×
着火剤

着火剤とは?おすすめの着火剤20選

アウトドアでの火起こしに苦戦した経験がある人は多いのではないでしょうか。
しかし着火剤があれば、バーベキュー(BBQ)や焚き火の火起こしも簡単に行う事ができ、アウトドアをより充実させることができます。
ダイソーなどの100均でも買える着火剤ですが、実は様々な種類があります。
今回は初心者にも分かりやすいように種類別におすすめの着火剤を紹介していきます!

着火剤とは?

火おこしを助けてくれるアイテム

着火剤はバーベキュー(BBQ)時の木炭や練炭など、焚き火時の薪の火おこしの際に手助けとなるアイテムで、可燃性の高い成分を含ませたジェル状の着火剤や、固形の着火剤などがあります。形状だけでなく、匂い移りや燃焼時間など、着火剤を必要とする用途に合わせて種類を選ぶ事ができます。

着火剤の種類を解説

固形着火剤

固形着火剤には固形の炭に燃焼性のある燃料が染み込ませられいるものから紙製の物まで様々な種類があります。
固形着火剤の特徴として、お手頃で使いやすい事が挙げられますが、点火してから少しの間は煙と臭いが発生するので調理用として使用する際には点火してから時間をおく必要があります。

ジェル着火剤

ジェル着火剤の特徴としては、固形着火剤よりも燃えやすい事や、火力が強い事など、その便利さが挙げられます。
しかし、便利なだけに固形着火剤と比較すると割高な価格設定である場合が多いです。

着火剤はどう選ぶ?

形状で選ぶ

着火剤には様々なタイプの形状があり、固形タイプの場合、そのまま一つを単体で使用できる物から、小分けにされた物、板チョコの様な形状で複数回に分けて使用できる物があります。他にもジェルタイプであれば一般的なチューブタイプの物であったり、使い易さに優れたパックのタイプなどが存在し、使用用途と合わせて着火剤を選ぶことができます。

燃焼時間で選ぶ

着火剤を選ぶ際、着火剤の燃焼時間をチェックしておくのも非常に大事なポイントと言えます。炭の種類によっては点火するまでに時間がかかる為燃焼時間が10分〜の着火剤を選ぶ必要があります。このように、着火剤を必要とする場面の目的、環境などに合わせて燃焼時間もチェックしておく必要があります。

匂い移りで選ぶ

比べて臭いが強く、調理の際に着火剤の燃焼前に始めてしまうと食材へ臭いが移ってしまう可能性があります。その為、着火剤を使用する目的によってはで臭い移りのない他の素材の着火剤を選ぶ必要があります。

固形着火剤のおすすめ10選

ユーコ(UCO) SWEETFIRE Strikable FIre Starter

サイズ:115×65×30mm
内容量:20本

アメリカのアウトドアブランド、ユーコ(UCO)の着火剤。燃焼速度の早さと使いやすさが魅力のおすすめ商品。

Fireside(ファイヤーサイド) ファイヤースターター

サイズ:225x120x119mm

一個の火力の強さ、燃焼速度の早さが魅力の着火剤。ビニールに個装されているのでキャンプなどに持っていく時も便利に使えます。

ウェーバー(Weber) Natural Lighter Cubes

サイズ:170x 100 x 250mm
内容量:48個

一度のBBQに必要な炭を約20分で点火可能。
48個入で24回使用可能(一回2個使用)でコストパフォーマンスも良く、おすすめの着火剤。

文化たきつけ 着火剤

内容量:18本

リーズナブルな価格ですぐに火が回り、火力が強いのが特徴の着火剤。臭いが強いため調理用途以外の場面にオススメの商品。

ロゴス(Logos)ファイヤーライター

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥792 (2022/08/14 09:24:05時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:21個

着火性能と火力に優れており、水に強い材質なのでキャンプなどのアウトドアでも安心して使うことができます。

Bush Craft(ブッシュクラフト) ティンダーウッド

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥825 (2022/08/14 09:24:05時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:9本

着火性能と防水性に優れているのでアウトドアに最適の着火剤です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ファイアブロック

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥396 (2022/08/14 09:24:06時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:30mm×40mm×10mm(1片)
内容量:30片

9片ごとに小分けになっており、使う分量だけ使用することができるのでアウトドアに適した着火剤。初心者にも使いやすい着火剤なのでアウトドア初心者にオススメ。

BUNDOK(バンドック) らくらく炭

created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥808 (2022/08/14 09:24:06時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:28個入り

あっといまに着火し、簡単に扱うことのできる着火剤。廃棄される木炭を再利用したエコロジーな商品。

NorwegianStyle(ノルウェジアンスタイル)ファイヤースターター

内容量:100個入り

ヨーロッパで広く使われている着火剤。内容量100個入りと大容量で袋のまま燃やせるので簡単に扱えます。

NorwegianStyle(ノルウェジアンスタイル)エコ着火剤

内容量:50個入り

素材にFSC(森林管理協議会)認証の木材を使用。自然由来の素材で作られている為、無臭でエコな着火剤。

ジェル着火剤のおすすめ10選

ルトランド(Rutland) ファイヤースターター

ルトランド(Rutland) ファイヤースターター 薪ストーブの着火剤 ジェル 237mL [並行輸入品]
Rutland

容量: 237mL

匂いや煙を出さずに燃える着火材

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイアマックス

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥784 (2022/08/14 09:24:09時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:240g

BUNDOK(バンドック) 着火剤

内容量:約260g

キャンプなどのアウトドアでの炭火や、たき火の着火に便利な着火剤。

SOUTHERNPORT(サウザーンポート) ジェル着火剤

内容量:220g

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイアブリッツ

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥660 (2022/08/14 09:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:240g

飛び散りにくい飛散防止剤入りで安心。

BE-TACKLE チューブメタEP

created by Rinker
BE-TACKLE
¥4,158 (2022/08/14 09:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:60ml/1個 (6個入り)

ロゴス(Logos)ゲルネンミニパック

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥100 (2022/08/14 09:24:11時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:200g

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) ファイアキープ

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,319 (2022/08/14 09:24:11時点 Amazon調べ-詳細)

内容量: 25g/1個(10個入り)

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) ファイアゲット着火剤

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,485 (2022/08/14 09:24:12時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:180g

STAR(スター) 着火剤 スターバーニングペースト

created by Rinker
STAR(スター)
¥418 (2022/08/14 09:24:13時点 Amazon調べ-詳細)

内容量:50g

100均でも買える?ダイソーなどで買える着火剤

Amazonや楽天などのネットやホームページだけでなく、実はダイソーやセリアなどの100均でも着火剤を買うことができます。
確認したところ固形の着火剤がメインではありますが、安く買えるため是非チェックしてみてください。

ダイソーの着火剤レビューはこちら

着火剤がない!そんな時に代用になるもの

新聞紙

新聞紙は燃えやすい性質がある為、着火剤の代用品として使用する事ができます。
軽く丸めるようにして空気を含ませて着火しましょう。

松ぼっくり

天然の着火剤とも呼ばれる松ぼっくりは燃焼性に優れていて、容易に手に入れることができる為、着火剤がない時の代替品になります。

牛乳パック

牛乳パックなどの紙パックには水分の吸収を防ぐ加工がされている為、燃えやすく、長い時間燃焼する為着火剤の代替としておすすめです。

着火剤使用上の注意点

注ぎ足しは慎重に

ジェル形状の着火剤はメチルアルコールなどを原材料として使用していることが多く、発火性が非常に強い為、注ぎ足す際には慎重に行いましょう。

火が見えなくても注ぎ足さない

メチルアルコールの炎は見えにくい為、火がついていないと勘違いして注ぎ足してしまうと非常に危険です。
特にジェル状の着火剤を焚き火台やコンロなどに直接注ぐ場合は、注意が必要です。
着火剤のチューブにそのまま火が燃え移ってしまう場合があるからです。

火がつかない時は、着火剤の量を増やすだけでなく他の道具も活用してみる

炭火を起こす際には、火起こし器を、

焚き火の際には、薪の選定や手斧を使って、薪を細くするなど

単に着火剤を使う量を増やすだけでなく、着火に便利なおすすめキャンプ道具も活用してみましょう!

まとめ

今回は固形着火剤とジェル着火剤の2ジャンルに分けて様々な着火剤を紹介しました。
自分の使用用途に合った商品を見つけ、より充実したアウトドアライフをお送りください。