初めてのポータブル電源におすすめ!Jackery(ジャクリ)ポータブル電源700を使ってみた!

キャンプ初心者が、より快適なキャンプを楽しむためにおすすめなのが、ポータブル電源です。

キャンプでは、基本的には電化製品は使えず「不便さを楽しむ」という方も多くいらっしゃるかと思います。一方グランピングの流行からもわかる通り、より気軽に快適なキャンプを楽しみたいという方も多くいらっしゃるのは事実です。

特にキャンプ初心者の方であれば、いきなり野営的なキャンプはちょっと。。。という方は多いはずです。

この記事ではそんなキャンプ初心者の方の初めてのポータブル電源としておすすめのJackery(ジャクリ)ポータブル電源700をご紹介します。

ポータブル電源ってキャンプのどんな時に使われるの?

例えば、スマホ充電に!

jackeryポータブル電源スマホ充電

冬キャンプならば、電気毛布でテントでぬくぬく過ごせますし、

出典:amazon(アマゾン)

夏のキャンプであれば、大きなサーキュレーターを使って涼しく過ごすこともできます。

出典:amazon(アマゾン) 

お外でリモートワークするお供にも!

テレワーク、リモートワーク

また車中泊の際に、車のバッテリー消費を抑えるのにポータブル電源を使う方も多くいらっしゃいます。

Jackery(ジャクリ)ってどんなメーカー?

Jackry

今回ご紹介するポータブル電源メーカーJackeryですが、2012年設立のアメリカの会社です。日本では2019年9月に株式会社Jackery Japanを設立しました。

Appleの元バッテリーエンジニアの方が創業された会社さんで、2015年に世界で初めてリチウムポータブル電源を開発した技術力に強みがあります。

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源一覧とそれぞれのスペック

Jackery(ジャクリ)からは4種類の容量のポータブル電源が発売されています。

以下の表に4種類のポータブル電源のスペックをまとめました。

サイズ 重量 容量 出力 AC出力 USB出力 DC入力
240 230x133x167mm 3.2kg 241.9Wh
(16.8Ah/14.4V)
200W
(瞬間最大400W)
100V~2A
60Hz
2 x 5V 2.4A,最大24W 12V 3.5A
(12-30V対応)
400 230×167.3×133.3mm 3.6kg 400Wh
(27.9Ah/14.68V)
200W
(瞬間最大400W)
100V/2A 60Hz 5V/2.4A ×2 20V/3.5A
(12-30V対応)
700 299.7×192.9×191.5mm 6.3kg 700Wh
(32Ah/22.02V)
500W
(瞬間最W)
100V/5A 60Hzx2 5V/2.4A ×3 25.2V/3.5A
(12-30V対応)
1,000※ 332x233x243mm 10.6kg 1002Wh
(46.4Ah/21.6V)
1000W
(瞬間最大2000W)
3×100V/10A ,60Hz 1×USB-A出力:5V/2.4A

2×USB-C出力:5V/3A,9V/2A,12V/1.5A

1×QC3.0出力:5~6V/3A,6.5~9V/2A,9~12V/1.5A

品番の最後についている、240とか700はポータブル電源の容量なので、数字が増えるほど容量がふえます。(もちろんお値段も高くなっていきます。)

キャンプ・アウトドアの際にどのくらいバッテリーが必要かで容量を選んでみてくださいね。

ちなみに今回ご紹介するJackery(ジャクリ)700で充電・使用できる目安は以下の通りです。

ノートパソコン(50W):約12-15回
小型ドローン:約11-12回
携帯電話・スマートフォン(12W):約56-60回

いくつかの電化製品を併用しても安心の大容量ですね。

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源700をゲット!

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源700をゲットしたので、実際に使ってみました。

ダンボールから取り出すと、結構しっかりした専用のケースに入っていて、感動しました。

Jackry(ジャクリ)ポータブル電源

取手も付いてます!

メッセージや問い合わせ用のメールアドレスも入っていて、真摯で好感が持てますね。

Jackry(ジャクリ)ポータブル電源ケース

開けるとこんな感じで、コード類は別の小物入れ?に収納してあるし、ポータブル電源本体とは発泡スチロールで仕切りがあるしで至れり尽くせりって感じでした。

乱暴な配送だったとしても、壊れる心配が少ないなと感じました。

中身はこんな感じですね!

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源700のサイズは?

サイズは299.7mmx192.9mmx191.5mmです。

身の回りのキャンプ道具とJackery700のサイズ感を比較してみました。
是非参考にしてみてください。

ホットサンドメーカーと比較

ホットサンドメーカーとポータブル電源

高さが食パンよりちょっと大きいくらいですね。

Coleman(コールマン)のOD缶と比較

よくキャンプの際に使うガス缶(OD缶)と比較してみました。

OD缶の高さが約15cmなので、Jackery700の方が少し高いですね!

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥4,180 (2020/07/06 15:29:00時点 Amazon調べ-詳細)

Coleman(コールマン)クアッドマルチパネルランタンと比較

ランタン

Coleman(コールマン)の人気LEDランタンクアッドマルチパネルランタンと取っ手をあげた時の高さが大体同じくらいになりました!

これで大体のJackery700のサイズ感が掴めたのではないでしょうか?

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源700で充電してみた!

まずはスマホを充電!

充電がなくなったスマホを100%になるまで充電してみました。
※充電したのは、まだ新品に近いiphone11です。

フルで充電し終わったのに、Jackery700のモニターの数字はまだ98%!
これなら50回はフルで充電できる計算ですね!

次にパソコンを充電

テレワーク、リモートワーク

今度は充電がなくなったパソコンを100%になるまで充電してみました。
※充電したのは、macbook proです。

フルで充電し終わって、Jackery700のモニターの数字はまだ85%!
これなら6回はフルで充電できる計算ですね!

これなら、テレワークの多い今、キャンプ場でお仕事するのもありかもしれません。

Jackery700の電池容量は192000mAh/700Whなので、お使いの電化製品を調べてどのくらい使えるか確認しましょう。

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源はこちらから購入可能です!

以下の公式サイトから、Amazon(アマゾン)、楽天市場、Yahoo ショッピングとお好きなECサイトから購入できます。

Jackery ポータブル電源 700

24ヶ月保証がついているので、安心して購入できますね。

【まとめ】初めてのポータブル電源におすすめ!Jackery(ジャクリ)ポータブル電源700を使ってみた

Jackeryポータブル電源700を使ってみました!

キャンプに行かれる際は是非1つ持っておきたい道具です。

またキャンプ・アウトドア以外でも、地震等の災害で停電が起きてしまった時の備えとして1つ家に置いておくのがおすすめです。

関連記事一覧