×
奈良県のおすすめのキャンプ場20選

【2022年版】奈良県のおすすめのキャンプ場20選!

紀伊半島の真ん中、日本のほぼ中央に位置する海のない県。
京都よりも古い都であり、歴史遺産も多くたくさんの見どころにあふれている。
それが奈良県です。

山もあり、高原も渓谷もあり、大阪からも近い、アウトドアスポットとしてはとても魅力的なエリアです。
今回はそんな奈良県のキャンプ場をご紹介します!

奈良県のおすすめエリア

天川村エリア

天川村エリアの奈良県キャンプ

天ノ川という実にロマンティックな名前の清流沿いに、いくつものキャンプ場が立ち並ぶ、奈良有数のアウトドアスポットです。
夏の川遊びや冬の星空など、アウトドアの醍醐味を存分に楽しめるスポットです。

東部エリア

奈良県東部のキャンプ場
参照:サン・ビレッジ曽爾公式サイト

三重県との県境方面。
比較的標高が高いエリアでもあり、避暑にはもってこい。
星空も綺麗で地場の野菜も美味しいのがポイントです。

奈良エリア

奈良のキャンプ場

古都・奈良。
その悠久の歴史の流れを感じることができる奈良市周辺のエリアです。
市街地からの距離が程よく、大阪からも近く、それでいて豊かな自然を満喫できるエリアになります。

【人気】奈良県のおすすめキャンプ場4選

カルディアキャンプ場

奈良のキャンプ場、カルディアキャンプ場

参照:カルディアキャンプ場公式サイト

住所:奈良県五條市原町312
TEL:0747-22-7120
利用料金:通常サイト3,300円/1サイト+施設利用料(大人350円/1名・子供150円/1名)~
公式サイト:https://www.kaldia.camp/

大阪市内から約1時間のアクセスの良さが大変便利な吉野川沿いのキャンプ場。
山、川、そして星空を存分に満喫できます。
オートキャンプサイトの他、ロッジやバンガロー。8畳間2間の一軒家“離れ・山の瀬”と色々なプランが用意されています。

アクティビティも豊富で、夏場は吉野川でのラフティングやカヌー体験をはじめとするウォーターレジャーを楽しめますし、スケートボードをお持ちの方は本格的なスケートパークも利用可能。
キャンプ場の各種設備も充実していて、なおかつ清潔です。
また、市街地からそれほど離れていないため、車で10分ちょっとでイオンやAコープなどのスーパーに買い出しにも行けますので、アウトドア初心者にもやさしい施設となっています。

ひたすら遊び倒したい活動的なファミリー層にも、大自然の中でゆったり過ごしたいキャンパーにも。
様々なニーズに応えられる、高いポテンシャルを持つキャンプ場です。

里山の駅「風とんぼ」 野外活動センター

奈良 キャンプ場、里山の駅「風とんぼ」
参照:里山の駅「風とんぼ」公式サイト

住所:奈良県大和郡山市矢田町574番地
電話番号:0743-53-7290
利用料金:※料金ページをご参照ください。https://kazetonbo.org/charge/
公式サイト:https://kazetonbo.org/

近鉄郡山駅から車で10分ちょっと、矢田丘陵のふもとにある奈良県大和郡山市立の施設です。

利用価格は極めてリーズナブルですが、水洗の洋式トイレ、共用の冷蔵庫、かまどが設置してある自炊場の他に、バーベキュー場やピザ窯も用意されています。
団体で使われることもあるためか、炊事場の横に食事ができるテーブルなどもたくさんあり、緑の中を散策しながら楽しめるアスレチック風のアトラクションもあるので、子供たちも楽しく遊ぶことができるでしょう(迷路は大人には狭くて抜け出すのに難儀しますのでご注意!)。

また、古い小学校の校舎を移築した「創作棟」では陶芸教室などのイベントも開かれ、「木工室」などもあるので大人も子供も豊かな自然に囲まれながらモノづくり体験を満喫できます。

キャンプを堪能した後で、隣にある古民家をいくつも移築してある奈良市立 大和民俗公園に立ち寄っても良いかもしれませんね。

宇陀市平成榛原子供のもり公園

奈良 キャンプ場、平成榛原子供のもり公園
参照:なら旅ネット~奈良県観光公式サイト

住所:奈良県宇陀市榛原檜牧2107番地4
電話番号:0745-82-7411/IP電話88-9105
利用料金:テント持ち込み 2,500円
公式サイト:https://www.city.uda.nara.jp/kouen/kyouiku/leisure/kouen/2018-3-28kodomonomori.html#kyanpu

宇陀市の山中、緑豊かな公園の中にあるキャンプ場です。
公園の名前の通り、子供達が大自然の中で遊びまわるにはもってこいの場所。
丘の頂上にある“恐竜の国”には沢山の遊具が備え付けてあり、子供たちが思いっきり楽しむことができるでしょう。

“公園”という名前から想像するよりもはるかに広い敷地の中に、フリーサイトの広大なキャンプサイトがあります。
全面芝の平面のサイトとなっていますから、テントを張り終えた後で大の字になって寝転ぶのも気持ちよいでしょう。
ちなみにフリーサイトには車の乗り入れができませんので、駐車場から荷物の運搬にキャリーがあると便利です。

リーズナブルな価格と子供が喜ぶ遊具の数々。そして、広々としたフリーサイトに清潔な施設。
お子様と一緒にキャンプをする方におススメのキャンプ場です!

生駒山麓公園

奈良 キャンプ場、生駒山麓公園
参照:生駒山麓公園公式サイト

住所:奈良県生駒市俵口町2088番地
電話番号:0743-73-8880
利用料金:ロッジ・テントサイト:生駒市街 一般1,200円(昼の部・夜の部 各部1回につき)
公式サイト:https://www.ikoma36.jp/

生駒山の中腹に広がる生駒山麓公園は、生駒市街地から車で10分ちょっとで行ける大自然を満喫できる大きな公園です。
公園内の“野外活動センター”にはテントサイトやロッジ、そして日帰りバーベキューサイトなど自然と親しむ施設が数多くあります。
立派な浴場や綺麗なレストランなどもあり、とても快適にキャンプが出来ることでしょう。

大阪から近いのもうれしいポイントです。
近鉄奈良線で鶴橋から快速電車で20分ちょっと。車でも大阪駅から阪神高速を使って30分ちょっとという近さ。
生駒の市街地から近いのでいざという時の買い出しもスムーズと、とても使い勝手の良いキャンプ場となっています。

交通手段は車やバスだけではなく、駅から公園までのハイキングコースを利用して徒歩でも向かうことができます。距離は約4キロで所要時間は1時間半程度。森林浴や鳥のさえずりを楽しみながら、のんびり向かうのも良いですね。
テントも含めキャンプ道具は現地でレンタルできるので、大きな荷物を背負ってこなくても大丈夫です。

ハイキングの他にも大人でも苦戦する本格的なフィールドアスレチックコースやカヤック体験や天体観測などのアクティビティ、フォトフレームやお箸づくりなど楽しい体験も沢山用意されています。

家族での思い出作りに、気ままなソロキャンプに。
色々な人におススメできるキャンプ場です。

【無料・格安】奈良県のおすすめキャンプ場4選

黒髪山キャンプフィールド

奈良 キャンプ場、黒髪山キャンプフィールド
参照:奈良市公式ホームページ

住所:奈良市奈良阪町1731
TEL:0742-22-1122
利用料金:無料
公式サイト:https://www.city.nara.lg.jp/site/kyouiku/8147.html

黒髪山キャンプフィールドは奈良市の青少年向けキャンプ場です。
奈良県の北部にあり、市街地からも近く、周囲には前方後円墳などの遺跡が多数ある歴史を感じる立地となっています。

ここの一番の特徴は、使用料が無料ということ!

炊事場はもちろん、綺麗なシャワー棟(無料!)もありますし、水洗トイレや野外集会所なども。
テントをはじめとするキャンプ道具は自前の持ち込みとなりますが、道具が揃っている方ならば良い選択肢のひとつとなるのではないでしょうか。

オートサイトではないので、サイトに車を横付けに出来ません。
台車的なものがあると便利ですね。

派手さはないですが、豊かな自然の中でキャンプらしいキャンプを楽しむことができます。
コスパ抜群のキャンプ場です!

奈良県立 野外活動センター

奈良 キャンプ場、奈良県立 野外活動センター
参照:なら旅ネット~奈良県観光公式サイト

住所:奈良市都祁吐山町2040
TEL:0743-82-0508
利用料金:無料(宿泊の場合、シーツレンタル代として1人300円)
公式サイト:https://www.pref.nara.jp/31607.htm

奈良エリアの県立施設、野外活動センター。
利用料無料のコスパ抜群のファミリー向けキャンプ場です。

センター内にはフィールドアスレチックや色々な遊具がある「遊びの森」があり、子どもたちも大喜びです。
それらの遊具がまだ小さくて難しい子には低学年対象の「キッズの森」も。家族で自然と触れ合える様々なイベントも開かれており、子供たちとの良い思い出にもなります。

食材は持ち込み自由ですが、カレーや焼きそばなどの自炊セットやお弁当も頼めます。
また、キャンプに必要な薪や木炭など色々なものも売店でゲットできるので、いざという時に大変便利。

管理棟には綺麗なシャワールームやウォシュレット付きのトイレなど設備も整っており、リーズナブルにキャンプで自然と触れ合うことができるそんなキャンプ場です。

奈良市青少年野外活動センター

奈良市青少年野外活動センター
参照:奈良市東部地域

住所:奈良県奈良市阪原町 25-1
電話番号:0742-93-0029
利用料金:児童100円、青年150円、一般200円
公式サイト:https://www.yac-nara.org/

「奈良県立 野外活動センター」と名前がとても似ていますが、こちらは“奈良市立”です。
一番上で紹介した「黒髪山キャンプフィールド」と同じく青少年が自然に親しむことを目的とした奈良市の施設となります。

極めてリーズナブルな利用料金ですが、施設はとても綺麗。
清潔なトイレやお風呂など、快適に過ごすための設備が整えられています。

市の施設ですので自然体験プログラムやイベントも多く開かれています。
散策できる森があり、アスレチック設備もあり、小さな子供が遊べる場所もバッチリ。家族でキャンプに来れば、子供と一緒に充分に自然を満喫することができるでしょう。

奈良駅から車で25分で自然と充分に触れ合うことができる、とてもコストパフォーマンスが高いキャンプ場です。
ちなみに車で10分足らずのところに有名な「柳生の里」がございます。
歴史好き、時代劇好きの方はぜひ。

葛城高原ロッジ キャンプ場

奈良 キャンプ場、葛城高原ロッジキャンプ場
参照:葛城高原ロッジ公式ホームページ

住所:奈良県御所市櫛羅2569
電話番号:0745-62-5083
利用料金:入場料/大人:300円 小人:150円/テント1張り:500円
公式サイト:http://www.katsuragikogen.co.jp/

国民宿舎「葛城高原ロッジ」の付属キャンプ場で、葛城山山頂にあるこのキャンプ場はハイキングや登山の拠点としても便利。
立地的にも夏場は大変涼しく快適に過ごせますが、冬場もオープンしている通年利用可能なキャンプ場になります。

デッキサイトとグランドサイトがあります。一等地はデッキサイトになりますが、人数やテントサイズによってはグランドサイトの方が良いかもしれません。
設備もトイレや炊事場は綺麗で、お風呂は葛城高原ロッジの日帰り温泉入浴が可能。

景色が抜群に良いのも大きなオススメポイントです。葛城山の山肌を春はツツジが、秋はススキが彩ります。夜は大阪側と奈良側の両方の夜景が楽しめるので、写真好きの方も満足できるでしょう。

リーズナブルでロープウェイを使えばアクセスもしやすく、設備も整っていてキャンプ初心者の人にも優しいおすすめのキャンプ場です!

ちなみに、カップルでお越しの方。
“天空のハッピーベル”という恋人との絆を固く結び付けることを祈るモニュメントもございます。
葛城高原ロッジでハート型の南京錠が販売されていますので、ぜひモニュメントに2人で固くロックして、恋人との変わらぬ想いに鍵をかけてください。

【コテージ付】奈良県のおすすめキャンプ場4選

コテージいずもと

奈良 キャンプ場、コテージいずもと

参照:コテージいずもと公式サイト

住所:奈良県吉野郡天川村庵住199-4
電話番号:080-8341-9817
利用料金:コテージ小(12名)40,000円~
公式サイト:http://cottage-izumoto.com/

関西有数のアウトドアスポット“天川村”。
“天ノ川”沿いにいくつも並ぶコテージが印象的なキャンプ場です。
5棟あるコテージがメインですが、AC電源完備のオートキャンプサイトなどもあり、豊かな緑と清流を色々な形で楽しむことができます。

調理器具や食器などは完備されていて、電気水道はもちろんインターネット・無線LANなどとても充実した設備が利用できます。
BBQセットや釣り竿などもレンタルすることができ、ほぼ手ぶらで来てもアウトドアを満喫可能な施設です。

車で数分走ったら日帰り温泉施設の「天川薬湯センター みずはの湯」があります。
川で遊んで疲れた身体を生薬が配合された露天風呂で癒すのも良いでしょう。
もちろん、コテージに綺麗なバスルームも完備されていますので、安心ですね。

春さくらコテージ

奈良 キャンプ場、春さくらコテージ
参照:春さくらコテージ公式サイト

住所:奈良県吉野郡天川村九尾469番地
電話番号:080-6219-0444
利用料金:コテージ4名 平日14,000円/繁忙期18,000円~
公式サイト:http://harusakura.com/

北欧風のかわいらしいコテージが素敵な「春さくらコテージ」。
こちらも天川村にあり、川遊びと緑の中で散策が楽しめます。プールとジャグジーも施設内にあるので、川遊びを満喫したらこちらでも。
また、夜はプールサイドでオーナーがバーを開きますので、大人組はぜひお楽しみください。

コテージには雨の日でもOKな屋根付きのバーベキューコンロが備え付けてあります。
コンロはレンタルのところが多いので、嬉しいですね。スポットライトもあるので夜でも大丈夫です。
また、ピザ窯が2つあるのでピザ造りにトライしてみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに、車で少し行ったところに数多くのアーティストがインスピレーションを得たと言われるパワースポット「天河大辨財天社」があります。
ご興味のある方は立ち寄っても良いかもしれません。

きららの森・森物語村

奈良 キャンプ場、きららの森
参照:黒滝・森物語村公式サイト

住所:奈良県吉野郡黒滝村大字中戸526
電話番号:0747-62-2577
利用料金:コテージ4名 平日14,000円/繁忙期18,000円~
公式サイト:https://morimonogatari.com/kirara/

充実した設備のコテージが12棟集うコテージ村。
奈良県の中心部に位置して、自動車で奈良駅からも大阪市内からも90分くらいのアクセスの良さが魅力です。

夏は施設内を流れる清流黒滝川での川遊びも楽しめる他、テニスコートやパターゴルフ場も完備。
コテージはシャワーだけですが、車で10分ほど走ったところにある系列館「森の交流館」の温泉を利用しても良し。

コテージはまるで別荘のような趣の立派なもの。
駐車場から少し離れているので、荷物が多めの方はカートの用意があると便利かもしれません。

高台に建つコテージの見晴らしの良いテラスで食べるバーベキューは格別です。
また、管理棟で前の日に申し込めば、朝食に焼き立てパンが食べられますのでご希望の方はぜひ!

なごみ村キャンプ場

奈良 キャンプ場、なごみ村
参照:なごみ村キャンプ場公式サイト

住所:奈良県吉野郡天川村栃尾583番地
電話番号:0747-95-0041
利用料金:ミニコテージ(店員5名) 20,000円~
公式サイト:http://nagomimura.com/

豊かな自然と清流の里、天川村にある手作り感あふれるキャンプ場です。
コテージやバンガローに加えてテントサイトもありますが、シャワー棟なども含めてとにかく綺麗で清潔。
定員5名のミニコテージから定員15名のコテージ大まで、サイズも設備も様々なコテージからニーズに合わせて利用することができます。

コテージもオーナーこだわりの手作りログハウスですが、テレビや冷蔵庫などの電化製品や水洗シャワートイレなど設備は十分整っています。
BBQスペースは屋根付きで、コンロもレンタル可能。
事前に予約すれば、BBQの食材を用意してもらえるサービスもあります。季節によっては鹿肉や鮎などの地場素材も楽しめるかもしれません。

天川村の豊かな自然と絶妙の距離で触れ合うことができる、温かみのあるキャンプ場です。

【穴場】奈良県のおすすめキャンプ場4選

サンビレッジ曽爾 奥香落オートキャンプ場

奈良 キャンプ場、サンビレッジ曽爾
参照:曽爾高原公式サイト

住所:奈良県宇陀郡曽爾村大字今井911-1
電話番号:0745-94-2619
利用料金:テントサイト(全サイトにAC電源あり)1泊4,200円~
公式サイト:http://www.soni-kogen.com/camp/

奈良の中心街から車で1時間10分。
奈良東部の山合いにある曽爾高原は絶景のリゾート地です。

NPO法人「日本で最も美しい村」連合にも加盟しているの程の景観は実に見事です。
夏はホタル舞う避暑地として、秋は一面に広がるススキが金色に輝き、まるで映画のワンシーンを見るかのよう。
そんな豊かな自然を充分に満喫できるキャンプ場がサンビレッジ曽爾なのです。

設備は綺麗に整備されていて、水洗トイレやコインシャワー、コインランドリーも利用可能。
炊事場にはガスコンロや湯沸かし器が備え付けてあって、かまどだけのキャンプ場に比べると結構便利です。

車で10分ほど行くと温泉やレストランもあるので、温泉でテニスやアスレチックの汗を流したり、地場の野菜やお米パンなどを買ってキャンプ場に帰ってもよいかもしれません。

テントサイトだけではなくコテージやバンガローもあるので、その時のメンバーに応じて色々と楽しみ方ができます。
大阪からも2時間弱で来ることができる、満足度の高い穴場のキャンプ場です。

みつえ青少年旅行村

奈良 キャンプ場、みつえ青少年旅行村
参照:みつえ青少年旅行村公式サイト

住所:奈良県宇陀郡御杖村神末1790番地
電話番号:0745-95-3088(10時~16時)
利用料金:オートサイト(定員6名)5,500円~
公式サイト:https://mitsue.life/services/village

ファミリーでキャンプを楽しみたい方、穴場です!
「みつえ青少年旅行村」は三峰山の麓で、フィールドアスレチックやローラー滑り台、夏は滑り台付きの川遊びやアマゴ掴みなど、お子さんと一緒に楽しめるキャンプ場です。

車で10分ほど行くと、農産物直売所を併設する日帰り温泉施設“みつえ温泉「姫石の湯」”もあります。
「美肌の湯」と呼ばれる優しい温泉で身体を温め、御杖村の新鮮な野菜を買ってキャンプ場に帰るのも良いと思います。

車を横付けに出来るオートサイトは全サイトAC電源付き。
キャンプに不慣れな方はバンガローもありますので安心です。

子どもが喜ぶ遊具たっぷりのキャンプ場。
家族連れのみなさんには穴場だと思います!

フォレスト・イン 洞川キャンプ場

奈良 キャンプ場、フォレスト・イン 洞川
参照:フォレスト・イン 洞川公式サイト

住所:奈良県吉野郡天川村洞川934-15
電話番号:0747-64-0757 / 080-5366-2053
利用料金:ソロサイト 1泊 3,300円~
公式サイト:https://www.forestin-dorogawa.com/

奈良県のキャンプ地のメッカともいえる天川村ですが、ソロキャンプができるのはこちらだけです!

一人で気ままにテントを張って、大自然の中でのんびり過ごす。
夜中に独り、満天の星空を満喫する。
日常のしがらみを抜け出して、たった一人で非日常の世界へ飛び込むことができるのもソロキャンプの醍醐味です。

夏は施設内を流れる川で涼をとるのも良し。
近くにある関西最大クラスの規模を誇る「面不動鍾乳洞」は真夏でも10℃を切る自然のクーラー。幻想的な光景も楽しめて散策には最高です。
鍾乳洞のふもとには、実に風情のある洞川温泉街も。

設備も整っていますが、程よく便利すぎずキャンプの雰囲気を満喫できるのもポイント。
“ォレスト・イン 洞川”はソロキャンプの穴場です!

ファミリーオートキャンプ場いのせ

奈良 キャンプ場、ファミリーオートキャンプ場いのせ
参照:ファミリーオートキャンプ場いのせ公式サイト

住所:奈良県吉野郡天川村沢谷226-1
電話番号:0747-63-0080
※公式サイトに問い合わせフォームもあります。http://inose80.com/?page_id=90
利用料金:維持協力金(一般)大人1,000円/小学生500円(未就学児は無料)
公式サイト:http://inose80.com/

こちらも天川村。名前の通り、ファミリー向けの穴場なオートキャンプ場です。

施設の規模としてはややこじんまりとしていますが、7種類のサイトをニーズに応じて選ぶことができるので、とても利便性が高いキャンプ場になっています。
人気なのは屋根付きのデッキがある“タープデッキサイト”。どこも綺麗に整地してあってテントの設営もしやすいのでその点は実に助かります。

トイレや炊事場も綺麗。
アッパーフロアブロックのシャワー棟には浴室もついているのがありがたいです。

アットホームな雰囲気を大事にするため、5名以内の家族連れに利用を限定。周りが全部家族連れという環境は、思いのほか心地よいキャンプが楽しめます。
バンガローを除き、テントサイトはペットOK。大切な家族の一員であるワンちゃんと一緒にキャンプができるのはうれしいですね。

家族全員で大切な思い出を作る。
ファミリー向けの穴場キャンプ場です。

【フリーサイト】奈良県のおすすめキャンプ場4選

『きなりの郷』下北山スポーツ公園キャンプ場

奈良 キャンプ場、下北山スポーツ公園キャンプ場
参照:下北山スポーツ公園キャンプ場公式サイト

住所:奈良県吉野郡下北山村大字上池原1026番地
電話番号:07468-5-2177
利用料金:フリーサイト 700円/区画サイト 4,500円~
公式サイト:https://kinarinosato.net/reservation_camp

湛水面積・総貯水量日本一のアーチダム“池原ダム”。
このダムの堰堤直下に広がるのが「下北山スポーツ公園」です。

リーズナブルな価格のフリーサイトや車を横付けにできるキャンプサイト、ロッジやコテージ、定員40名のヒュッテまで様々な施設が用意されています。

場内には子どもも楽しめるアスレチック広場やパターゴルフコース、サッカーグラウンドやテニスコートなど身体を動かすにはもってこいの施設がたくさんあります。さすがは“スポーツ公園”。
もちろん、ダム湖百選に選ばれバス釣りの聖地とも呼ばれる池原ダムのダム湖も見どころのひとつです。身体を動かした汗は場内に併設されている温泉“きなりの湯”で流してサッパリしましょう。

元気な子供連れのファミリーから、サッカーやテニスの合宿まで幅広く楽しむことができるキャンプ場。
ダムの堰堤ごしの星空を是非満喫して下さい!

谷瀬つり橋オートキャンプ場

奈良 キャンプ場、谷瀬つり橋オートキャンプ場
参照:谷瀬つり橋オートキャンプ場公式サイト

住所:奈良県吉野郡十津川村上野地
電話番号:0746-68-0118
利用料金:大人1人500円(子ども300円)/テント(1張り) 1,000円/駐車(1泊) 1,000円(2泊目半額)
公式サイト:http://totsukawa-web.com/tanise-autocamp/

日本一大きな村“十津川村”にある、これまた日本一の吊り橋“谷瀬の吊り橋”を臨むキャンプ場です。

チェックインが6:00~17:00。チェックアウトが翌17時までという、とてもおおらかなキャンプ場。
区画サイトやロッジ、バンガローは予約が必要ですがフリーサイトは予約なしでOK。
杉林の中のサイトが涼しい木陰にテントが張れて人気ですが、逆に広々とした河原に設営するのも良し。
良い場所は早い者勝ちですので、気合を入れて早着するのも良いでしょう。

炊事場やトイレも綺麗。コインシャワーもありますが、なんと五右衛門風呂もあります。
五右衛門風呂は薪で沸かすこともできますので、ちょっとした時代劇気分も味わえます。

吊り橋を眺めながら、ゆったりと流れる時間の中でキャンプを楽しむ。
高いところが大丈夫ならば、吊り橋とセットで楽しめるスポットです!

はやまの森野営場

奈良 キャンプ場、はやまの森野営場
参照:はやまの森野営場公式サイト

住所:奈良県奈良市都祁吐山町3370
電話番号:090-8203-3996
※公式サイトにメールフォームもあります。https://hayama.nara-scout.org/contact
利用料金:維持協力金(一般)大人1,000円/小学生500円(未就学児は無料)
公式サイト:https://hayama.nara-scout.org/

基本、テント設営禁止の看板が立っていないところならばどこでも設営可能。
キャンプ場の林間にテントサイトがあるのですが、林間を通り越して「山の中」と言った風情のサイトも多く、昔ながらのキャンプ気分を味わえます。
もちろん、水道やトイレなどの設備は整っていますので、不便さはあまり感じず安心です。
また、比較的開けた場所や中央の広場にもテントを張ることができますので、そこまでハードでなくても良いという方はそちらをおすすめします。

「野営場」の看板に偽りなし。
至れり尽くせりのキャンプではなく、冒険感あふれるキャンプを満喫したい。
そんなアウトドア体験を存分に楽しめるキャンプ場です。

アドベンチャーランド

奈良 キャンプ場、アドベンチャーランド
参照:アドベンチャーランド公式サイト

住所:奈良県吉野郡野迫川村大字平1
電話番号:0747-38-0049
利用料金:グランドサイト 1泊3,300円~
公式サイト:http://adventureland.xyz/

『奈良の最後の秘境』とも称される、離島を除いて日本一人口が少ない自治体「野迫川村」。
高野山とほぼ同じ標高に位置する山深い村で、夜になれば満点の星空に包まれます。
星空もですが、雲海も有名で気象条件が合致すれば是非見たいですね。

アウトドア愛好家の「BOSS」(オーナー)が気まぐれで開催する様々なイベントも魅力的。
特に、本格オフロード四輪駆動車での「ジープツアー」が人気で、クロカン四駆で川下りしたり、雲海のベストポジションまで案内してくれたりとここでしか味わうことができない楽しさです。
※ただ、あくまで「BOSSの気まぐれ」ですので予約などはできないとのことです。

“グランドサイト”がいわゆるフリーサイトです。
テントとタープを1張りずつで1泊3,300円。
キャンピングカーも利用可能な本当にフリーなサイトになっています。

施設利用料もリーズナブル、施設に行くまでの道程も非日常への期待が高まる「奈良最後の秘境」でのアウトドア体験。
きっと忘れえぬ思い出になるでしょう。

まとめ

奈良 キャンプ場~終わりに
参照:黒滝・森物語村公式サイト

自然豊かな奈良県は、地域によってさまざまな顔を見せます。
キャンプ場も個性的なものが多く、一言で「奈良県のキャンプ場」と括ることはできません。

大阪からも近い奈良県の、おすすめキャンプ場の数々。
みなさんのお気に入りが出来ればうれしく思います!

関連記事