納めて、ハーネスでひとまとめにできるため非常にコンパクトになります。スポーク立て付きボウルの袖には置き場所に困ることの多いスポークの居場所付きです。環境に配慮した原材料を使用し、人体への悪影響を及ぼす懸念がある化学物質BPA(ビスフェノールA)は含まず、遺伝子組み換え原料も使用しておりません。

アウトドアミールキット


参照:HighMOUNT公式

サイズ:〔スタックボウル〕約幅185×奥行195×高さ43mm、〔スタックリッド〕約幅185×奥行195×高さ25mm、〔スナップボックスオリジナル〕約幅100×奥行100×高さ42mm、〔コーサ〕約幅120(ハンドルを除く)×奥行120×高さ55mm、〔カッティングボード〕約幅160×奥行150×厚さ3mm、〔スポークオリジナル〕約幅38×長さ170mm、〔スポークリトル〕約幅30×長さ140mm、〔ハーネス〕約幅170×奥行150×厚さ5mm
重量:〔総重量〕約375g、〔スタックボウル〕約66g、〔スタックリッド〕約76g、〔スナップボックスオリジナル〕約38g、〔コーサ〕約80g、〔カッティングボード〕約50g、〔スポークオリジナル〕約11g、〔スポークリトル〕約6g、〔ハーネス〕約25g
素材:ポリエチレン、〔スポークオリジナル、スポークリトル〕ポリエステル、〔ハーネス〕TPE
カラー:ラスティオレンジ、サンディグリーン、スレーティーブラック

次にご紹介するのも、ランチに便利な8種類のオールインワンミールキットです。こちらも同様に、ハーネスでひとまとめにしてコンパクトに持ち運びできます。多用途なミールキットで、深底のスタックボウルと、プレートにもなるスタックリッドは組み合わせるとランチボックスとしても使えます。さらにカッティングボードも付属し、キャンプ飯の調理から盛り付けまでこれ1つで楽しむことができます。

コーサ


参照:HighMOUNT公式

サイズ:約幅120(ハンドルを除く)×奥行120×高さ55mm
重量:約80g
素材:ポリエチレン
容量:約300ml
カラー:ラスティオレンジ、ココア、セージグリーン

スカンジナビアの伝統的なカップのオマージュとして作られたのがこちらのコーサです。角のない丸みのあるフォルムは、手にしっくりとなじみ、水や食料をすくい取りやすいです。また、ハンドルの穴を利用すればベルトやバックパックに取り付けることもできます。

グランパファイヤーグリル


参照:HighMOUNT公式

サイズ:約幅165×奥行160×厚さ25mm
重量:約131g
素材:ステンレススチール

こちらはキャンプでの焚き火料理の際に使いたいアイテムです。枝や棒の先端に取り付けることにより焼き網を合わせた小さなグリルとなります。肉や魚などお好みの食材を挟んで、焚き火にかけることができます。

挟み込む食材に応じて高さを2段階で調整可能で、グリルを完全に広げれば焼き網になります。現地でちょうどよい大きさの枝を調達し、炙って、焼いてと焚き火の楽しみを無限に広げてくれるアイテムで非常におすすめです。

グランパファイヤーフォーク2パック


参照:HighMOUNT公式

サイズ:約幅47×奥行103×厚さ19mm
重量:約45g
素材:ポリエチレン、ステンレススチール
カラー:サンディグリーン/ダスティピンク、マスティイエロー/ヘイジ―ブルー

こちらも、焚き火の際に使いたい調理器具となります。枝や棒の先端に取り付けるだけで二股フォークとして使うことができます。2本セットの深めのフォークは、軽量ですが食材をしっかりと固定できますので、お子さまでも火に近づくことなく調理でき、マシュマロを焼いたりするのにもぴったりです。

持ち運びを考慮してフォーク部分にはカバーが付いており、もちろんBPAフリーのバイオベースプラスチックを素材として使用しています。

スポークンストローキット チタニウム


参照:HighMOUNT公式

サイズ:〔スポーク〕約幅38×長さ170mm、〔ストロー〕約直径11×長さ190mm、〔ケース〕約幅63×長さ211×厚さ8mm
重量:〔スポーク〕約19g〔ストロー〕約23g〔ケース〕約32g
素材:〔スポーク/ストロー〕チタン、〔ケース〕リサイクルメリノウール
付属品:収納ケース

無骨な見た目ながら、非常に使いやすいスポーク チタニウムとストローがセットになった商品がこちらです。鋼鉄以上の強度で繰り返し使えるチタン素材のストローは、無味無臭でサビにくいです。ケースも環境を配慮し、リサイクルメリノウールで作られているのもポイントです。

まとめ

今回はスウェーデン発のアウトドアメーカー、ライトマイファイヤーについて紹介させていただきました。焚き火周辺アイテムは、無骨でありながらも機能性が高く、あまり慣れていない方でも簡単にお使いいただけます。また、キャンプ飯がさらに美味しく楽しくなりそうなポップなアイテムが豊富に取り揃えられています。

是非、ライトマイファイヤーのアイテム、お試しください!