×
フロンティアストーブ

【冬キャンで大活躍】フロンティアストーブとは?プラスとの違いや魅力と徹底解説!

アイキャッチ画像参照:roadkillphil flickr

冬キャンプに欠かせない存在の薪ストーブですが、コンパクトで持ち運びやすい、スタイリッシュなストーブがあることをご存知でしょうか?それは、ラグジュアリーでハイセンスなアウトドアブランドのアネヴェイが販売している「フロンティアストーブ」です。

高性能でカッコイイ薪ストーブを探しているならフロンティアストーブをチェックしてみてください。今回はこのフロンティアストーブを従来品とアップデート品を比較しながら魅力に迫ります。

フロンティアストーブとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

AYA(@llbeangirls)がシェアした投稿


スタイリッシュな外観ですが、災害現場で使用するために開発されたものを一般向けに改良したのがフロンティアストーブです。

コンパクトに収納でき持ち運びしやすく、パワフルな燃焼力に優れた機能性とデザイン性の高さで、世界中のキャンパーの間で瞬く間に人気が広がりました。

アネヴェイってどんなブランド

フロンティアストーブ

参照:Ablaze co.LTD

「ANEVAY(アネヴェイ)」は2003年設立のイギリスのアウトドアブランドです。ディレクターのJohn Hendersonは災害の現場で必要とされているものを熟知しており、その知識から開発された製品は、さまざまなシチュエーションで使用できるアイテムが豊富です。

もともと人道支援のための製品の燃焼器具などを製造していたため、製品の特徴としては、非常に収納がコンパクトで高性能なことが挙げられます。

フロンティアストーブの魅力

持ち運びがしやすい

フロンティアストーブ

参照:CanvasCamp flickr

組み立て式で、煙突パーツは全て本体に収納することができ、足は折りたたむことができるので持ち運びに便利です。別売りの専用バッグを使用すればさらに持ち運びしやすくなるのでおすすめです。

機能性抜群

フロンティアストーブ

参照:Harry Nesbitt flickr

コンパクトながら長めの薪も楽々入れることができ、パワフルなのでこれ1台で十分テント内を暖めることができます。取り外すことのできる便利な天板の蓋があるので、空気を取り入れることによる火力調整や、小さい薪の追加、直火料理も可能です。

天板は鍋が2つ置ける大きさがあるので料理の幅が広がります。

スタイリッシュ

洗練された設計とシンプルなデザインが高級に感じられる薪ストーブです。実際にラグジュアリーなグランピングスタイルを好む新たな層のキャンパーからの支持が高いのが特徴。これまでのキャンプスタイルを格段にオシャレに演出してくれます。

フロンティアストーブの種類

フロンティアストーブ

created by Rinker
ANEVAY
¥40,000 (2022/01/28 23:04:21時点 Amazon調べ-詳細)

全体のサイズ:高さ(本体+煙突)2,410mm 奥行835mm(脚の部分含む) 横幅550mm
収納時サイズ:高さ192mm 奥行450mm 横幅250mm
重量:約10.15kg
煙突径:60mm

初代フロンティアストーブ(開拓者ストーブ)です。本体の総重量がわずか約10.15kgと軽量なポータブル薪ストーブ。折り畳み式で収納サイズもコンパクトなので手軽に持ち運べますので、どこでも薪さえあれば暖も調理もできます。

天板も広いのでフライパンや鍋を2つ置く事が可能。奥行きがあるので長い薪も切らずに入れることができるのでストレスもありません。冬キャンプの必需品になること間違いなしです。

フロンティアストーブプラス

全体のサイズ(本体+煙突):高さ2,780mm (脚延長時)/2,700mm(脚収納時)
収納時サイズ:高さ230mm 奥行490mm 横幅280mm
重量:約16.5kg
煙突径:1,016mm

従来のフロンティアストーブの後継品です。初代からは外見が少し変わり、小窓が付き炎が見えるようになり、火の調整のタイミングが分かりやすく使い勝手が抜群に向上しています。また、窓の隣に吸気口も付いたので空気の量調整も可能です。

さらに、サイズが大きくなったことにより、天板に今までよりも大きな鍋やフライパンが置きやすくなりました。本体の拡大化により、煙突は6cmから10cmに太くなり、燃焼効率もアップ。初代より少し大きくはなりましたが、アップデートされたことが多いので、使いやすさはかなり向上しています。

ストーブ使用上の注意

 

この投稿をInstagramで見る

 

アッガイ(@acguy420)がシェアした投稿

ストーブをテントで使用する際には、一酸化中毒の事故に注意しましょう。薪ストーブは、暖かく、調理もできて焚火を楽しめる最高のキャンプ道具ですが、テント内で使用する場合は換気を忘れず使用してください。

また、本体の使用後は冷めるまで放置してください。絶対水をかけて冷ましてはいけません。本体にひび割れする可能性があり、跳ね返りの熱水で火傷の原因になります。

まとめ

フロンティアストーブ

参照:Amazon

冬キャンプを楽しむ人が増えたことにより薪ストーブは欠かせないキャンプギアとなりました。毎年人気の薪ストーブはシーズンになる前に完売するほど。薪ストーブを使用した冬キャンプは快適すぎて癖になるほどの中毒性があります。

最初の薪ストーブや買い替えの際にはアネヴェイのフロンティアストーブを選んでみてください。スタイリッシュで快適なキャンプになること間違いなしです!