×
グリーンステージイメージ

【ドンキで買える!?】グリーンステージのテントってどうなの?

アイキャッチ画像参照:グリーンステージ公式

最近ではアウトドアがブームとなっていますが、キャンプも今までより身近なレジャーとして認められてきています。
また人混みを避ける生活が強いられていたことも追い風となり、アウトドアの小物グッズやテントも様々なブランドメーカーから発売されるようになりました。

特にテントは、アウトドア用品の中でも高額なので、よくよく検討してから購入したいところですよね。
そこでおすすめしたいのがこちら!

グリーンステージとは

グリーンステージ

参照:グリーンステージ公式

そんな中で注目されているブランドの一つに、日本最大級の総合ディスカウントストアである激安の殿堂「ドンキホーテ」から出された「グリーンステージ」というアウトブランドはご存じでしょうか。
ドンキホーテといえば、まずリーズナブルな商品がずらりと並んでいる光景が印象的ですよね。

グリーンステージでは、本格的なキャンプでも使用できるテントやシュラフの他にも、ちょっとしたレジャーで使える道具など、幅広い品揃えを誇っています。
またドンキホーテでは2018年に「DAILIC(デイリック)」という女性向けブランドが展開しており、デザイン性が高く写真映えの良いアイテムが数多く揃っています。

とはいえグリーンステージの口コミや評判などの情報は、まだまだ少ないのが現状。
なので今回は、グリーンステージの取り扱い商品の中では大型の商品で、キャンプといえばコレ!と頭に浮かぶアイテム「テント」について紹介したいと思います。

グリーンステージのテント解説

ドームテントティピーテントキャノピーテント
参照:グリーンステージ公式

グリーンステージのテントは3種類のバリエーションがあります。形やデザイン、組み立て方が違うので、用途に合わせて選ぶことができます。

キャノピーテント

最も大きいサイズは5~6人用のキャノピーテント
グリーンステージテント
参照:グリーンステージ公式

テントの中は高さ約165cmもあるので、子どもやペットはもちろん、大人でもテント内で楽に移動できます。
面積も約2.7m×4.3mとゆったりしているので快適です。

また両面扉仕様なので、通気性がよく、またどちらの扉からでも出入りできるので、人数が多い時には重宝すること間違いないです。
さらにメッシュポケットやランタンフック付き。

収納時のサイズは、だいたい幅66cm×奥行22cm×高さ22cmとコンパクトになるのでおすすめです。

ティピーテント

次に、中サイズの3〜4人用のティピーテントを紹介します。
ティピーテント
参照:グリーンステージ公式

3つの中では唯一の尖りデザインで、ポール 1 本で突き上げる、組み立てが簡単なティピー型ワンポールテントです。
日帰りキャンプや野外フェスなど、ちょっとしたお出かけのシーンを楽しく演出します。

またテント内の高さは180cmもあり、幅3m×2.5mほどのスペースがあるので、広々とした空間が欲しい人にはおすすめです。
収納時のサイズは、キャノピーテントと同じくらいで、幅68×奥行き17cm×高さ17cm、3.7kgほどの重さです。

スペースとしては大人2人、子供2人ならなんとかいけそうですが現実的には大人2人がちょうどいいサイズかもしれません。
5分程度で組み立てが完成します!

ドームテント

最後に、一番小さいサイズのドームテントを紹介します。
ドームテント
参照:グリーンステージ公式

2~3人用ですが、出入口には1mmメッシュがあり、なんとベンチレーションまでついているので通気性バッチリなテントです。

テント中の面積は、約2m四方、高さは130cmほどあります。重さは2.5kgと3つのテントの中では最も軽いテントになります。
ポールは丈夫で弾性に優れたグラスファイバー製なので、小さなテントでも安心です。

また持ち運びに便利な収納バックがついていて、そのバッグに収納するとコンパクトになり、重さも軽いタイプです。
なのでこちらのテントは、荷物が限られてしまうツーリングにもお勧めです。

口コミ

そしてお値段ですが、この価格でテントが買えてしまうのか、と驚いてしまうほど、どのタイプもとても安い価格で販売されています。
参考までに、ティピーテントは公式サイトでは¥4,980(税込¥5,478)で紹介されています。

確かこれで4,980円だったかと…笑
このカータープとテントの組み合わせが1番使い勝手いいと言う笑

出典:twitter

ドンキホーテでは定価よりもかなり安く手に入る商品が多いのですが、実はこのグリーンステージに関しても同じです。
店舗によっては、定価から更に安い場合もあるようなので、近くに店舗があれば実際に店舗に足を運んでみてみるのもいいですね。

また、お値段だけをみても魅力的なのですが、機能面にもぜひ注目してみてください!

設置は組み立てや収納が簡単なポップアップ式なので、広げるだけでほぼ完成します。
キャンプテントでは、立てたり片付けたりするのは面倒な気持ちがつきものですが、そんな負担も軽くしてくれるのはこの商品の嬉しいポイントです。

設営や撤収にかかる時間は10分もかからず、初めてのキャンプやツーリングでも安心して使えますし、キャンプ道具は荷物がたくさんあるので、少しでも軽くできる部分があるのは魅力的ですね。

まとめ

ドンキホーテ

いかがでしたでしょうか?
リーズナブルで機能面も決して劣らない、コスパ最高のグリーンステージのテントを紹介しました。
グリーンステージブランドにはテントの他にもアウトドアアイテムがたくさん取り揃っているので、今回のテントに合うアイテム選びをしても楽しいかもしれません。

ドンキホーテのアウトドアブランドが気になっていた方も、値段が安すぎて少し不安を感じていた方も、
ぜひこの記事を参考にグリーンステージアイテムを手に取ってみてくださいね!