×
キャプテンスタッグ

厳選10選「キャプテンスタッグ」のおすすめランタン!【オイル・ガス・LEDタイプ別】

アイキャッチ画像参照:キャプテンスタッグ公式HP

キャンプの必須ギアの1つ、ランタン。さまざまな種類ありが大中小とサイズや明るさなど、製品によって特徴が異なります。今回はそんなランタンをアウトドア定番メーカー、キャプテンスタッグからランタンを紹介します。オイルランタンにガスランタン、蛍光灯タイプのLEDランタンの特長やおすすめのランタンも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグのランタンの選び方

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aya Tak(@rneko3052)がシェアした投稿

キャプテンスタッグ製ランタンの種類や機能性を簡単に解説します。購入する際の参考にしてみてくださいね。

ランタンのタイプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oldman(@oldmans.lantern)がシェアした投稿

キャプテンスタッグはオイル・ガス・LEDランタンと主に3種類のランタンをリリースしています。それぞれ特徴あるので見てみましょう。

オイルランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAWN★DUSK(@dawndusk.nk)がシェアした投稿

オイルランタンは灯油やパラフィンオイルなどを燃料としたランタンです。防虫効果のあるオイルや煤が出にくくホヤが汚れにくいオイルもあります。主にポンピングという作業が必要な「加圧式」と、燃料が芯に染み込み燃える「フュアーハンド式」があります。

レトロなデザインが多く、強い風でも使えるため「ハリケーンランタン」と呼ばれることも。明るさよりもの優しく揺らめく火とヴィンテージ感漂う製品が多く、ベテランキャンパーからも人気のランタンです。

ガスランタン

ガスランタンはOD缶やCB缶というガスカートリッジを装着、燃料として使うランタン。極端に寒いと光量が安定しないケースも見られますが、扱いが簡単でガスランタン特有の光が好きというユーザーもたくさんいます。

購入後光源となるマントルというパーツのややコツがいる空焼き作業が必要ですが、使っているうちに慣れてきます。消耗品で別途販売もしており、マントル2つ仕様でメインランタンとして充分使える光量を持つモデルもあります。初心者にもおすすめ。

LEDランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

HITOMI(@hiitomii_s)がシェアした投稿

LEDランタンはワンタッチで光量調節ができるタイプの多い、最も使いやすいランタンです。電池式や充電式で光量も強いモデルも多数。本物の火のような雰囲気はありませんがソフトな光にできるタイプもあり初心者に最もおすすめのランタンです。

明るさ

 

この投稿をInstagramで見る

 

庄嶋與志秀(@jet_yoshi)がシェアした投稿

ランタンの明るさはメーカーやモデルによって表記方法が異なることが多々あります。光量や照度、ルーメンやルクスなどさまざまな表記があり中には未記載の製品もあります。どの程度の明るさを持つランタンが欲しいか決まっている場合は、試用や店員に聞くのがより確実です。

デザイン&サイズ感

 

この投稿をInstagramで見る

 

みくゆう(@mc____yu)がシェアした投稿

ランタンはデザインのおしゃれなモデルがたくさんあります。用途に合った選び方が無難ではありますが、ヴィンテージ感あるデザインのランタンは特に人気があります。色で言うと渋みのあるブロンズカラーが特に人気。サブランタンにデザイン性の高い、ミニサイズのランタンを選ぶユーザーも多くいます。

キャプテンスタッグのおすすめランタン厳選10選

キャプテンスタッグおすすめのランタンを紹介します。どれもキャプテンスタッグユーザーなら知っているような定番モデルが多め。機能性で選びたい方はスペックもチェックしておきましょう。

※具体的な使用時間や明るさなどの数値は、製品によって表記方法が異なる、もしくは未記載の製品もあります。

オイルランタン3選

①「キャプテンスタッグ  オイルランタン(大) ブロンズ UK-507

サイズ:(約)幅170×奥行140×高さ305mm(本体のみ)
重量:(約)490g
明るさ:-
連続使用時間:(約)20時間※燃焼条件により異なります。

Amazonレビュー数1,000超え+ベストセラー1位とキャプテンスタッグの代表作と言えるランタン。サイズは大中小の3つあり大でも約490gと軽量です。約20時間と長時間の利用が可能。ホヤに描かれているキャプテンスタッグのロゴと優しい光で、穏やかな気持ちになれるのもこのランタンの魅力です。

②「キャプテンスタッグ オイルランタン (中) カーキ UK-509

サイズ:(約)幅160×奥行120×高さ250mm(本体のみ)
重量:(約)370g
明るさ:-
連続使用時間:(約)14時間※燃焼条件により異なります

上記の定番ランタン、UKシリーズ中サイズランタンです。大サイズよりオイルの量が少なく、燃焼時間も約14時間となりますが370gとやや軽量で持ち運びやすさがアップ。白灯油やパラフィンオイル自体の値段は安い傾向があるので燃料代が気にならないのはメリットです。ホワイトガソリンは非対応なので注意しましょう。

③「キャプテンスタッグ オイルランタン (小) ブロンズ UK-505

サイズ:(約)幅120×奥行100×高さ190mm(本体のみ)
重量:(約)250g
明るさ:-
連続使用時間:(約)10時間※燃焼条件により異なります

キャプテンスタッグ定番シリーズの一番小さいサイズのオイルランタンですが、驚異的なレビュー数を誇る一品。軽量コンパクトになったことから、メインランタンよりもサブランタンとして使われるシーンが多め。大・中シリーズよりも光量は落ちますが、その汎用性の高さで多くのソロキャンパーから人気のオイルランタンです。

ガスランタン4選

①「キャプテンスタッグ ガスランタン M 圧電点火装置付 UF-9

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥6,875 (2023/01/26 23:22:06時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:(約)幅105×奥行100×高さ155mm(ハンドル含まず)・収納サイズ:(約)幅100×奥行100×高さ165mm
重量:(約)610g(ガスランタンのみ510g)
明るさ:(約)350ルクス(測定値30cm)白熱電球60W相当(点火から3分後の最高照度)
連続使用時間:-

ガスランタンは点火方法にコツのいるモデルがある中、「使いやすい」「女性1人でも点火できた」といったレビューが見られた品。光量はそれほどでもないため、メインランタンよりもサブランタンとしての使用がおすすめですが、汎用性が高くソロキャンプならメインとして使えるうえ、熱を微量に放出するのでちょっとした暖も取れます。

②「キャプテンスタッグ キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,873 (2023/01/26 19:18:48時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:(約):外径46×高さ156mm(つまみ含まず)・収納サイズ(約):外径62×高さ168mm
重量:(約):155g(ガスランタンのみ約110g)
明るさ:-
連続使用時間:(約)32時間

細長いホヤが特徴的なキャンドルタイプのガスランタン。光量は少なめでサブランタンとしての使用がおすすめ。本当にロウソクに灯しているような幻想的な火が堪能できるランタン。購入したユーザーの口コミの多くに、「雰囲気が最高」といったレビューが多く見られます。ランタンの中でもトップクラスの雰囲気が堪能できる逸品です。

③「キャプテンスタッグ ガスランタン L 圧電点火装置付 UF-0008

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥10,380 (2023/01/26 23:22:07時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:(約)幅130×奥行120×高さ215mm・収納サイズ:(約)外径143×高さ225mm
重量:(約)970g(ガスランタンのみ720g)
明るさ:(約)800ルクス(測定値50cm)白熱電球150W相当(点火から3分後の最高照度)
連続使用時間:-

800ルクスの照度を持つキャプテンスタッグのガスランタン。800ルクスというとかなりの明るさで、サイト内を照らすメインランタンとしても使えます。ポリプロピレンのケース付きで軽くて持ち運びやすさもメリット。おしゃれなデザインとは言えない簡素な見た目ですが、明るいガスランタンが欲しい人におすすめの品です。

④「キャプテンスタッグ テラパワー ガス ランタン L UF-2

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥15,500 (2023/01/26 19:18:42時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:(約)外径200×高さ230mm(使用時ガスランタンのみ)・収納サイズ:(約)幅215×奥行き175×高さ280mm(ケース収納時)
重量:ガスランタンのみ重量:(約)1.1kg
明るさ:(約)1400ルクス(白熱電球280W相当)(点火から3分後の最高照度)、1150ルクス(白熱電球230W相当)(点火から30分後の平均照度)
連続使用時間:(約)2時間40分-3時間(CS-250使用時)

上記で紹介したガスランタンは約800ルクスとかなりの照度を搭載していますが、こちらのガスランタンはさらに上を行くハイパワーの明るさを発揮します。

その分価格はグンと上がりますが、最高約1,400ルクスもの照度を誇り、サイト内はもちろん、相当な距離まで照らせる高性能。もちろん照度の調節もでき、持ち運びながらの使用もOK。「とにかく明るいガスランタンが欲しい」という方にぴったりの高性能ガスランタンです。

LEDランタン3選

①「キャプテンスタッグ LED ランタン 暖色

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,879 (2023/01/26 23:22:07時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:(約)外径120×高さ220mm(取っ手含まず)
重量:(約)230g(乾電池含まず)
明るさ:-(調節可能)
連続使用時間:最小8時間-最大約24時間(アルカリ乾電池使用時)使用状況により異なります

扱いやすく低価格、可愛らしいアンティーク調のデザインが人気のLEDランタン。照らせる範囲は広くはないので主にサブランタンとしての利用がおすすめ。暖色系の優しい光は見ているだけで心が落ち着きます。約230gと軽量コンパクト、アウトドアだけでなく自室においてインテリアにもなるおしゃれなランタンです。

②「キャプテンスタッグ 雷神 COBランタン 4段階調整 UK-4055

サイズ:幅130×奥行130×高さ210mm
重量:(約)630g(乾電池含まず)
明るさ::(約)HIGH=1000ルーメン、MIDDLE1=700ルーメン、MIDDLE2=380ルーメン、LOW=6ルーメン
連続使用時間:(約)HIGH=8時間、MIDDLE1=20時間、MIDDLE2=30時間、LOW=200時間 (アルカリ乾電池使用時)※使用状況によりことなります。

およそ1,000ルーメンの明るさを搭載するLEDランタン。4方向から出る明るい光源で広範囲を照らし、メインランタンとして充分使えます。防水機能は無いので雨天での使用は注意が必要。4段階調整ができ本体は熱くならないので持ち運べる汎用性の高さを備えています。ワンサイズ小さいモデルもあるのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

③「キャプテンスタッグ アンティーク暖色 LEDランタン ブロンズ M-1328

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,336 (2023/01/26 23:22:08時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:(約)外径120×高さ220mm(取っ手含まず)
重量:(約)230g(乾電池含まず)
明るさ:-(調節可能)
連続使用時間:最小8時間-最大約24時間(アルカリ乾電池使用時)使用状況により異なります

1つ目のLEDランタンで紹介したシリーズのブロンズカラーモデル。その渋みあるブロンズカラーで多くのキャンパーから支持を得ている人気のランタンです。大きさ重量と基本的なスペックは他カラーと同じなのに対し、ブロンズカラーだけ1,000以上ものレビューがあるほど。最高におしゃれなサブランタン用に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

maki(@_maki_camp)がシェアした投稿

キャプテンスタッグのランタンについて、特長やおすすめの商品を紹介しました。ガスランタンなど種類によって特徴が異なります。選び方についても解説しました。

用途に合ったランタンを選ぶのが1番ではありますが、小さい優しい光のランタンも人気です。しかしキャンプなどアウトドアを安全に楽しむためには、メインとサブ2つのランタンを揃えるのをおすすめします。

関連記事