WAQLEDランタン

【LEDランタンならこれ‼】WAQ(ワック)のLEDランタンを比較も交えて紹介

最近注目を集めているWAQのLEDランタンは、キャンプ用のランタンとして愛用者が増えています。正方形のコンパクトな見た目や、スペックが似ているルーメナー7と比べた方も多いのではないでしょうか。

実際どちらの方がいいのか具体的に比較しながら、WAQのLEDランタンについてご紹介します。



WAQ(ワック)LEDランタンについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちまり(@chimari.camp)がシェアした投稿

夜間でも十分明るい1,000ルーメンの明るさは、直視すれば眩しさを感じるくらい明るいです。色温度や光量調節が可能なので、キャンプやアウトドアでもメインランタンとして使用できます。さらに、明るさに加え角度調節もできるので、暗闇の作業も安心です。

小さいだけでなく機能も充実し、電源が無い場所でもスマホやタブレットなどを充電できる、モバイルバッテリー機能があります。ポケットサイズなので出し入れしやすく、持ち運びにも便利なハイスペックのランタンです。

基本情報

サイズ:8.1 x 8.1 x 2.6 cm
重量:220g
明るさ:100~1,000Lm(調光切り替え4段階)
色温度:昼光色(5700K)、昼白色(4500K)、電球色(3000K)
連続使用時間:100Lm/7時間、1,000Lm/100時間

【対抗品】ルーメナー7について

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUKI(@ninoninonino1211)がシェアした投稿

コンパクト軽量LEDランタンで知られているルーメナー7は、多くのキャンパーが愛用しています。男性が好む迷彩のデザインや定番のブラックカラーから選べるのも人気の理由の1つです。

通常のランタンでも400ルーメン前後の明るさですが、ルーメナー7はコンパクトな手のひらサイズながら、最大1,300ルーメンの明るさで夜間もしっかり照らしてくれます。さらに、調光機能が付いているので、光を弱めて就寝時のテント内でも活用できます。

基本情報

サイズ:9.2×9.2×2.8cm
重量:220g
明るさ:260~1,300Lm(調光切り替え4段階)
色温度:昼光色(5700K)、昼白色(4500K)、電球色(3000K)
連続使用時間:100Lm/8時間、1,300Lm/100時間



WAQ (ワック)のLEDランタンの魅力6選

明かりの強さ

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE CAMPAHOLIC(@the_campaholic)がシェアした投稿

WAQのLEDランタンは、最大1,000ルーメンの明るさがあります。通常販売されているランタンの明るさは400~600ルーメンのものが多く、手元しか照らせないため、夜間の作業にはちょっと物足りないと感じることもあります。

ルーメナーは1,300ルーメンとWAQより高いルーメン数ですが、車のヘッドライトが約800ルーメンの明るさなので、1,000ルーメンあれば十分な明るさです。

1,300ルーメンあると明るすぎて逆に使いづらいこともあります。WAQでも通常のランタンよりかなり明るく、使いやすい1,000ルーメンなので、暗闇でもスムーズな作業ができます。

さらに、吊り下げ設置も可能で、角度調節や調光機能も付いているため、テントサイト全体からテント内を照らすのにも適しているランタンです。WAQのLEDランタン1つあればいくつもランタンやライトを持つ必要も、大きさに悩むこともないので、非常に優秀なランタンです。

電球色と明るさ調節

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAQ OUTDOOR(@waqoutdoor)がシェアした投稿

時に1,000ルーメンを超える明るさは、キャンプ場で近隣に迷惑をかけることがあるので、1,300ルーメンも明るさがあるルーメナーのように、ルーメン数が高ければいいとは限りません。

WAQのLEDランタンは、100・200・550・1,000ルーメンの4種類の調光機能があるので、とても便利な機能です。角度調節も可能なので、照らしたい場所を広範囲照らすことができるので、近隣への迷惑防止にもなります。

ルーメナーは一番暗くしても260ルーメンの明るさがあるので、選ぶ際のポイントの1つです。さらに、電球色・昼光色・昼白色の3種類に光の色を変えられる色温度調節機能もあるので、キャンプサイト全体から、テント内のランタンとして活用できます。

色温度は就寝時やリラックスしたい時には温かみのある空間にすることができるので、キャンプでは電球色と明るさ調節機能があると、とても便利です。

機能性

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hide_mocoがシェアした投稿

電源がないキャンプやアウトドアシーンで便利な、モバイルバッテリー機能があります。スマートフォンであれば、約2~3回のフル充電ができるので、普段はモバイルバッテリーとしても活用できます。

コンパクトサイズで大容量バッテリーなので、モバイルバッテリーとしてみてもかなり優れた商品です。安全が認められているモバイルバッテリーに表示が義務化されているPSE認証マークが、ルーメナーにはなく、WAQのLEDランタンにはしっかりPSE認証マークの表示があります。

さらに、高速充電可能な5V/2.1A出力のため、短時間で充電可能です。状態や機種にもよりますが、時間にすると約30~40分の差が出ます。WAQのLEDランタンには充電出力用のUSBポートに使う防滴カバーが付属しているので、野外のキャンプやアウトドアでも安心して使えます。



コストパフォーマンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

時岡和平(@yung_pai0214)がシェアした投稿

機能面や見た目などあまり大差がありませんが、相場ではルーメナーよりWAQの方が2,000円前後安く、ルーメナーとWAQの比較するポイントです。

Amazonランキングでは人気ランキング、売れ筋ランキング共に1位の商品になっているのも、WAQのコストパフォーマンスに魅力があるからでしょう。

もっと安く買いたい方は、プライムデーやポイントアップキャンペーンなど、Amazonは頻繁にセールを行います。

セールで値引きされると、ルーメナーより4,000円くらい安くなるので、そのタイミングを待って買うのもおすすめです。お気に入り登録をしておくと値引きされた通知が来るので、上手く活用してください。

充電の持ち

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひよしゅんしゅん(@hiyoshun2)がシェアした投稿

1,000ルーメンの明るさで最大7時間、1番暗い100ルーメンで100時間連続で使用でき、モバイルバッテリーとして使っても十分なバッテリー容量です。WAQのランタン1つだけで、キャンプ1泊過ごしても充電が持ちます。

ルーメナーは1,300ルーメンの明るさで最大8時間、1番暗い260ルーメンで100時間と、WAQより明るいのに連続使用時間が1時間長くなっています。

暗くしても260ルーメンの明るさがある良し悪しは個人差があります。ルーメナーとの差があるポイントなので、WAQの値段を考慮して比べてみてください。

カラーバリエーション

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeshi(@oceans_runner)がシェアした投稿

WAQにはキャンプギアに合わせやすいオリーブ、新色でタンカラーが人気で品薄の場合があります。全カラーのハンドル部分がブラックなので、汚れにくくどのカラーにしても統一感があります。

一方ルーメナーは、男性人気の高い迷彩デザインのグレーとグリーンと、定番のブラックの3種類のバリエーションがあります。ハンドル部分が全カラー共通で、洗練された印象のベージュゴールドです。

使用するアイテムとしてデザインやカラーは重要です。WAQとルーメナーの大きな違いなので、自分の好みのデザインやカラーを比べて選んでみてください。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

児玉 康(@i.am.yassan0824)がシェアした投稿


LEDランタンの中でも軽量コンパクトで、機能性にも優れているWAQとルーメナーは、どちらもハイスペックなランタンです。大まかなデザインや機能面は似ていますが、明るさやバッテリーの他に価格など、細かい部分を見ると少しずつ違うポイントがあります。ご紹介したWAQの魅力と比べてどちらが好みか、選ぶ際の参考にしてみてください。



関連記事一覧