【冬キャンプの新トレンド?!】テントサウナの魅力を徹底解剖

アイキャッチ画像出典:HANDIY

アウトドア用品として人気が高まってきているテントサウナ。
テントサウナは、テントの組み立てが初めての方でも簡単に組み立てることができます。

冬キャンプにテントサウナを持っていく人も多いようですね。
サウナ好きにはたまらないギアなので、この記事でその魅力をしっかりお伝えします。



テントサウナとは?


出典:FIRESIDE
耐火テントの中で薪ストーブを燃やし、温度を上げて楽しむサウナのことです。
テントサウナの発祥地は、フィンランドです。

フィンランドは、サウナ大国と呼ばれるほどサウナに親しみがあるようです。
通常は、薪ストーブで熱したサウナストーンの上に、アロマ水をかけることで発生する水蒸気で湿度を上げて、体感温度を高めます。

テントサウナは、室温が約60度前後なので、サウナが苦手な人も入りやすいのが特徴です。

温度が高すぎないので、息苦しさも感じにくいです。
20〜30分くらい時間をかけて身体を暖めていくので、芯からポカポカと暖まります。

テントサウナを楽しむ


出典:HANDIY

テントサウナは川沿いや湖など、場所にとらわれず気軽にサウナを体験することができます。
サウナに入ったあとに、水風呂に入るような感覚で湖や川にダイブするのが魅力です。

自然と一体になれる感覚に感動し、究極の自然の楽しみ方と言えるかもしれません。

実際にテントサウナを運用する際の3つのポイントは
「火気使用はOKか」
「テントは張って大丈夫か」
「川や湖は遊泳可能か」
です。

実際は準備が結構大変だったり、薪を使うので火の管理が難しかったり、思ったようにテント内の温度が上がらない場合もあります。
購入する前にイベント、キャンプ場、レンタル等であらかじめシミュレーションしてみるといいかもしれません。

テントサウナを体験できるイベント


出典:PR TIMES
テントサウナを体験できるイベントの代表に「SAUNA FES JAPAN」があります。

国内著名サウナー、サウナブランド、サウナ関連企業が一挙に集結する日本最大級のサウナイベント!「SAUNA FES JAPAN」は2015年3月7日(サウナの日)に、長野県小海町のフィンランドヴィレッジにて、FSC(フィンランドサウナクラブ)メンバーを中心に「本物のサウナ」を楽しむ小規模イベントとしてスタートしました。フィンランドヴィレッジは、八ヶ岳を一望する湖畔に位置し、冷涼で静かな環境はまさに日本におけるフィンランドそのもの。フィンランドから直輸入した本場のサウナ付きログハウス、サウナコタ、サウナカー、テントサウナなど様々なサウナをお楽しみ頂けます。
出典:SAUNA FES JAPAN

テントサウナが体験できるキャンプ場


出典:なっぷ

体験してみたいけれど「どこでできるの?」という方も多いのではないでしょうか。

テントサウナを体験できるキャンプ場をご紹介します。

特に冬のサウナは、寒暖差があるのでサウナのベストシーズンです。
新しいキャンプの楽しみ方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

◯ノーラ名栗
埼玉県飯能市下名栗607-1ノーラ名栗
https://www.nap-camp.com/saitama/14360
◯喜多川キャンピングベース
埼玉県飯能市北川318-1
https://www.nap-camp.com/saitama/14237
◯飛雪の滝キャンプ場
三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409-1
https://www.nap-camp.com/mie/14046
◯SUNSET CAMP FIELD FUJITSUKA
新潟県新発田市藤塚浜3585−427海の家やまと内
https://www.nap-camp.com/niigata/14235
◯若狭和田キャンプ場
福井県大飯郡高浜町和田104
https://www.nap-camp.com/fukui/12717
出典:なっぷ

テントサウナのレンタル

【レンタル】Mobiba(モビバ) バックパックサウナ RB170M

【レンタル】Mobiba バックパックサウナ RB170M
created by Rinker

コンパクトにまとめられたバックパックサウナの総重量はわずか13キロです。
テントとストーブで構成され、フィールドでサウナ浴を楽しむために必要な機能の全てが、バックパックに収納されています。

車での乗り付けが困難な場所でも、ひょいと肩に掛け、そこから美しい景色を楽しみながら、フィールドまで本格的なサウナを持ち込むことができます。

最近はテントサウナのレンタルも増えてきたので試しに使ってみるのもいいかもしれません。



テントサウナのタイプと選び方

出典:楽天市場
フィンランド製「SAVOTTA(サボッタ)」よりもロシア製「Mobiba(モビバ)」の方が温度は高くなりやすいので、まったり入りたいならフィンランド製、熱いサウナに入りたいならロシア製がよいでしょう。

アフターサービスがしっかりしている日本の代理店経由で買えるものがオススメです。

テントサウナのオススメ商品

SAVOTTA(サボッタ) テントサウナ ライトセット

サイズ:250 x 140/200 cm(幅x高さ)
コンパクトパッケージサイズ(約150 x 30 x 10 cm)
フロアーサイズ:5.4m2
重さ:8.7kg(ストーブは含まず)
生産国:フィンランド

SAVOTTA(サボッタ)は、1955年に設立された、トレッキング用品、バックパック、テントを製造しているフィンランドのメーカーです。

キャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ制作)」でも紹介されました。


キャンプやアウトドアの新しいアクティビティの1つとして注目されているテントサウナ。一度経験すると、ドハマりする人が増えているのだとか。キャンプ&サウナスタイルが広く認知されて、定番になる日が来るかもしれませんね。ただ、いきなりの購入はやはり気が引けるもの。レンタル料金も決して安くはないので、テントサウナが気になる人は、まずは体験会やイベントに参加するのもおすすめです。
出典:ハピキャン

Mobiba(モビバ) バックパックサウナ BACKPACK SAUNA

created by Rinker
ファイヤーサイド
¥83,400 (2020/11/24 20:29:35時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ: W170×D170×Hテント170cm(煙突含まず)
総重量:12.8kg(うちストーブ7.25kg)
生産国:ロシア

RB170MはロシアのMobiba(モビバ)社が製造しているテントサウナです。
リュックで持ち運びすることができるので、人気があります。

本格的なアウトドアにも、持ち運びできます。
場所を選ばず、利用することができます。

RB170Mは、総重量は12.8kgです。
値段は比較的安い値段で購入することができます。
テントには67×67の窓が備えられているので、外の景色を眺めることができます。

ドアは内側から押すだけで開き、スムーズに出入りすることができます。
また組み立ては、わずか20分で組み立てられます。
20個以上の部品がありますが、特別な道具やスキルは必要ありません。

<おまけ>テントサウナので役立つアイテム

<サウナハット>

PrimalBlue(プライマルブルー) サウナハット

メイン素材:フェルト
サイズ:フリー 23㎝×35㎝ 周囲:70㎝

サウナ室に入る事による高温&乾燥から頭皮と髪の毛を保護します。
サウナハットを被る事で髪の潤いも失いにくくなります。

高温のサウナ室に長時間いると目や耳が熱で痛くなると事も、その痛みを軽減する事ができます。
サウナハットをすればいつもよりも長い時間サウナを楽しむことができます。

<サウナポンチョ>

AMOTONG サウナポンチョ

生地:ポリエステル+超細繊維両面ダウン
サイズ:縦109×横91cm(身長は155~185cmの人たちに適用)
重さ:450g

吸水速乾なスポーツタオル素材を使用、乾きも早く、消臭性に優れた生地なので生乾きの不快なにおいも軽減します。

サーフィン・ダビング・海水浴・プールなどの着替え用ポンチョ、お部屋でバスローブとして、災害などの着替えでもご利用いただけます。

まとめ

水辺のサウナで汗をかき、冷たい湖、川に、そのままダイブするフィンランド式の楽しみ方がアウトドアサウナとしてじわじわと人気を増しています。

癒し、爽快さがある「テントサウナ」の世界はこれから新しいアウトドアの楽しみ方のひとつになっていくでしょう。

※テントサウナ®及びTENT SAUNA®は株式会社メトスの登録商標です。



関連記事一覧