×

【キャンプ】初心者は見落としがち!カトラリーの魅力とオススメ15選

キャンプで使うカトラリー。特に初心者の方は「使えればなんでもいいよ」なんて思っていませんか?キャンプのようなアウトドアは屋外で食事をするもの。強風で紙皿が飛んでしまったり、火の強い熱さで焦げてしまったり、使えば使うほどゴミもたくさん出てしまいます。

キャンプで使うカトラリーには携帯性も重要です。ソロキャンプとファミリーキャンプとでは、カトラリーの量も変わってきます。お家で使うカトラリーをそのまま持っていくわけにもいきません。アウトドアで使うカトラリーは、持ち運びしやすく軽量で使いやすい必要があるのです。今回はそんなアウトドアで使うカトラリーについて、その魅力と使いやすさを基準に厳選してご紹介したいと思います。

カトラリーとは?


出典:canva
カトラリーとは、食卓で使うナイフ・フォーク・スプーンなどの金属類のことを言いますが、木製であったりプラスチックであったりと決まりはありません。また箸・コップ・まな板・お皿などもふくめ、食事に使うツールを全般的にカトラリーと呼ばれています。

なぜカトラリーは必要なのか?

キャンプを始めたばかりの初心者の方は、まずはテント・シュラフ・椅子などを揃えていくことが一般的かと思いますが、実はカトラリーって物凄く重要なアイテムなんです。だってキャンプに行けば必ず食事をしますよね?おいしいコーヒーや冷たいドリンクを飲みたいですよね?そうです。カトラリーを使用する場面は、必ず毎回あるのです。

ゴミを減らすことができる

キャンプでは食事をする場面が多くあります。カトラリーなんてなんでもいいと、紙製のコップやお皿を使っていると強風で飛んでしまったり、他の人のコップやお皿と混ざってしまい、自分の物か分からなくなることもあります。そのたびに新しいものに交換していると、気が付いたら大量のゴミを発生させることに・・。
アウトドアのカトラリーは丈夫なものが多いので、毎回洗って使用することでゴミを減らすことができます。せっかく大自然で食事をするのだから、エコを意識して楽しみましょう。

ご飯が華やかに見える

料理が得意な人は必ず盛り付けにもこだわります。それは料理にかぎらず、その食卓を彩るカトラリーから始まります。柔らかいナチュラルテイストの木製で統一したり、最近の流行の武骨なシルバーテイストで統一して格好よくみせたりと、カトラリーのチョイスで料理の見栄えが変わってきます。
SNSが流行している今では、ご飯を華やかに飾ってくれるカトラリーにもこだわりが必要なのです。

カトラリーの選び方


出典:canva
キャンプで使うカトラリー選びは重要です。熱が伝わりにくくメンテナンスがしやすいものや、持ち運びがしやすいもの。見た目も色もサイズも重さもそれぞれ。自分にあったお気に入りカトラリーを探してみましょう。

素材で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

sally(@emoldurada_camp_life)がシェアした投稿

アルミ製


出典:amazon
コストパフォーマンスに優れ、軽く持ち運びもしやすいのが特徴だが、強度が比較的弱く熱伝導率が高いので、熱が伝わりやすく使い方に注意が必要。

ステンレス製


出典:amazon
熱伝導率が比較的低いので、安心して使用することができる。丈夫で錆にくく、アルミ製よりは高いものが多いが、一番最初に買うにはちょうどいい価格帯。

チタン製


出典:amazon
とにかく軽く、それでいて強度があり丈夫。ステンレス製よりさらに熱伝導率も低く、火傷の心配も軽減できる。ただし高価なものが多く、ファミリーキャンプなど沢山揃えないといけない時は、ちょっと厳しいかも。

木製


出典:amazon
軽量で使いやすい。特にアウトドアでは見栄えもよく、食卓を華やかにしてくれると同時に温かみのある雰囲気もあたえてくれる。ただし強度がそこまで強くないものが多いので、持ち運びには工夫が必要。

シリコン製・樹脂製


とにかく安価で柔らかい素材のため、アルミよりは熱が伝わりにくく安心。また口にいれても怪我をしにくい素材なので、小さいお子さんがいるキャンプではオススメ。色もカラフルなものがあるので、手持ちの食器と合わせてコーディネートしたい。ただし火元に近づけると溶けてしまったり、割れやすいので注意。

収納性や機能性で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

mountain mountain factory(@mmf_tools)がシェアした投稿


ケースの一部がメッシュ製になっているものは、使用したカトラリーも乾きやすく清潔です。そしてキャンプで使うたびにスプーンやお箸など、バラバラに収納されていては使うたびにストレスがたまります。種類ごとに分けて収納でき、くるっと巻いて持ち運びができるロールケースは使いやすくオススメです。

他にもスプーンやフォークの持ち手が折りたためるタイプや、カラビナでそれぞれのカトラリーを固定できるタイプもあります。各メーカーごとにこだわりの工夫があったりするので、何を重要視するか考えながら選んでみましょう。

シルエットや色で選ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

まぁかつ(@maakatu)がシェアした投稿


木製ならこだわりの形に成形されていたり、収納がしやすいようにフラットなものもあります。またカラフルなカトラリーは、ご飯を華やかににみせてくれるような印象があり、SNS向けのオシャレな写真を撮ることができるので、お好みの形や色で選んでみるのもいいですよ。

オススメのキャンプ用カトラリー15選

1.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)  ライン ステンレスカトラリーセット

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,000 (2022/11/30 02:43:28時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ フォーク(約):全長183mm スプーン(約):全長180mm
・材質 本体:ステンレス鋼 カラビナ:アルミニウム合金

耐久性に優れたステンレス製。持ち手についたカラビナでセットにして持ち運びできるため、片方だけなくす不安がない。フォークはついていませんが、スプーンの先がギザギザの形状になっており、食材をカットできるので非常に便利です。

2.UNIFLAME(ユニフレーム) fanカトラリー solo

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,900 (2022/11/30 02:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ スプーン:約185mm フォーク:約190mm 箸:約225mm
・材質 スプーン・フォーク:ステンレス鋼(天然木)箸:鉄木

ユニフレームで人気 fanカトラリーRのお一人様用セット。持ち手は上質な木になっており、熱が伝わりにくく火傷の心配がない。なんと言ってもスタイリッシュで格好いいのが特徴。少し大きめのデザインとなっており、小さいお子さんには少し使いずらいかもしれないが、その分しっかりしているので安心。

3.snow peak (スノーピーク) 和武器

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥4,400 (2022/11/30 02:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ 8×8×205mm(収納時約113mm)
・材質 先端:竹 グリップ:ステンレス

大人気スノーピークのカトラリー。とにかく見た目が美しい。ステンレスであるグリップの部分と先端を着脱可能で収納性も良い。アウトドアのギアとは思えないくらい、高級感があり満足いく仕上がりになっている。また持ち手部分が転がらない形状に作られているので、不注意で地面に落としてしまうことは防げそう。

4.Coleman(コールマン) カトラリーセットIV

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥5,100 (2022/11/30 02:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ 約23.5×9×7(h)cm
・材質 ステンレス、天然木、ポリエステル(ケース)

コールマンの人気のカトラリーセット。こういうセットはナイフがついていないものが多いのですが、このセットにはナイフもちゃんとついています。持ち手も大きくて、天然の木がアウトドア感をひきたててくれます。特にファミリーキャンプの最初のギアとして使いやすいのではないでしょうか。付属のケースはメッシュ製になっていて、濡れたカトラリーがちゃんと乾くので清潔に、長く使うことができます。

5.belmont(ベルモント)チタンカトラリー2Pセット BM-072

created by Rinker
Belmont(ベルモント)
¥2,345 (2022/11/30 02:43:31時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ 175×40mm
・材質 カトラリー/チタニウム、ケース/ナイロン

コスパに優れたベルモントのチタンカトラリーセット。軽く丈夫なチタン製で、ケースもついてこの価格は候補に入れておきたい。

6.ロゴス(LOGOS) 箸付きディナーセット4人用

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥2,970 (2022/11/30 08:56:14時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ
プレート:幅21.5×奥行21.5×高さ2cm
ボウル:幅17×奥行17×高さ3.3cm
コップ:幅10×奥行7.5×高さ8cm
スプーン:長さ16.2cm
フォーク:長さ17.5cm
・材質
プレート、ボウル、コップ主素材: ポリプロピレン スプーン、フォーク主素材:ポリ

人気のアウトドアブランドロゴスのカトラリーセット。4人分のフォーク・スプーンにお箸だけでなく、なんとプレート・ボウル・コップまでついてくる驚きの価格。材質は樹脂製です。

7.CHUMS(チャムス)ボートロゴカトラリーセット Red

・サイズ 長さ:約16.5cm
・材質 メラミン樹脂素材

大人気のチャムスのカトラリーセット。おなじみのボートロゴが可愛く、食卓も華やかにしてくれること間違いなし。樹脂製なので安心、お子様用にいかがでしょうか。

8.TO-GO WARE(トゥーゴーウェア)  クラシック バンブー カトラリーセット

created by Rinker
TO-GO WARE(トゥーゴーウェア)
¥2,000 (2022/11/30 02:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ 長さ:17.8cm
・材質 カトラリー:竹材 ケース材質:リサイクルPET

木製のカトラリーの中ではコスパにも優れ、素材に使われている竹が木の温かみだけでなく、落ち着きをあたえてくれます。

9.&NUT ( アンドナット) ウッド キャンプ スポーク 4本セット

created by Rinker
SUNDAY MOUNTAIN (サンデーマウンテン)
¥3,300 (2022/11/30 02:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ  21cm×W3.3cm
・素材  棗(ナツメ)材

オシャレでこだわりのある雑貨を取り扱っているアンドナットの木製カトラリー。スプーンとフォークを兼用できる便利さに、天然木を使用した高級感も合わせ持っています。ハンドメイド感もあり、キャンプ飯をオシャレにみせてくれること間違いなし。

10.OYO(オヨ) 竹製 キャンプ アウトドア 3点セット竹製ナイフ・フォーク・スプーンセット

・サイズ 長さ:200mm
・素材 カトラリー:竹 ケース:フェルト

斧で有名なノルウェーの老舗オヨ社製のカトラリー。「自然の中で食べるときは、自然のもので食べる」というノルウェーのこだわりの通り、大自然で使うのにぴったりなデザイン。木製のお皿に目玉焼き、それにこのカトラリーを添えるだけ絵になる。北欧好きにはたまらない一品。

11.村の鍛冶屋 ステンレス キャンプカトラリー 3本セット

・サイズ スプーン:160x37mm  フォーク:158x25mm  ナイフ:162x18mm
・材質 ステンレス

あのカラフルなペグで大人気の「燕三条製」村の鍛冶屋 のカトラリーセット。ナイフの中にスライドさせて、フォークとスプーンが収納できコンパクトかつ軽量設計。シンプルテイストの中にも、燕三条製の高品質なこだわりを感じられるデザインが特にオススメ。

12.PRIMUS(プリムス) キャンプファイア カトラリーセット

created by Rinker
プリムス(PRIMUS)
¥1,906 (2022/11/30 02:43:34時点 Amazon調べ-詳細)

・サイズ 長さ:約18.0cm
・材質 ステンレス

あの燃料器具専門メーカーとして有名なイワタニプリムスからもカトラリーが販売されています。プリムスならではの高級感のあるデザインで軽量なのが使いやすい。キャンプだけでなく山ご飯にも最適。

13.MAGNA(マグナ) カトラリー 武器 フォーク スプーン ナイフ つなぎ箸 カラビナ お箸も入る収納袋付き

・サイズ ナイフ :16cm×2.0cm  フォーク: 16cm×2.5cm  スプーン: 16cm×4.0cm
・材質 アルミ

コスパ抜群のアウトドアメーカーマグナから、人気のカトラリーセット。軽量でナイフ・スプーン・フォークが全て折り畳み式になっている。ケースと合わせて華やかなデザインのカラビナが付属しているので、好きな場所に吊るして管理ができ便利。

14.MAGNA(マグナ) ステンレス カトラリーセット 4人用 13ピース

・サイズ 箸:19cm スプーン:19cm フォーク:19.5cm ナイフ:21cm
・材質 アルミ

同じくマグマから大容量のカトラリーセット。専用のロールケースが非常に便利で、くるくるまとめてコンパクトに持ち運びできます。メッシュになっているので清潔で、しかも自立するので、カトラリーが外側になるようにまとめて立てれば、カトラリー立てとしても使えます。

15.SALUS (セイラス )スコップ スプーンL/フォークL

・サイズ 長さ:175mm
・材質 ステンレス

スコップ型のスプーンとスキ型のフォークがとにかくオシャレでかわいい。インスタ映えするデザインが人気。キャンプで作るパンケーキやフルーツなどのデザートに添えると、食卓をかわいくオシャレに飾ってくれること間違いなし。

まとめ

いかがでしたか?一言でカトラリーと言っても、アウトドアで使うものは軽量コンパクトなものから、材質・収納・デザイン性とさまざま。ただ使えればいいという考えから長く使えるものと、新たな魅力を感じることができたのではないでしょうか?せっかく大自然の中でキャンプを楽しむのだから、エコを意識して気持ちよくキャンプをしたいものです。今ではたくさんのアウトドアメーカーから、オシャレなカトラリーが販売されています。お気に入りの自分だけのカトラリーを見つけて、今まで以上にキャンプを楽しみましょう。