×
レイバンのサングラス

洗練された「Ray-Ban(レイバン)」のおすすめサングラス10選!

サングラスは紫外線から目を守る機能性だけでなく、お洒落なファッションアイテムとしてコーディネートに取り入れることができます。野外で過ごす時間の多いキャンプや釣りのようなアウトドアを楽しむ人だけでなく、お洒落を楽しみたい人に向けて世界的なトップブランドである「レイバン」をご紹介します。

「Ray-Ban(レイバン)」とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


1937年にアメリカで誕生したアイウェアブランド。眼鏡職人であったジョン・ジェイコブ・ボシュによって設立された会社は、顕微鏡や写真機用のレンズを開発するなどアメリカでもトップの光学メーカーに成長しました。その技術を活かして、パイロットの眼を紫外線から保護するサングラスを作成して広く認知されました。今なおレイバンを代表する「アビエイター」モデルの誕生です。
やがて一般にも販売されレイバンというブランドが誕生しました。その後も高いクオリティとデザイン性を兼ね備えた数々のサングラスを発表し、現在も海外セレブをはじめ、モデルのローラさんや格闘家の朝倉未来さんなど数々の著名人に愛用されています。

レイバンのサングラスの魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


レイバンのサングラスの魅力は、デザイン性と高機能なレンズにあります。当時よりパイロット用のサングラスとしてアメリカの航空隊に制式採用されるほど高い品質を誇っていました。
その後ファッション界のアカデミー賞と呼ばれるアメリカ・ファッション・デザイナー協議会より世界最高級のサングラス(The World’s Finest Sunglasses)という称号を得ました。
品質だけでなくデザイン面でも高い評価をされています。

様々なシーンに合うデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


パイロット専用モデルであったティアドロップ型の「アビエーター」にとどまらず、様々なシーンに合うデザインを展開しています。サングラスの定番と言われるウェリントン型の「ウェイファーラー」や「クラブマスター」など優れたデザインを展開しています。ファッションとして普段使いからアウトドアを楽しむ人たちに愛され続ける伝統的なデザインです。

高機能なレンズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Simone Dondelli(@simonedondelli)がシェアした投稿


高機能なレンズは、普段使いだけでなくキャンプや釣りなどアウトドアを楽しむ方にもおすすめです。
レイバンの設立当初「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」というコンセプトを掲げていました。高機能なレンズは100%UVA・UVBカットのほかに色味のコントラストを綺麗にみせてくれます。食材の色味をみたいキャンプ飯づくりや、水面の様子が知りたい釣りにも最適なレンズを展開しています。

選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


サングラスを選ぶ場合のポイントをご紹介します。ポイントは、フレーム・デザイン・サイズ・カラーです。
例えば真っ黒のフレームに対して、真っ黒のレンズを選ぶとキツイ印象になります。レンズを淡いブルーやオレンジにするだけで、印象が随分と変わります。それぞれ選び方について解説します。

フレームで選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


同じデザインでも金属製のメタルフレームかアセテート素材のフレームなのかによって印象が変わります。
またメタルとアセテートのコンビネーションも素敵です。髪やアクセサリーの色味と合わせるとお洒落にコーディネートできます。

デザインで選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


レイバンには3大デザインと呼ばれるアビエーターやウェイファーラー、クラブマスターの他に多数のデザインが展開されています。
顔の形によって相性のいいデザインがあります。デザインは、顔の形と異なるものがおすすめです。例えば三角や四角顔の人におすすめな形は、丸みのあるラウンド型。丸顔の人にはスクエア型のデザインがよく似合います。デザインと顔の形が一緒の場合は、コンプレックスな部分が強調されるので注意しましょう。

サイズで選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


サングラスの横幅や高さ、鼻にあたるブリッジ部分のサイズに注目しましょう。横幅は顔の幅と同じくらいで、高さは眉毛が隠れるくらいが理想的です。どちらも顔に馴染んでお洒落にみえます。
鼻にあたるブリッジ部分は日本人向けに作られたタイプをおすすめします。ブリッジがあっていないとずり落ちてしまいます。レイバンでは日本人向けとそうでないタイプがあるので注意しましょう。

カラーで選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


フレームやレンズのカラーを上手く選べばお洒落にかっこよくみせれます。フレームカラーは落ち着いた印象を与えたいなら黒や茶系を選びましょう。派手に個性的にみせたいなら赤や白を選ぶとスポーティーな印象になります。レンズのカラーはグレーや茶系で濃度50%までの目が透ける程度を選ぶと印象がよくなります。

レイバンのサングラス3大モデル

レイバンの中で定番と言われる3大モデルについてご紹介します。パイロットの為に開発されたアビエーターに始まり、ウェイファーラーやクラブマスターなどサングラスをファッションに昇華させた伝統のモデルです。

①アビエーター

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


ティアドロップが特徴の「アビエーター」は、パイロット用のマスクに干渉しないように作られており最大限の視野が確保されています。
映画「トップガン」でトム・クルーズが着用していたことで人気が爆発しました。ミリタリー要素が詰まった伝統的なモデルです。

②ウェイファーラー

レイバンのサングラス

エッジの効いたフレームが美しい「ウェイファーラー」は、ウェリントン型のモデルで男女問わず人気のサングラス。
有名女優のオードリ・ヘップバーンが着用していたことで知られています。

③クラブマスター

レイバンのサングラス

1986年に誕生した「クラブマスター」は、1950年代のカルチャーを取り入れ洗練されたクラシックなデザイン。
時代のリーダーやアーティストに愛されてきました。眼鏡としても人気のフレームです。ONE OK ROCKのTAKAさんが着用していたことでも知られています。

レイバンのおすすめサングラス10選

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


メンズとレディース向けにおすすめのサングラスをご紹介します。3大モデルと言われるアビエーターやウェイファーラー、クラブマスター以外にも名作は盛りだくさんです。

メンズにおすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

𓇋𓃀𓂋𓄿𓎛𓏭𓅓(@ebo001_)がシェアした投稿


アウトドアにぴったりのワイルドなデザインや知的なデザインのサングラスを選びました。

Ray-Ban AVIATOR RB3026(アビエーター ラージメタルⅡ)

フレーム全長:144mm
レンズ横幅:62mm
ブリッジ幅:14mm
テンプル長さ:140mm

AVIATOR RB3025より少し大きめのサイズ感で作られたフレーム。レイバンを代表するアビエーターからインスパイアされたデザインです。

Ray-Ban ORIJINAL WAYFARER(オリジナルウェイファーラー)

フレーム全長:146mm
レンズ横幅:52mm
ブリッジ幅:22mm
テンプル長さ:150mm

レイバンの中でも人気の高いウェイファーラー。ウェリントンタイプでどんなファッションにも合わせやすいモデルです。

Ray-Ban CLUBMASTER RB3016(クラブマスター)

フレーム全長:144mm
レンズ横幅:49mm
ブリッジ幅:21mm
テンプル長さ:140mm

1950年代からインスピレーションを受けたクラシックなデザイン。映画「マルコムX」で主演のデンゼル・ワシントンが着用していたことで知られています。

Ray-Ban HEXAGONAL RB3548N(ヘキサゴナル)

フレーム全長:135mm
レンズ横幅:51mm
ブリッジ幅:21mm
テンプル長さ:145mm

ラウンドタイプにエッジを効かせた6角形のフレーム。クラシックなメタルフレームに現代的なデザインを取り入れたモデルです。知的でありながら遊び心のある印象です。

Ray-Ban ROUND RB3447(ラウンドメタル)

フレーム全長:130mm
レンズ横幅:50mm
ブリッジ幅:21mm
テンプル長さ:145mm

1960年代のカウンターカルチャーの影響を受けたデザイン。数々のミュージシャンに愛され続けたサングラス。メタルフレームがどこか懐かしいレトロなムードを漂わせます。

レディースにおすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban(@rayban)がシェアした投稿


大きめレンズで小顔効果が得られるモデルを中心にご紹介します。フレームの色味をアクセサリーや髪色に合わせてコーディネートを楽しみましょう。茶系のレンズを選ぶと肌の色がよく見えて、目の隈は目立ちづらくなります。

Ray-Ban AVIATOR RB3025(アビエーター)

フレーム全長:148mm
レンズ横幅:62mm
ブリッジ幅:14mm
テンプル長さ:140mm

ティアドロップ型のアビエーターモデルです。ミリタリーテイストの強いワイルドなサングラス。アウトドアファッションとの相性がいいモデルです。

Ray-Ban NEW WAYFARER RB2132F 901(ニューウェイファーラー )

フレーム全長:148mm
レンズ横幅:58mm
ブリッジ幅:18mm
テンプル長さ:140mm

男女問わず人気のウェリントンタイプのフレームです。ウェイファーラーに現代的な要素を取り入れ、アップデートされたモデル。

Ray-Ban CLUBMASTER RB3916F(クラブマスター スクエア)

フレーム全長:-mm
レンズ横幅:55mm
ブリッジ幅:21mm
テンプル長さ:145mm

知性の象徴として知られるクラブマスター。ブリッジとフレームのメタルがアクセントになった素敵な一品。

Ray-Ban ERIKA RB4171F 865(エリカ)

フレーム全長:-mm
レンズ横幅:54mm
ブリッジ幅:18mm
テンプル長さ:145mm

華奢でシェイプしたメタル製のテンプルのERIKA。丸みを帯びたオーバーサイズのレンズは女性に人気のデザインです。

Ray-Ban RB4165F 601/71(ジャスティン)

フレーム全長:140mm
レンズ横幅:54mm
レンズ縦幅:42mm
ブリッジ幅:16mm
テンプル長さ:145mm

ウェイファーラーにインスパイアされた遊び心溢れるデザイン。スクエア型の少し大きめなレンズで女性にもかけやすいサングラスです。

まとめ

レイバンのサングラス

お洒落なサングラスの代名詞とも言えるレイバンについてご紹介しました。なぜ3大モデルと呼ばれるアビエーターやウェイファーラー、クラブマスターは、数々の著名人に愛され続けているのか。その秘密は、高品質なレンズと高いファッション性にあります。アウトドアや日常使いなどお洒落を楽しむ人におすすめなブランドです。

関連記事