×
アラジンストーブアイキャッチ

アラジンストーブの魅力とおすすめ9選!キャンパーに大人気!【石油・電気】

アイキャッチ画像参照:アラジン公式

長い歴史を持つストーブの老舗「アラジン」は現代の日本でも多くの人に愛されています。
特にレトロ調なデザインが注目を浴びる昨今では、その昔ながらの見た目がおしゃれと評判です。

こちらの記事ではそんなアラジンのストーブの魅力や種類、おすすめ商品などをご紹介しています。
冬キャンプでのストーブを検討中の方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

アラジンストーブとは


参照:アラジン公式

アラジンはイギリス発祥のストーブの老舗です。
基本的なデザインが昔からほとんど変わっておらず、レトロな見た目のまま日本国内でも長く愛されています。

日本での販売を行っている株式会社千石は代表作であるブルーフレームの他、コンパクトで持ち運びやすいストーブなどを製造。
屋内用としては勿論キャンプなどのアウトドアシーンでも映えると評判で、今日では屋内外を問わず様々な場所・場面でアラジンのストーブが活躍しています。

アラジンストーブの魅力

キャンプ用としても人気のアラジンストーブは、以下の3つの魅力を持ちます。

レトロでおしゃれなデザイン

アラジン ストーブ
参照:アラジン公式

1つ目の魅力はレトロでおしゃれなデザインです。
ブルーフレームに代表されるような昔ながらのレトロな見た目が評判で、キャンプにおいても見栄えするサイトのコーディネートに大きく寄与します。

もちろんインテリアとして室内でも映え、昨今流行りのレトロ調なデザインの持つノスタルジックな雰囲気で広い層に支持されています。

室内でも屋外でも使える


参照:アラジン公式

2つ目の魅力は、室内でも屋外でも使えるという点です。
室内で使用する場合には、広いリビングから個室までそれぞれの空間に適したストーブが展開されています。
屋外で使用する場合には、電気の無い場所でも使える灯油やカセットボンベを燃料とする種類のストーブがおすすめです。

また小型で軽量なポータブルタイプのストーブも展開されており、大人数でのオートキャンプからソロキャンプまで幅広く対応できます。

高い機能性


参照:アラジン公式

3つ目の魅力は高い機能性です。
アラジンのストーブには空間全体を温めるストーブからスポット的に温めるストーブまで様々な種類があり、それぞれのストーブが目的に合った温め方で暖を取る事ができます。

また安全装置も充実しており、対震自動消火や転倒時のガス遮断など、安全面でも高い機能性を持つと評判です。

アラジンストーブの種類

アラジンのストーブは大きく分けて以下の3つの種類に分けられます。

ブルーフレームヒーター


参照:アラジン公式

アラジンのストーブの中でも最も歴史のある種類がこちらのブルーフレームです。
燃料に灯油を使用するストーブで、昔ながらのレトロなデザインが評判となっています。

中央に見える青い炎はオシャレな雰囲気を演出し、屋内外を問わず空間のコーディネートに役立ちます。
暖房性能も高く、3つの種類のストーブの中では最も広い空間を温めるのに適したストーブです。

ポータブルガスストーブ


参照:アラジン公式

持ち運びやすさを重視した軽量&コンパクトなアラジンのストーブがポータブルガスストーブです。
本体が小型で軽量である点に加え、燃料も灯油でなくカセットボンベであるため携行性に優れています。

復刻版の反射型ストーブ「シルバクイーン」も、小型で持ち運びやすいポータブルガスストーブの種類です。

グラファイトヒーター


参照:アラジン公式

グラファイトヒーターは、遠赤グラファイトを用いた電気を使う種類のストーブです。
灯油やカセットボンベのように燃料切れとなる心配がなく、長時間の使用に向いています。
一方で灯油のストーブのように空間全体を温める能力はありませんが、ストーブ前の人をすぐに温められるという点も特徴です。

近年では電源付きのキャンプサイトなども多く、室内は勿論屋外でも活躍するストーブです。

おすすめのアラジンストーブ9選

アラジン ブルーフレームヒーター(BF3911)

created by Rinker
Aladdin (アラジン)
¥41,270 (2024/02/25 23:21:35時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:388×405×551mm
カラー:グリーン、ホワイト
使用燃料:灯油
発熱量・暖房出力:2.68kW / h(2500kcal / h)
本体重量:8.5kg
タンク容量:4.1L
連続燃焼時間:15時間

最もスタンダードな種類のアラジンの灯油ストーブが、ブルーフレームヒーター(BF3911)です。
中央の小窓からは完全燃焼のサインであり製品名でもある青い炎を見ることができます。

7畳から10畳程度の部屋を温められる暖房性能を持っているため、キャンプなどの屋外でも十分に温まれるストーブです。
レトロで可愛らしいデザインが評判で、屋内外を問わずおすすめなアラジンの代表的なストーブです。

アラジン ブルーフレームヒーター(BF3912)

created by Rinker
Aladdin (アラジン)
¥52,020 (2024/02/25 23:21:35時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:388×405×551mm
カラー:ブラック
使用燃料:灯油
発熱量・暖房出力:2.68kW / h(2500kcal / h)
本体重量:8.8kg
タンク容量:4.1L
連続燃焼時間:15時間

基本的な性能はブルーフレームヒーター(BF3911)と同程度で、少しデザインに変化が加わったアラジンの灯油ストーブがブルーフレームヒーター(BF3912)です。
BF3911では小窓が備えられていた中央部分がBF3912では円形のガラス面となっており、360度どの角度からでもアラジンの代名詞である青い炎を見る事ができます。

アラジン ブルーフレームクッカー(BF-4001)

created by Rinker
Aladdin (アラジン)
¥49,500 (2024/02/25 23:21:36時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:426×426×477mm
カラー:グリーン、ホワイト
使用燃料:灯油
発燃料・暖房出力:2.4kW/h
本体重量:約8.0kg
タンク容量:4.1L(0.23ℓ/h)
連続燃焼時間:約17.8時間

伝統のブルーフレームヒーターに調理機能を追加した煮炊き暖房用の石油コンロです。暖房器具としてだけでなく鍋ややかんを置いて、調理としても活躍します。
またブルーフレームヒーターよりもコンパクトで持ち運びしやすく、約18時間の連続燃焼が可能なのでアウトドアにピッタリなストーブです。

センゴクアラジン ポータブル ガス ストーブ

created by Rinker
センゴクアラジン(Sengoku Aladdin)
¥22,545 (2024/02/25 23:21:37時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:330×335×386mm
カラー:レッド、イエロー、グリーン(限定色)、ホワイト(限定色)、ブラック(限定色)
使用燃料:カセットボンベ
発熱量・暖房出力:2.0kW(1700kcal / h)〜0.8kW(690kcal / h)
本体重量:5.7kg
連続燃焼時間:弱260分/強100分

広範囲を温める必要のないシーンにおすすめなアラジンのストーブがポータブル ガス ストーブです。
ブルーフレームと比べ一回り小さく重量は3kgほど軽いため持ち運びやすく、キャンプなどのアウトドアシーンに向いています。

灯油でなくカセットボンベを燃料とする点もキャンプにピッタリで、携行性に優れたアラジンのストーブです。

センゴクアラジン ポータブル ガス ストーブ シルバークイーン

サイズ:370×296×335mm
カラー:ブラック
使用燃料:カセットボンベ
発熱量・暖房出力:1.4kW(1204kcal/h)〜0.5kW(430kcal / h)
本体重量:4.2kg
連続燃焼時間:弱420分 / 強150分

アラジンのポータブル ガス ストーブ シルバークイーンもまたキャンプなどのアウトドアにおすすめなストーブです。
反射板を備えた小型のストーブで、全方位でなく特定の方向を温める事に特化しています。

小ぶりなサイズ感や背面の取っ手など持ち運びの便利さも評判で、少人数でのキャンプなどに向いたアラジンのストーブです。

ロゴス×センゴクアラジン ポータブル ガス ストーブ シルバークイーン

サイズ:370×296×335mm
カラー:グリーン
使用燃料:カセットボンベ
発熱量・暖房出力:1.4kW(1204kcal / h)〜0.5kW(430kcal / h)
本体重量:4.2kg
連続燃焼時間:弱420分 / 強150分

こちらはキャンプ用品などで人気のブランドであるロゴスとアラジンのコラボ商品のポータブル ガス ストーブ シルバークイーンです。
サイズ感や燃料などは勿論、デザインもアウトドアブランドコラボらしさがありキャンプ向けとなっています。

本体と収納袋にはロゴスとアラジンのブランドロゴが並んでおり、キャンプ用のストーブをお探しの方には特におすすめのストーブです。

センゴクアラジン 遠⾚グラファイトヒーター(1灯管)

サイズ:300×300×884mm
カラー:グリーン、ホワイト
使用燃料:電気
パワー切替:900W / 700~250W
本体重量:3.5kg

電源付きサイトの多い現在では、アラジンの遠⾚グラファイトヒーター(1灯管)などもキャンプにおすすめできるストーブです。
灯油やカセットボンベでなく電気を使うストーブで、燃料切れや一酸化炭素中毒などのリスクがありません。

スリムでコンパクトな設計も魅力で、キャンプでも室内でも使いやすいおすすめのストーブです。

センゴクアラジン 遠⾚グラファイトヒーター(2灯管)

created by Rinker
Aladdin
¥25,200 (2024/02/25 23:21:39時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:320×350×703mm
カラー:グリーン、ホワイト
使用燃料:電気
パワー切替:1000W / 700~300W
本体重量:6.7kg

電気を使うタイプのストーブで、携行性よりも温かさを求める方にはアラジンの遠⾚グラファイトヒーター(2灯管)がおすすめです。
1灯管の遠⾚グラファイトヒーターと比べると高出力で、より広い範囲をより温める事ができます。

屋内での使用は勿論、幕内でじんわりと暖を取りたいキャンプなどにもおすすめなアラジンのストーブです。

センゴクアラジン 遠⾚グラファイトヒーター(トリカゴ)

created by Rinker
Aladdin
¥25,200 (2024/02/25 23:21:39時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ:190×190×548mm
カラー:グリーン、ホワイト
使用燃料:電気
パワー切替:400W / 200W
本体重量:1.6kg

アラジンの遠⾚グラファイトヒーター(トリカゴ)は、その名の通り鳥籠のようなデザインが特徴のストーブです。
大型のガードがついており、うっかり熱源に触れてしまったり転倒させてしまったりといった際のリスクを低減しています。

小型で軽量であるためサブとしての使用や、小さなお子様のいるキャンプなどにおすすめのストーブです。

まとめ


参照:アラジン公式

レトロなデザインや屋内外での使いやすさが評判なアラジンのストーブ。
空間全体を温められレトロな見た目が人気のブルーフレーム、持ち運びやすいカセットボンベタイプのポータブルガスストーブ、スポットで暖をとれる電気のグラファイトヒーターと、それぞれに異なる魅力があります。
キャンプ用のストーブをお探しであれば、ぜひアラジンのストーブを候補に入れてみてくださいね。

キャンプ用ストーブの関連記事はこちらをチェック!
エコ&キャンプ使用も!ペレットストーブおすすめ12選!【メリット・デメリット】

関連記事