×

【キャンプ必携】コールマン3大焚き火台

アイキャッチ画像出典:Coleman

出典:Coleman公式インスタグラム
今やキャンプ場で見かけない日はないという程の人気を誇るアウトドアグッズメーカーの「コールマン(Coleman)」。数々の人気アウトドア用品を生み出している同メーカーですが、実は今、焚き火台にも注目が集まっています。こちらの記事では、そんなコールマンの焚き火台について紹介していきます。

コールマン(Coleman)とは


出典:Coleman公式インスタグラム
コールマン(Coleman)は、1900年頃に創業し現在まで続いているアウトドア用品の販売・製造会社です。歴史の長い会社であり、日本国内においてトップクラスの信頼性と知名度を持ちます。
コールマンの製品の特徴は製品ラインナップが豊富であること、各製品における利便性が高いこと、リーズナブルな価格であること、です。
これらの特徴から「手頃な価格で安定品質の用品一式を揃えられる」と、ビギナーキャンパーに、「あのキャンプ用品もこのキャンプ用品も試してみたい」と熟練キャンパーに、それぞれ人気のアウトドア用品メーカーとなっています。

焚き火台の重要性


出典:Coleman公式インスタグラム
昔ながらのキャンパーにとってはあまり馴染みのない用品かもしれませんが、ここ10年ほどで焚き火台の重要性や注目度は非常に高いものとなっております。
その理由のひとつとして、多くのキャンプ場で直火の禁止が明記されるようになった事が挙げられます。直火禁止のため近年では焚き火台がキャンプにおいて必須の持ち物となったのです。
また、そうしたアウトドア界隈の動きにより各用品メーカーから様々な焚き火台が販売されるようになりました。そこで活性化した製品開発競争により、今日では焚き火台自体の利便性が向上、直火禁止ルールの有無を問わずおすすめキャンプ用品のひとつとなっています。

コールマンの焚き火台3モデルについて解説

先述の製品開発競争ですが、もちろんコールマンも技術や発想力を駆使して製品開発を行いました。現在コールマンから発売されている焚き火台は3種類あり、以下はそれぞれの焚き火台の紹介です。どれも素晴らしい焚き火台なのでぜひご覧ください。

ファイアーディスク(TM)

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥5,470 (2023/01/27 06:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

材質:ステンレス
重量:1.6kg
使用時サイズ:φ45cm×h23cm
収納時サイズ:φ46cm×h8.5cm

ファイアーディスク(TM)は、軽量かつ高耐久であるステンレス素材でできたディスク型の焚き火台です。
ファイアーディスク(TM)最大の特徴は、形状のシンプルさにあります。脚を立てディスクの上で火を焚く、という非常に簡単な使い方です。またシンプルな形状ゆえにメンテナンスも楽に行え、使用後の後処理や撤収といった作業も簡単に済ませられます。
コールマンによると「3秒設営、簡単撤収」とのこと。3秒設営は流石に慣れていないと厳しいですが、初心者でも10数秒で設営できるようなシンプルさです。
同社発売のダッチオーブンも乗せられる耐荷重を持ち(要ダッチオーブンスタンド)、それでありながら収納時の厚さ10cmというコンパクト仕様。収納ケースやBBQ用の網も付属するオールインワンの焚き火台と言えます。

ファイアーディスクプラス

材質:ステンレス
重量:3.2kg
使用時サイズ:φ60cm×h23cm
収納時サイズ:φ60cm×h10cm

ファイアーディスクプラスは、大人数に対応したディスク型の焚き火台です。ファイアーディスク(TM)の手軽さをそのままに、人数が増えても対応可能なサイズになりました。ディスクの径が約45cmであるファイアーディスク(TM)に対し、ファイアーディスクプラスはディスク径が約60cmと、より広い面積を使用できます。
ファイアーディスク(TM)同様にダッチオーブン対応の耐荷重を持ち、収納ケースやBBQ用の網も付属のオールインワンモデルです。

ステンレスファイアープレイスⅢ

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥14,379 (2023/01/27 06:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

材質:ステンレススチール、他
重量:5.7kg
使用時サイズ:41.5cm×46.5cm×h34.5cm
収納時サイズ:41.5cm×30.5cm×h15.5cm

ステンレスファイアープレイスⅢは、キャンプの焚き火感を強く感じられる形状をしたステンレスの焚き火台です。
井げた式のボディは見た目に良いだけでなく、空気の流れを作ることで燃焼効率を高めてくれます。
ハンドルを内側に倒すことでゴトクにもなる利便性も強力なアピールポイントです。
また使用時のサイズは大き目ですが、折り畳む事ができコンパクトに収納できるため持ち運びにも困りません。
専用の収納ケースとBBQ用の焼網が付属し、料理もできる利便性の高い焚き火台です。

おすすめのアクセサリー

様々なアウトドア用品を手がけるコールマンは焚き火台だけでなくアクセサリー類も発売しています。以下に紹介するのは特におすすめのアクセサリー類です。ぜひ焚き火台と合わせて使用してみてください。

スパークシールド

材質:ステンレス
重量:0.6kg
サイズ:φ42cm×h8cm

焚き火の際に「パチッ」とはじけ、火傷や服の穴あきの原因にもなる火の粉。それを防いでくれるのがこちらのスパークシールドです。焚き火に被せるだけの簡単な使い方で、火の粉から身体や衣服を守れる優れモノです。
こちらはファイアーディスク用ですが、ファイアーディスクプラス用のスパークシールドも発売されています。

ファイアープレイススタンド

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥6,729 (2023/01/27 09:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

材質:スチール
重量:3.2kg
使用時サイズ:78cm×78cm×h140cm
収納時サイズ:13cm×13cm×h58cm

こちらはダッチオーブンなどを上から吊るす事のできる4本脚のスタンドです。脚の接地部にはそれぞれループがついており、付属のペグで固定することで安心して使うことができます。

ファイアープレイステーブル

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥12,213 (2023/01/27 06:28:15時点 Amazon調べ-詳細)

材質:ステンレス、他
重量:6kg
使用時サイズ:100cm×100cm×h27cm
収納時サイズ:100cm×17cm×h11cm

ファイアープレイスを中央に設置し、焚き火を囲むようにテーブルとして使用できるのがこちらのファイアープレイステーブルです。焚き火を中心に複数人で、囲炉裏のような形で楽しむことができるようになります。

まとめ

以上がコールマンの焚き火台の紹介でした。
シンプル構造のファイアーディスク、大人数対応のファイアーディスクプラス、燃焼効率の高いステンレスファイアープレイスⅢ、どれも魅力的な焚き火台ですね。
紹介したアクセサリー類と合わせて、素敵な焚き火の時間を過ごしていただけたら嬉しいです。

関連記事