×
モンベルのジェットボイル

簡単便利でおすすめ!モンベルのバーナー「ジェットボイル」全6種をご紹介!

アイキャッチ参照:モンベル公式サイト

山登りや一人キャンプの時の料理はアウトドアバーナーがあるととても便利。JETBOIL(ジェットボイル)は省エネで沸騰できるバーナーです。パーツをクッカーの中に収納できる優れものです。今回はモンベルのバーナー「ジェットボイル」とバーナーの選び方を一緒にを紹介します。

今回はアウトドアバーナーの選び方と一緒にモンベルのバーナー「ジェットボイル」を紹介します。

モンベルから出ているバーナー「JETBOIL(ジェットボイル)」とは

モンベルのジェットボイル

参照:モンベル公式サイト

山登りや一人キャンプの時に持ち運びしやすいバーナーがあると便利ですよね。お湯が用意できればアウトドアの料理の幅が広がります。JETBOILは(ジェットボイル)バーナーは高いエネルギー効率を実現した、コンパクトなバーナーです。他社のアウトドアバーナーは約12L のお湯を沸かすために200gのガスを使いますが、JETBOILは100gのガス量で沸騰できます。

独創的なデザインで燃料を最小限に抑えて、お湯を沸かせます。別売のクッカーと一緒に使用すると幅広くアウトドア料理が楽しめます。

バーナーを選ぶときの4つのポイント

アウトドア向けバーナーの選び方は持ち運びやすさと短時間で沸騰できるかが重要です。さらに、多彩な機能があるとアウトドア料理を楽しむことができます。4つのポイントを踏まえてバーナーの選び方を紹介します。

  1. サイズ
  2. 火力&沸騰までの時間
  3. 収納しやすさ
  4. 便利な機能&付属品

1. サイズ

参照:JETBOIL公式サイト

リュックの中にかさばらない位のサイズと持ち運びしやすい軽さのものを選ぶようにしましょう。特に登山で使う場合は重量が重いと体力を消耗してしまいます。

できるだけ、荷物を軽くするために軽量かつサイズがコンパクトなバーナーは便利です。

2. 火力&沸騰までの時間

モンベルのジェットボイル
参照:モンベル公式

熱が伝わりやすく、ガスの消費量が少なく沸騰できるバーナーがおすすめです。クッカーの大きさにもよりますが、2~3分程度で沸騰できるバーナーが最適です。

火力はただ大きいだけでなく、熱が効率的に伝わる構造のバーナーを選ぶと、少ないガス量と短時間で沸騰できます。

3. 収納しやすさ

モンベルのジェットボイル
参照:モンベル公式サイト

最近のバーナーは収納のしやすさにこだわっています。できれば、バーナー本体とクッカーの中に収納できるタイプの方が収納性が高いです。持ち運びの際にバーナーとクッカーが別々になっていると荷物がかさばります。

4. 便利な機能&付属品

モンベルのジェットボイル
参照:モンベル公式サイト

雪山など厳しい環境でも使える温度調節機能があるバーナーは便利です。特に温度調整ができると作れる料理のレパートリーが増えて、アウトドア料理が楽しくなります。

さらに付属品に使用中のガスカートリッジを固定するスタビライザーがあれば安全に使用できます、そして、専用バックもあると収納時にとても便利です。

モンベルのバーナー「ジェットボイル」全6種を紹介!

「ジェットボイル」は全6種そろえています。沸騰時間が早いのはもちろん、軽量タイプや温度調整ができるシリーズまで幅広くを沿っています。それぞれの特徴を紹介していきます。

1. JETBOILフラッシュ

created by Rinker
ジェットボイル(JETBOIL)
¥15,200 (2023/01/26 23:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報
【容量】1.0L
【重量】約371g (付属スタビライザー27g、ゴトク35g除く)
【サイズ】φ10.4cm×高さ18cm(収納時)
【沸騰到達時間】約1分40秒 (0.5L)
【出力】2269kcal/h
【ガス消費量】約139g/h
【素材】アルミニウム合金(クッカー本体)

JETBOIL最小サイズ、沸騰時間が1分40秒でできる高機能モデル。ガス消費量は他のモデルより多いですが、短時間で沸騰できる省エネ構造。クッカーにガスバーナーとゴトク、スタビライザーも一緒に収納できるスマートな仕様です。

2. JETBOILスタッシュ

基本情報
【重量】約200g(バーナー:約60g/クッカー:約140g / 付属スタビライザー除く)
【サイズ】∅13cm×高さ11.2cm(収納時)
【容量】0.8L(0.5L)
【沸騰到達時間】2分30秒(0.5L)
【出力】1,134kcal/h
【素材】アルミニウム合金、ステンレス鋼(バナーヘッド:チタニウム合金)

シリーズ最軽量の200gの超コンパクトバーナー。クッカーにガスバーナーとゴトク、スタビライザーも一緒に収納できるスマートな仕様です。汎用性の高いバーナーは専用クッカー以外でも使えるのがポイント。一つあるだけで利便性の高いバーナーです。

3. JETBOILジップ

基本情報
【重量】約340g (付属スタビライザー27g、ゴトク35g除く)
【サイズ】∅10.4cm×高さ16.5cm(収納時)
【容量】0.8L
【沸騰到達時間】約2分30秒(0.5L)
【出力】1134kcal/h
【ガス消費量】約65g/h

軽量・コンパクトなサイズにも関わらず、高いエネルギー効率を発揮するシンプルモデル。自動点火装置が備わっていないのでマッチやライターが必要です。低予算で揃えたい方におすすめ。

4. JETBOILマイクロモ

created by Rinker
ジェットボイル(JETBOIL)
¥19,938 (2023/01/26 23:13:07時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報
【重量】約340g (付属スタビライザー27g、ゴトク35g除く)
【カラー】ブラック(BK)
【サイズ】∅10.4cm×高さ16.5cm(収納時)
【容量】0.8L
【沸騰到達時間】約2分30秒(0.5L)
【出力】1134kcal/h
【ガス消費量】約65g/h

さまざまな温度領域でも安定した火力が実現できる、サーモレギュレーター搭載のコンパクトモデル。単独の継走登山やソロキャンプに最適です。

5. JETBOILスモー

基本情報
【容量】1.8L
【重量】約453g(付属スタビライザー27g、ゴトク35g除く)
【サイズ】 直径12.5cm×高さ21cm(収納時)
【沸騰到達時間】約4分45秒(1.0L)
【出力】1,404kcal/h
【ガス消費量】約120g/h
【素材】アルミニウム合金(クッカー本体)

JETBOILシリーズの大容量モデル。グループでの継走登山やキャンプでの利用に最適。サーモレギュレーター搭載で火力調整も可能なので、アウトドアでの料理に活躍できる仕様です。

6. JETBOILミニモ

基本情報
【重量】約415g (付属スタビライザー27g、ゴトク35g除く)
【サイズ】∅12.7cm×高さ15.2cm(収納時)
【容量】1.0L
【沸騰到達時間】2分20秒(0.5L)
【出力】1,404kcal/h
【ガス消費量】 約120g/h

クッカーが広口で浅型で調理しやすい仕様が特徴。サーモレギュレーター搭載で幅広いアウトドア料理を楽しむことができます。さらに食事の際にカトラリーを持つ手がカップに触れにくいので快適かつ安全に使えます。

他ブランドバーナー3つ!比較して選ぶのが◎

モンベルのジェットボイルは他のブランドとどのような違いがあるか気になります。人気のブランドのアウトドアバーナー3つと比較して紹介します。

【コールマン】ファイアーストーム

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥8,530 (2023/01/26 23:13:08時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報
【製品サイズ】約φ12×11(h)cm
【収納サイズ】約φ6×11(h)cm(ケース収納時)
【重量(約)】約150gg(ガスバーナーコンロのみ)
【火力】最高時約3,300kcal/h(スーパーガス最大出力時)
【ジェットボイルとの違い】
炎口部分を囲っている構造で風の影響を受けにくいのが特徴

折りたたみタイプの高火力アウトドアバーナー。炎口を囲った構造で風の影響を受けずに点火できます。点火装置が搭載しているので、初めてバーナーを使う方も安心して使えます。

【スノーピーク】snow peak ギガパワーストーブ 地

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥8,250 (2023/01/26 23:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報
【製品サイズ】直径106×67.5mm
【収納サイズ】44×35×82(h)mm
【重量(約)】75g
【材質】ステンレス、アルミニウム合金、ブラス
【火力】2,500kcal/h
【ジェットボイルとの違い】
胸ポケットに入る程のコンパクトながらも強い火力を出すのが特徴。シンプルなデザインも人気。

スノーピークで長年愛されている、アウトドアバーナー。携行性、安定性、耐久性を備え、ガスカートリッジを装着するだけで手軽に着火できます。1998年にグッドデザイン賞しており、アウトドアの専門家からの高い評価を得ています。自動着火装置も搭載しているので、初めてのバーナーに人気です。

【キャプテンスタッグ】オーリック小型ガスバーナーコンロ

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,616 (2023/01/26 23:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報
【製品サイズ】幅125×奥行125×高さ85mm
【収納サイズ】幅117×奥行105×高さ65mm(ケース収納時)
【重量(約)】300g(ガスバーナーコンロのみ)
【材質】
ゴトク:鉄(クロムめっき)
バーナートップ:ステンレス鋼
器具せん:真鍮
点火方式:圧電着火方式
【火力】2,700kcal/h
【ジェットボイルとの違い】
ゴトクや着火装置がシンプルな設計。ガスカートリッジが200g~300g必要。

ガスカートリッジに取り付けるだけで点火出来るシングルバーナー。簡単に取り出し出来て専用ケースに保存するだけで手軽に使えます。火力調節機能もあるのでお湯を沸かすだけでなく、アウトドア料理にも最適です。

モンベルのバーナーと一緒に買いたいアイテム3選

バーナーは購入したけど、安全にバーナーを使えるアイテムや熱効率のよいクッカーが欲しいですよね。ぜひ。モンベルのバーナーと一緒に購入すると便利なアイテムなアイテムを紹介します。

【モンベル】バーナーシートM

モンベルのジェットボイル
参照:モンベル公式サイト

基本情報
【素材】芳香族ポリアミド繊維
【重量】150g
【サイズ】55×95cm
【特長】
バーナーやクッカーから出る熱からテントを保護するシート

アウトドアバーナーを使う際には、テントのフロアを熱から保護するシートが必要です。バーナーシートは燃えにくく、クッカーやバーナーから来る熱によってテントの破損などを防止します。素材は難燃性の芳香族ポリアミド繊維が使われています。サイズはS,M,Lの3種類です。

【ジェットボイル】サミットスキレット

基本情報
【重量】300g (フライ返し21gを含む重量)
【サイズ】20.3cm×21.6cm×4.8cm(収納時)
【素材】本体:アルミニウム合金[セラミックコーティング(PFOAフリー)]、フライ返し:ナイロン[耐熱温度:220℃]
【付属品】スタッフバッグ
【特長】
焦げにくいセラミックコーティング
熱が伝わりやすく調理しやすい

焦げにくいセラミックコーティングが施されて、耐久性・耐熱性に優れたスキレット。熱が偏りやすいシングルバーナーでも均等に熱が伝わりやすい構造となっています。ハンドルを折りたたむことが出来るのでコンパクトに収納できます。

【ジェットボイル】ハンギングキット

created by Rinker
ジェットボイル(JETBOIL)
¥4,620 (2023/01/26 23:13:10時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報
【重量】55g
【サイズ】使用時50cm 収納時18cm
【素材】アルミニウム合金(本体)
【特長】
バーナー吊り上げて使うアイテム

安定した水平な設置面を確保できない場所や、冷たい雪面にバーナーを吊り上げて使えるパーツ。特に登山時のクッキングは平坦な場所が少ないのでバーナーを吊して使えるアイテムは大変便利です。軽量なアルミ製でコンパクトに折りたためます。

ジェットボイルは省エネで収納性・機能性が高い!最初のバーナーにおすすめ!

モンベルのジェットボイルは少ないガス量で稼働出来る。機能性に優れたアウトドアバーナーです。他のメーカーに比べて形がしっかりしていますが、オールインワン設計でクッカーにまとめて収納出来るので便利です。さらに、温度調節機能があるので、低温の環境でも火力を安定して使えます。ぜひ、最初のバーナーに選んでみませんか。

関連記事